(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Columns

グラス・タイガーを振り返る:80年代後半に活躍したカナダのロック・バンド

Published on

ラジオDJ、ライナー執筆など幅広く活躍されている今泉圭姫子さんの連載「今泉圭姫子のThrow Back to the Future」の第57回。今回は、「入手困難盤復活!! HR/HM 1000キャンペーン世界15カ国編」で3枚のアルバムが再発となるグラス・タイガー(Glass Tiger)について。これまでの連載一覧はこちらから

<関連記事>
「入手困難盤復活!! HR/HM 1000キャンペーン北米編」78タイトルが1000円
ハートの伝記映画が製作中であることが明らかに


 

2022年3月23日、「入手困難盤復活!! HR/HM VOL.5:世界15カ国編」がリリースになります。今回は、全67タイトルの中から嬉しい再発売作品グラス・タイガーの3作品、「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」「Someday」の大ヒット・シングルを生んだデビュー・アルバム『The Thin Red Line(傷だらけの勲章)』、続くセカンド・アルバム『Diamond Sun』、サード・アルバム『Simple Mission』をご紹介します。

グラス・タイガーは、80年代のカナダの音楽シーンを華やかに彩り、世界へと羽ばたいていったブライアン・アダムス、コリー・ハート、ラヴァーボーイといったスターに続くアーティストとして注目を集めました。1983年オンタリオで結成。オリジナル・メンバーは、アラン・フリュー、サム・リード、アル・コネリー、ウェイン・パーカー、マイケル・ハンソンの5人組です。

1986年にメジャー・デビューし、シングル「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」が、いきなりカナダでナンバー・ワンに輝き、アメリカでも全米シングルチャートで最高位2位を記録。また、ブライアン・アダムスと数多くのヒット曲を共作し、プロデュースしてきたジム・ヴァランスが、ブライアン以外のアーティストと初めて取り組んだ作品としても話題になりました。ジムが偶然耳にした彼らのデモテープを気に入り、自らプロデュースを勝手出たという話です。アランは、ジムが住んでいたヴァンクーバーにトロントから何度も通い、ヒット曲作りのノウハウを学びました。また、「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」には、ブライアンがバックコーラスとして参加しているのもジム・ヴァランスとブライアンとの関係から生まれたコラボレーションでした。

Glass Tiger – Don't Forget Me (When I'm Gone)

グラス・タイガーは、「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」のヒットにより、1987年度のグラミー賞新人賞にもノミネートされました。カナダのグラミーと言われている1986年度ジュノ賞では、Album of the Year、Most Promising Group of the Year、「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」でBest Selling Singleを受賞。翌1987年度のジュノ賞では「Someday」がSingle of the Yearに輝いています。デビュー・アルバム『The Thin Red Line』は、キャッチーなポップ・ソングもあれば、ヴォーカルのアランの故郷スコットランドをイメージした曲まで幅広いサウンドが楽しめます。

Someday

1987年、ジャーニーと全米ツアー中だったグラス・タイガーに、シカゴでインタビューしました。初のシカゴ、それも1人旅。夕方空港に着き、すっかり暗くなっていた街をホテルからアリーナに向かう道中が不安であったことを覚えています。当時のレコード会社の担当の方は、「グラス・タイガーのライヴがあるから観てきてね、1人で大丈夫でしょ」と厳しい一言。そのせいか、覚えているのは不安だったことだけ、というのは情けない話です。ジャーニーを観た記憶が全くありません(笑)。

アランは、「僕はスコティッシュ・カナディアンなんだけど、スコットランドから生まれた音楽は、今世界の音楽シーンに大きな影響を与えていると思う。どことなくトラディショナルな音が入っているのは、僕のルーツから来ている。でもそれだけにこだわっているわけではない。メンバー5人がそれぞれ違うパーソナリティと音楽に対する考え方があるからね」と(インタビューした記憶が朧げなので、書かせていただいたライナーを読み返しながら必死に思い起こしています【笑】)。

アランと共にバンドのサウンド・クリエイターであるキーボードのサムは、クラシックを勉強し、トロントの音楽院では東洋音楽を学んでいたという経験の持ち主です。ウェインは、大学でマーケティングを勉強し、マイケルは、コンピュータープログラミングの資格を持っているというユニークなキャリアを持つメンバーです。

1988年リリースのセカンド・アルバム『Diamond Sun』もジム・ヴァランスがプロデュースし、4曲メンバーと共作しています。アルバムはカナダで最高位6位となり、シングル「I‘m Still Searching」2位、「Diamond Sun」が5位になりましたが、アメリカではデビュー時ほどの成績は収められませんでした。

Glass Tiger – I'm Still Searching

1991年リリースのサード・アルバムの『Simple Mission』は、カナダのチャートで最高位11位、そしてシングルカット4曲がカナダでトップ10入りを果たし、カナダでは安定した人気を保ちました。その後1993年にベスト・アルバムをリリースして、バンドとしては一旦アルバム・リリースから遠ざかることになります。

彼らの4枚目のアルバム『31』は、結成31周年となる2018年にリリースされます。「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」があまりにも大きなヒットとなってしまい、一発屋と思われがちですが、80年代の彼らは、カナダでしっかり自分達の世界を築き上げ、ライヴ活動も地道に行ってきました。

そんなグラス・タイガーに再会したのは、コリー・ハートが大復活を遂げ、カナダ・アリーナ・ツアーを行った2019年。ツアーのオープニング・アクトとして登場し、私は運よくケベック公演で、「Don’t Forget Me (When I’m Gone)」を33年振りに聴くことができました。そして改めてヒット曲の素晴らしさを感じました。会場中が年月を超えて、この曲で大合唱となったのです。アランの伸びやかな歌声はまったく変わっていませんでした。

今回復刻盤として、グラス・タイガーの作品がリリースされることは、カナダのロック・シーンを愛する音楽ファンにとって、嬉しいニュースとなったはずです。

Glass Tiger – Don't Forget Me (When I'm Gone) • TopPop

Written By 今泉圭姫子


グラス・タイガー
『The Thin Red Line(傷だらけの勲章)』『Diamond Sun』『Simple Mission』

国内盤CD1000円盤iTunes Store / Apple Music / Spotify / YouTube Music


今泉圭姫子のThrow Back to the Future』 バックナンバー


今泉圭姫子(いまいずみ・けいこ)

ラジオDJ、音楽評論家、音楽プロデューサー
1978年4月、湯川れい子氏のラジオ番組「全米Top40」のアシスタントDJのオーディションに合格し、この世界に入る。翌年大貫憲章氏とのコンビでラジオ番組「全英Top20」をスタート。以来現在までにラジオDJ以外他にも、テレビやイベント、ライナー執筆など幅広く活動。また、氷室京介のソロ・デビューに際し、チャーリー・セクストンのコーディネーションを行い、「Angel」のLAレコーディングに参加。1988年7月、ジャーナリスト・ビザを取得し、1年間渡英。BBCのDJマーク・グッドイヤーと組み、ロンドン制作による番組DJを担当。
1997年、ラジオ番組制作、企画プロデュースなど活動の場を広げるため、株式会社リフレックスを設立。デュラン・デュランのジョン・テイラーのソロとしてのアジア地域のマネージメントを担当し2枚のアルバムをリリース。日本、台湾ツアーも行う。
現在は、Fm yokohama「Radio HITS Radio」に出演中。

HP:http://keikoimaizumi.com
Twitter:https://twitter.com/radiodjsnoopy
Radio:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss