Join us

News

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』関連記事まとめ

Published on

2024年2月に公開され全米2週1位を含む全世界14カ国で1位を記録し、日本では5月17日に公開されるとアジアでNo1を興行収入を記録した映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』。このヒットを記念して、uDiscoverにてお届けしていた記事のまとめページを公開。これを読むと、これから見る方も、既に見た方もより映画を楽しんでいただけることは保証します。


<映画を見る前に知りたいボブ・マーリー>

☆映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』事前にこれだけは押さえておきたい4つの知識
時間がない場合、とりあえずはこの記事さえ読めば大丈夫

改めてボブ・マーリー、そしてレゲエとは
ボブ・マーリーとレゲエの基礎講座

ボブ・マーリーの音楽のどこが時代を超えて人々の胸を打つのか
音楽の基礎講座

ボブ・マーリーの歌詞にこめられた普遍的な名言9選
歌に込められたメッセージとは

ボブ・マーリーのベスト・ソング20曲
彼の曲を知りたいならこちら

ボブ・マーリー:ジャマイカ最大のスターの人生とその功績
ボブ・マーリーという人物をめぐる記事

 

<もっとボブ・マーリーを知る>

ボブ・マーリーを巡る音楽関係者:ウェイラーズやアイ・スリー、プロデューサーたち
映画にも登場する多くの人物を一気に紹介

ボブ・マーリーの11人の子供と100人近い孫
多くの子供のなかで音楽家として有名な人達を紹介

日本の音楽関係者が語るボブとレゲエ
座談会その1

公開記念座談会:映画の第一印象と印象的なシーン
座談会その2

監督が語るプレッシャーと制作の裏側
独占インタビュー

主演が語る、そっくり演技の心理的アプローチ
独占インタビュー

アイ・スリーズとは一体何者なのか
妻リタ・マーリーが所属していたコーラス・グループの歴史

ボブ・マーリーとラスタファリアニズム
日本人にはわかりづらい宗教観を紹介

U2のボノによるボブ・マーリー“ロックの殿堂入り”紹介スピーチ
アイルランド人のボノに伝わったものとは

HAN-KUNが語るボブ・マーリーとジャマイカ
日本を代表するレゲエミュージシャンの独占インタビュー

 

<名曲や名盤を探る>

「Get Up, Stand Up」解説:来世の幸せを否定し、立ちあがることを求めた楽曲
映画最初の1曲目

「No Woman, No Cry」:永遠のアンセムの誕生と作曲者ヴィンセント・フォードとは
クレジットされた人物の秘密

「Redemption Song」解説:遺言状であり、精神的奴隷から己を解放させる賛歌
海外では一番人気があると言われている楽曲

「Three Little Birds / 3羽の小鳥」解説:徐々に評価を高めていった名曲
タイトルになっている3話の小鳥とは

 

『Catch A Fire/キャッチ・ア・ファイア』解説
記念すべき世界デビュー作

『Burnin’/バーニン』解説:革命的な炎と情熱に溢れた作品
世界デビュー2作目

『Natty Dread』解説 “史上最高のレゲエ・アルバム”と称される名盤
1974年のアルバム

『Rastaman Vibration/ラスタマン・ヴァイブレーション』
1976年のアルバム

『Exodus』解説:“20世紀のベスト・アルバム”と評された名作
映画の劇中にも登場する名盤

『Kaya』解説:皮膚がん、政治問題、逮捕を乗り越えた名作
1978年の名盤

ボブ・マーリー『Live!』
ライブ作品として全音楽界の中でも名盤とされる1枚

『Legend』:17年以上も英チャートにランクインしたベスト盤
今もなお売れ続ける奇跡的なアルバム

 

ボブ・マーリー以外のレゲエを知る

史上最高のレゲエ・シンガー20人
ボブ以外のレゲエを知りたい方に向けて

史上最高のレゲエ・プロデューサー10人
プロデューサーがいてこそのレゲエ

レゲエのプロテスト・ソング傑作11曲
立ち上がり、拳を突き上げる楽曲たちを知る

レゲエが世界中のジャンルに与えてきた歴史と見過ごされがちな影響
大特集記事 読み応え◎:世界中に影響を与えたレゲエ

ラスタファリと植民地から生まれたもの
大特集記事 読み応え◎:ジャマイカの歴史を探る

英国レゲエ発展記:キングストンからロンドンへ
大特集記事 読み応え◎:なぜUKでレゲエが成長したのか


ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
『One Love: Original Motion Picture Soundtrack』
2024年2月9日配信
日本のみフィジカル(CD、LP)発売
CD&LP / iTunes Store / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music


映画情報

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』

2024年5月17日日本劇場公開決定
公式サイト / X

■監督:レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
■出演:キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)、ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』)
■脚本:テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、フランク・E ・フラワーズ、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)、レイナルド・マーカス・グリーン
■全米公開:2024年2月14日
■日本公開:2024年
■原題:Bob Marley: One Love
■配給:東和ピクチャーズ
■コピーライト:© 2024 PARAMOUNT PICTURE

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Don't Miss