映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』で描かれる3兄弟とアンディ、そして『小さな恋のメロディ』

Published on

Photo: Chris Walter/WireImage

ラジオDJ、ライナー執筆など幅広く活躍されている今泉圭姫子さんの連載「今泉圭姫子のThrow Back to the Future」の第66回。

今回は2022年11月25日にグループ初の公式ドキュメンタリー映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』が日本で劇場公開され、これにあわせてスタジオ・アルバム全20タイトルが一挙再発となったビー・ジーズ(The Bee Gees)について。

<関連記事>
ビー・ジーズ、初の長編ドキュメンタリー映画2022年11月日本劇場公開決定
ビー・ジーズ、20枚のオリジナル・アルバムの日本盤が11月に再発決定
“現実はアートを模倣する”『サタデー・ナイト・フィーバー』の意外な真相


 

ビー・ジーズとの出会いは『小さな恋のメロディ』

ついに、ビー・ジーズのドキュメンタリー映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』が公開されました。昨今、音楽ドキュメンタリー映画、ライヴなどが次々と公開になっていますが、この作品では彼らのリアルな喜び、悲しみが描かれていることはもちろん、これまで知ることのなかった事実と向き合うことになり、驚きの連続でした。トップ・グループとして華やかなキャリアを重ねてきたグループであると疑わなかったビー・ジーズが、これほどまでにローラーコースターのような人生だったとは、ドキュメンタリーを見るまでは、想像すらできませんでした。

私が初めてビー・ジーズのサウンドに触れたのは、1971年に公開になった映画『小さな恋のメロディ』でした。初めて映画館に足を運び、マーク・レスター、ジャック・ワイルド、トレイシー・ハイドといった3人の少年、少女の淡い初恋と友情を描いた作品を大きなスクリーンで見て、それ以来夢中になりました。ストーリーから溢れ出る憧れのロンドンの街、食べ物、生活習慣、制服、どれをとっても新鮮で、いつか英国に行くんだ、という夢を抱かせてくれたものです。その『小さな恋のメロディ』全編に流れる音楽が、ビー・ジーズの歌声だったのです。

映画のオープニングは「In the Morning」。この曲が流れると、マーク・レスターとジャック・ワイルドの鼓笛隊のシーンがすぐに浮かびます。「First of May(若葉の頃)」は、2人の可愛いデートを、「Melody Fair」は、ランベス・ロードでメロディが金魚と戯れて、とすぐにそのシーンが目に浮かぶほど、映画と音楽が素晴らしくマッチしていました。

ちなみに、トロッコに乗ったラスト・シーンは、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「Teach Your Children」でした。洋楽を聴いていなかった時代に、ザ・ビートルズよりも、クイーンよりも先に出会った音楽がビー・ジーズだったのです。当時、ショーン・バリー、アニセー・アルビナの映画『フレンズ』もほぼ同時公開されましたが、その音楽がエルトン・ジョン。私にとってこの3組のアーティストが、初洋楽だったと言えます。

 

大ヒットとバッシング

1967年、「New York Mining Disaster 1941(ニューヨーク炭鉱の悲劇)」で脚光を浴び、1969年のアルバム『Odessa』に収録された「Melody Fair」「First of May(若葉の頃)」が映画で注目を集め、ビー・ジーズの存在は、世界の音楽シーンのトップに上り詰めましたが、兄弟間の問題などがあり、グループとしての結束を固めることができず、ロビンは脱退を経験。

その後再び3人で活動を始め、『Saturday Night Fever』で第二期黄金期を迎えます。ここで明らかにされた事実がかなりショッキングでした。ディスコ・サウンドを手がけ、大ヒットを飛ばし、ディスコ・ブームの立役者となったにも関わらず、ソウル・ミュージックとは異なる立ち位置を築いたディスコへと向かった彼らはバッシングを受けました。そんな海外での反応を知る術もなかった時代でした。

 

アンディという存在

精神的にどん底を経験したビー・ジーズですが、弟アンディ・ギブのデビュー、そして彼がポップ・スターになったことで、ギブ・ファミリーの音楽的地位は固められていきました。

その頃、アメリカの音楽番組の司会をマリリン・マックーと務めていたアンディに会ったことがあります(正確には見た)。彼がキラキラと輝いていた時代でした。私は、その日の出演者のアダム&ジ・アンツに取材するために、LAのスタジオ収録に参加。楽屋でリック・ジェームスを見つけ、突撃インタビューをしたという大胆不敵な行動をとるのですが、アンディには廊下でちょいと接触ぐらいでした。(余談)

ドキュメンタリー『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』は、アンディの苦悩も赤裸々に描かれています。兄たちが心配していた彼を取り巻く人々。そして兄弟グループとしてのバランスの取り方、難しさなども描かれています。そこに登場するノエル・ギャラガーのコメントにはクスクスと笑ってしまいました。

さらに、ジョナス・ブラザーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、クリス・マーティンなどのコメントは、憧れのアーティストへのメッセージだけではなく、同じアーティストとして音楽業界で生き残る難しさをコメントし、よりリアルなドキュメンタリーに仕上げられています。弟たち3人を亡くし、1人になったバリー・ギブは、現在もビー・ジーズの作品を歌い続けています。彼が最後に伝えた言葉があまりにも切なくて、涙・涙のラストです。

先日、『小さな恋のメロディ』日本公開50周年を記念したイベントで来日したマーク・レスターとトレイシー・ハイドにインタビューしました。「劇中に流れるビー・ジーズの音楽は、演じている私たちよりも、そのシーンの主役になっていた」と話していました。

それほどインパクトを残した音楽、歌声でした。60年代、70年代、80年代、90年代、ビー・ジーズは時代の中で、何度も大きな波を乗り越えて、シーンを彩ってきたグループ。このドキュメンタリー『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』で改めて感じることができました。

マーク・レスター、トレイシー・ハイドのインタビューは、FMヨコハマのPodcastで聞くことができます。

Written By 今泉圭姫子



ビー・ジーズ オリジナル・アルバム20タイトル
2022年11月23日再発
CD予約

アルバム・タイトル

①『Bee Gees’ 1st』(1967)
②『Horizontal』(1968)
③『Idea』(1968)
④『Odessa』(1969)
⑤『Cucumber Castle』(1970)
⑥『2 Years On』(1971)
⑦『Trafalgar』(1971)
⑧『To Whom It May Concern』(1972)
⑨『Life In A Tin Can』(1973)
⑩『Mr. Natural』(1974)
⑪『Main Course』(1975)
⑫『Children Of The World』(1976)
⑬『Spirits Having Flown』(1979)
⑭『Living Eyes』(1981)
⑮『E.S.P.』(1987)
⑯『One』(1989)
⑰『High Civilization』(1991)
⑱『Size Isn’t Everything』(1993)
⑲『Still Waters』(1997)
⑳『This Is Where I Came In』(2001)


ビー・ジーズ初の公式ドキュメンタリー
『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』

2022年11月25日より
ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて公開

公式サイト





今泉圭姫子のThrow Back to the Future』 バックナンバー


今泉圭姫子(いまいずみ・けいこ)

ラジオDJ、音楽評論家、音楽プロデューサー
1978年4月、湯川れい子氏のラジオ番組「全米Top40」のアシスタントDJのオーディションに合格し、この世界に入る。翌年大貫憲章氏とのコンビでラジオ番組「全英Top20」をスタート。以来現在までにラジオDJ以外他にも、テレビやイベント、ライナー執筆など幅広く活動。また、氷室京介のソロ・デビューに際し、チャーリー・セクストンのコーディネーションを行い、「Angel」のLAレコーディングに参加。1988年7月、ジャーナリスト・ビザを取得し、1年間渡英。BBCのDJマーク・グッドイヤーと組み、ロンドン制作による番組DJを担当。
1997年、ラジオ番組制作、企画プロデュースなど活動の場を広げるため、株式会社リフレックスを設立。デュラン・デュランのジョン・テイラーのソロとしてのアジア地域のマネージメントを担当し2枚のアルバムをリリース。日本、台湾ツアーも行う。
現在は、Fm yokohama「Radio HITS Radio」に出演中。

HP:http://keikoimaizumi.com
Twitter:https://twitter.com/radiodjsnoopy
Radio:Fm yokohama「Radio HITS Radio」

Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version