ABBAの40年ぶりのアルバムと、“第2のビートルズ”と言われていた40年前

Published on

Torbjörn Calvero © Premium Rockshot

ラジオDJ、ライナー執筆など幅広く活躍されている今泉圭姫子さんの連載「今泉圭姫子のThrow Back to the Future」の第54回。今回は、2021年11月5日に40年ぶりのアルバム『Voyage』が発売されたABBAについて。これまでの連載一覧はこちらから

<関連記事>
ABBA、40年ぶりのアルバム『Voyage』欧米メディアでのレビューを紹介
ABBAのフリーダ、再結成やヴァーチャル・コンサートについて語る

40年ぶりのアルバム

ABBAの40年振りの新作『Voyage』が、予想通り世界中で話題となっています。UKでは、10作目のアルバム・チャート1位に輝きましたね。来年5月27日から開催されるLondonのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに設置されるABBAアリーナ(3,000人収容)での公演チケットは、2022年12月まで発売されています。アヴァターによるコンサートは、70年代、80年代を駆け抜けたABBAのヒット曲で溢れ、当時を懐かしむ人たちや、ミュージカル『マンマ・ミーア』でABBAのサウンドに魅せられた若いファンに至るまで、幅広い層のファンで、連日埋め尽くされることでしょう。

新作『Voyage』は、40年の月日を感じさせないABBAの世界観が繰り広げられています。不安など1ミリも感じない、安心して聴くことができる完璧なポップ・ワールドが展開されています。それにしてもアグネッタとフリーダの歌声が、まったく40年の空白を感じさせません。レコーディング・スタジオで2人が歌い始めた瞬間、まるで天国にいるような感覚になった、とビョルンとベニーは話していましたが、まさにABBAがABBAであることに心地よさを感じました。シンプルなメロディに2人の歌声が乗ると、そこはABBAワールド。郷愁を感じるサウンドにも癒されます。

ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト

ABBAは、1972年スウェーデン・ストックホルムで結成されました。2年後の1974年、ヨーロッパで権威ある音楽賞ユーロビジョン・ソング・コンテストに、スウェーデン代表としてエントリーし、「Waterloo(恋のウォータールー)」で優勝。一気にその人気に火がつきました。

ユーロビジョン・ソングコンテストは、1956年から開催されている由緒ある音楽コンテストで、このコンテストで優勝したアーティストには、成功の扉が用意されると言われていました。ABBAの前には、1969年にイギリスのルルが優勝し、トップ・シンガーになっています。

ABBA以降は、アイルランドのジョニー・ローガンが優勝し「What’s Another Year?」がUK1位に、1981年にはABBAを彷彿とさせるイギリスの男女4人組Bucks Fizzが優勝し、その後UK、ヨーロッパで大成功を収めました。1988年にはスイス代表としてセリーヌ・ディオンが出場し、優勝しています。その後のセリーヌの活躍は言うまでもありませんね。ABBAは、ユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝者の中で、大成功したグループの1組。ABBAの成功があって、その後のコンテスト優勝者は世界への道が開かれたのですから。

余談です。伝統あるユーロビジョン・ソング・コンテストですが、2000年代に入ると、その権威に陰りが見え始め、昨年は、アメリカ制作映画『ユーロビジョン歌合戦〜ファイア・サーガ物語』がNetflixで公開され、コメディ化されてしまうほどでした。でもとても面白かったです。アーティストを目指す男の子は、ユーロビジョン・ソング・コンテストに出場するのが夢で、大人になってもその夢を捨てきれずに、なんとか母国代表になるために奮闘するという映画です。そういった話題や、2年前にBlueの再結成をユーロビジョン・ソング・コンテストを通してアピールしようという作戦など様々な話題が重なり、今年のユーロビジョンはかなり話題となりました。イタリアの若手ロック・バンド、マネスキンが優勝したことで、再び強烈な個性を持つ新人を世界へ送り出そうという動きが活発となり、ユーロビジョン・ソングコンテスト優勝という冠に輝きが与えられたのです。

第2のビートルズ

ABBAは、たった8年間の活動でこれまでに4億枚以上を売ったと言われています。こうなるとその数字の凄さがわからなくなるぐらいの桁です。当時は、第2のザ・ビートルズと言われていたのをよく覚えています。まだこの業界に入って1年にもならなかった私は、なぜ第2のザ・ビートルズなのか、と不思議に思ったものです。ザ・ビートルズはバンド、ABBAはヴォーカル・グループなのに…と。業界のプロモーションに慣れていない初々しい時代です。

でも、世界中で成功し、大人から子供までのファン層を持ち、アーティスト・グッズが売れまくり、アグネタのお尻に保険がかけられた(これ今では問題発言かしら?)というほどの異常なまでの熱狂的な人気から、ヨーロッパから生まれた世界のトップスターということで、第2のザ・ビートルズと言われていたのだと今は理解します。もちろんシングル、アルバムの驚異的な売り上げからもそういう比較がされたのだと思います。

日本ツアーはたった一度だけ、1980年3月に行われました。全11公演のうち日本武道館公演は6回開催されています。私は、まだ中学生だった妹の洋楽デビューとなったABBAを、日本武道館の1階の壁に設置された一段上がった席で観ました。やっとの思いで取れたチケット。あの席の前を通るとき、いつもABBAを思い出します。あまりよく見えなかった(笑)。セットリストをアップしている方のサイトを覗くと、これでもか、というぐらいのヒット曲オンパレード。改めてその空間にいたことが良き思い出となっています。

ABBAはこのプロジェクトが最後になるという話も出ています。ABBAアリーナでの公演がいつまで続くかはわかりませんが、ABBA公演を見にロンドンに行こう!と思える状況が、私たちにもやって来ることを祈るだけです。世界中を襲ったパンデミックの中で、ABBAは復活しました。私たちに、天使の歌声と心から楽しめる音楽を届けに!Thank you for ABBA music!

Written By 今泉圭姫子


ABBA『Voyage』
2021年11月5日発売
CD / iTunes Store / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music

日本盤CDは下記4形態(SHM-CD仕様)
①『Voyage』スタンダード・エディション
②『Voyage』with 『ABBA Gold』(ベスト盤CD)
③『Voyage』with 『ABBA in Japan』(映像商品2DVD)
④『Voyage』with 『Essential Collection』(MV36曲収録DVD)

 


今泉圭姫子のThrow Back to the Future』 バックナンバー


今泉圭姫子(いまいずみ・けいこ)

ラジオDJ、音楽評論家、音楽プロデューサー
1978年4月、湯川れい子氏のラジオ番組「全米Top40」のアシスタントDJのオーディションに合格し、この世界に入る。翌年大貫憲章氏とのコンビでラジオ番組「全英Top20」をスタート。以来現在までにラジオDJ以外他にも、テレビやイベント、ライナー執筆など幅広く活動。また、氷室京介のソロ・デビューに際し、チャーリー・セクストンのコーディネーションを行い、「Angel」のLAレコーディングに参加。1988年7月、ジャーナリスト・ビザを取得し、1年間渡英。BBCのDJマーク・グッドイヤーと組み、ロンドン制作による番組DJを担当。
1997年、ラジオ番組制作、企画プロデュースなど活動の場を広げるため、株式会社リフレックスを設立。デュラン・デュランのジョン・テイラーのソロとしてのアジア地域のマネージメントを担当し2枚のアルバムをリリース。日本、台湾ツアーも行う。
現在は、Fm yokohama「Radio HITS Radio」に出演中。

HP:http://keikoimaizumi.com
Twitter:https://twitter.com/radiodjsnoopy
Radio:Fm yokohama「Radio HITS Radio」



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version