「ハイスクール・ミュージカル」シリーズとは:大ブレークしたオリジナルと15年後の新作

Published on

ラジオDJ、ライナー執筆など幅広く活躍されている今泉圭姫子さんの連載「今泉圭姫子のThrow Back to the Future」の第50回。今回は2000年代後半に大ヒットし、2019年から始まった新シリーズも好調な「ハイスクール・ミュージカル」シリーズについて。これまでの連載一覧はこちらから

<関連記事>
オリヴィア・ロドリゴのデビューアルバム『SOUR』全曲解説:その普遍的歌詞世界
オリヴィア・ロドリゴがいきなり記録的ヒットになった理由


 

2006年、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ハイスクール・ミュージカル』が世界中で大ヒットしましたこの映画はアメリカの高校が舞台。演劇部主催のミュージカル・オーディションをめぐって、さまざまなドラマが展開され、主役のトロイとガブリエラの恋の行方も絡んでの青春音楽映画です。主役は美男美女のザック・エフロンとヴァネッサ・ハジェンズ。そしてアシュレイ・ティスデイル、コービン・ブルーといった仲間たちもとても魅力的で、アメリカのハイスクールライフを垣間見れるこの映画は、その昔『パティ・デューク・ショー』や『ルーシー・ショー』(古い?)といったソープオペラを見て、アメリカの家庭の冷蔵庫の大きさや、靴のまま家に入っちゃっていいんだ、などの新鮮な驚きを覚えた日々と同じぐらい、まだまだアメリカン・ライフ・スタイルに憧れを抱き喜びを見つけられる自分発見がありました。高校のカフェテリアって素敵よね、などなど。その後も『キャンプ・ロック』や『ハンナ・モンタナ』で、もっと深くハマリました。

『ハイスクール・ミュージカル』は、ティーンエイジャーだけでなく、子供から、大人にまで愛されました。その理由は、ストーリーだけでなく、音楽の素晴らしさにあります。ミュージカルですから、音楽は不可欠ですが、若者の思春期の心の葛藤、恋、野心、夢などが表現され、トロイとガブリエラが歌う「Start of Something New(始まりの予感)」やキャストで歌う「Breaking Free(自由をつかめ)」は、映画のハイライト・シーンで流れ、今でも胸キュンなポップソングです。世界的なグループでアイルランド出身のクランベリーズのヴォーカル、ドロレス・オリオーダン(2018年に亡くなってしまいましたが)にインタビューした時に、「娘が朝から晩まで『ハイスクール・ミュージカル』を見続けていて、私もハマってしまった」と語っていたことをふと思い出しました。

このシリーズは、『ハイスクール・ミュージカル』『ハイスクール・ミュージカル2』とディズニーチャンネルで放映され、シリーズ3作目として、2008年に「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」が公開になっています。そのタイミングで、ザックとヴァネッサがプロモーションで来日しました。私はヴァネッサにインタビューをさせていただいたのですが、ガブリエラそのもののヴァネッサにドキドキしたものです。

筆者とヴァネッサ・ハジェンス

そして、トロイとガブリエラの『ハイスクール・ミュージカル』から15年という設定で、2019年、『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』のシーズン1が、ディズニープラスで全10話のドラマとして始まりました。主役はオリヴィア・ロドリゴ演じるニニとジョシュア・バセット演じるリッキー。そうです、今や世界の歌姫となったオリヴィア・ロドリゴが主演しています。

舞台は同じイースト校演劇部。15年前の『ハイスクール・ミュージカル』のリバイバル公演を目標に、青春ストーリーが展開されます。マニアに嬉しいのは「Breaking Free(自由をつかめ)」「Start of Something New(始まりの予感)」」など、15年前の楽曲が、新キャストによってドラマ版ならではのアレンジで歌われていること。そしてオリヴィアとジョシュアがともに書いた新曲「Just For A Moment」などが収録されています。さらにこの新シリーズは、2021年5月にシーズン2がスタートし、毎週1話ずつディズニープラスで配信されています。

実はあれだけのマニア振りで夢中になった『ハイスクール・ミュージカル』なのに、この新シリーズは見逃していて、オリヴィア・ロドリゴが、大ブレイクしたことをきっかけに見たという後手後手。しかし、根っからの『ハイスクール・ミュージカル』好きの私にはズドーンとハマりました。シーズン2でニニが歌う「The Rose Song」。配信した時は、さりげなく耳にしていた曲でしたが、ドラマを見て、ニニがどんな思いを背負って書いた曲であったかを知り、聴くたびに曲への想いが膨らんでいきました。「素直に自分の思いを歌にし、相手の考えから解放されたい」という歌詞にリッキーは傷つき、2人の関係が微妙になる、そんなキーソングです。

現在各エピソード回の曲が毎週配信されています。セブがカルロスの誕生日に歌うピアノの弾き語り「The Climb」(オリジナルはマイリー・サイラスが歌った『ハンナ・モンタナ ザ・ムービー』の曲)も感動ものです。またサウンド面では「The Mob Song(夜襲の歌)」(ディズニー・アニメーション『美女と野獣』より)のような、デジタルサウンドを取り入れた曲もあり、今の時代を反映している楽曲もあります。

新シリーズの『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』で、まずますオリヴィアの魅力にハマりそうです。

Written By 今泉圭姫子



『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル(オリジナル・サウンドトラック)』
2020年1月10日発売
国内盤CD2021年6月02日発売
国内盤CD / iTunes / Apple Music / Spotify


今泉圭姫子のThrow Back to the Future』 バックナンバー


今泉圭姫子(いまいずみ・けいこ)

ラジオDJ、音楽評論家、音楽プロデューサー
1978年4月、湯川れい子氏のラジオ番組「全米Top40」のアシスタントDJのオーディションに合格し、この世界に入る。翌年大貫憲章氏とのコンビでラジオ番組「全英Top20」をスタート。以来現在までにラジオDJ以外他にも、テレビやイベント、ライナー執筆など幅広く活動。また、氷室京介のソロ・デビューに際し、チャーリー・セクストンのコーディネーションを行い、「Angel」のLAレコーディングに参加。1988年7月、ジャーナリスト・ビザを取得し、1年間渡英。BBCのDJマーク・グッドイヤーと組み、ロンドン制作による番組DJを担当。
1997年、ラジオ番組制作、企画プロデュースなど活動の場を広げるため、株式会社リフレックスを設立。デュラン・デュランのジョン・テイラーのソロとしてのアジア地域のマネージメントを担当し2枚のアルバムをリリース。日本、台湾ツアーも行う。
現在は、Fm yokohama「Radio HITS Radio」に出演中。

HP:http://keikoimaizumi.com
Twitter:https://twitter.com/radiodjsnoopy
Radio:Fm yokohama「Radio HITS Radio」

Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version