(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クイーンの楽曲ベスト20ランキング:世界を魔法にかけた名曲たち(全曲視聴動画付き)

Published on

王道のロック・ナンバーから、不朽の名バラード、常識を覆した実験的かつ革新的なアンセムの数々まで、クイーンの代表曲の数々はロックの定義を変えた。


伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、人々を魅了するクイーンの音楽に脚光を当てた。1971年に結成されたクイーンは、史上最も成功したグループのひとつになった。並外れたリード・シンガーのフレディ・マーキュリーは20世紀のパフォーマーとしても指折りのカリスマ性を持ち、彼らの”ライヴ・エイド”での名演は今でも語り継がれている。

クイーンはマーキュリー以外に、ブライアン・メイ(ギター/ヴォーカル)、ジョン・ディーコン(ベース)、ロジャー・テイラー(ドラム/ヴォーカル)というメンバーから成る。

本記事ではクイーンの楽曲トップ20のランキングを作成した。ここに入っていないお気に入り曲ももちろんあるだろう。コメント欄でぜひ教えてほしい。

20位「Father To Son (父より子へ)」(1974年)

QUEEN II』には「Seven Seas of Rhye (輝ける7つの海)」や「Ogre Battle」等々の佳曲も収録されているが、「Father To Son (父より子へ)」はこのセカンド・アルバムの中でも傑出している。ブライアン・メイ作の同曲では彼の代名詞といえる激しいギターが印象的だが、フレディ・マーキュリーも巧みなピアノを聴かせる。このパワー・バラードの歌詞は父が子にもつ責任を歌った刺激的なもので、父の日にぴったりの楽曲である。

Queen – Father To Son (Official Lyric Video)

 

19位「Innuendo」(1991年)

「Innuendo」は同名のアルバム(1991年に亡くなったフレディの生前にリリースされた最後の作品)からのリード・シングルである。全英1位に輝いたこの曲は、スイスのスタジオでのジャム・セッションから生まれている。ブライアン・メイとドラムのロジャー・テイラー、ベースのジョン・ディーコンがあるビートに合わせて演奏していたところから楽曲の骨子が出来たのだ。マーキュリーとテイラーがそこに歌詞をつけ、大胆なオーケストラ・アレンジを施した。

さらに、フラメンコ・ギターのソロにはイエスのギタリスト、スティーヴ・ハウが参加している。「Innuendo」は後期の野心的な楽曲のひとつで、マーキュリーのヴォーカルがすばらしい。同アルバムは偶然にも、体を蝕む病に立ち向かうマーキュリーの勇気を示した「The Show Must Go On」で幕を閉じる。彼はまた、勇敢にも「These Are The Days Of Our Lives (輝ける日々)」のビデオにも出演してみせている。

Queen – Innuendo (Official Video)

 

18位「Fat Bottomed Girls」(1978年)

クイーンは1978年作『JAZZ』のいくつかの楽曲で新境地を開拓した。ブルージーなロック・ナンバー「Fat Bottomed Girls」はマーキュリーの楽しげな歌が印象的で、ライヴの人気曲になった。同曲は「Bicycle Race」と一緒にシングル・カットされているが、ウィンブルドン・グレイハウンド・スタジアムを裸のモデルたちが自転車で走る後者のビデオは波紋を呼んだ。その「Bicycle Race」は、マーキュリーがツール・ド・フランスを観戦した後に書いたといわれている。

Queen – Fat Bottomed Girls (Official Video)

 

17位「I Want To Break Free (ブレイク・フリー (自由への旅立ち))」(1984年)

ジョン・ディーコン作のキャッチーな同ポップ・ソングは、そのMVを巡って論議を巻き起こした。メンバー全員が女性の服を着るコンセプトは、イギリスの長寿ドラマ『コロネーション・ストリート』のパロディで、ロジャ-・テイラーが提案したものだ。ブライアン・メイ曰くアメリカでは思わぬ反発を受けたといい、MTVでも放映が禁止された。

Queen – I Want To Break Free (Official Video)

 

16位「A Kind Of Magic」(1986年)

「A Kind Of Magic」は同名アルバムの先行シングルとして発表され、ロジャー・テイラーの作曲の好調さを印象付けた。彼はその1年前に「Radio Ga Ga」を書き、アルバム『A Kind Of Magic』には「Don’t Lose Your Head」も提供している。キャッチーなこのヒット曲はもともと映画『ハイランダー』の主題歌(劇中でクリストファー・ランバート演じる登場人物が”It’s a kind of magic”というフレーズを口にする場面もある)として書かれ、覚えやすい歌詞をヒントにマーキュリーがポップな良アレンジを施した。ミュージック・ビデオは『ハイランダー』の監督であるラッセル・マルケイが手がけた。

Queen – A Kind of Magic (Official Video)

 

15位「Tie Your Mother Down」(1977年)

ブライアン・メイがクイーンに提供した佳曲は数知れない。ジョン・ディーコンはお気に入りの曲としてファンキーな「Dragon Attack」を挙げている。そんなメイ作の楽曲の中で最も有名なもののひとつが「Tie Your Mother Down」だ。5作目のアルバム『A Day At The Races (華麗なるレース)』のレコーディング時、クイーンは世界的なロック・バンドになろうとしていた。そんな中で、ノリの良い「Tie Your Mother Down」はライヴの定番曲になった。マーキュリーは、この楽曲の歌詞を思いついた時のメイは「意地悪な気分だったんだろう」と冗談交じりに話している。

Queen – Tie Your Mother Down (Official Video)

 

14位「One Vision」(1986年)

アルバム『A Kind Of Magic』には表題曲のほか、「Who Wants to Live Forever」や「Friends Will Be Friends」など力強い楽曲が並ぶ。だが原点回帰作としての同作を決定づけたのは「One Vision」だった。自信に満ちた同曲からは、1985年7月の”ライブ・エイド”の大成功以降のバンドの団結がひしひしと感じ取れる。イギリスのシングル・チャートでは7位まで上昇した。

Queen – One Vision (Extended) 1985 [Official Video]

 

13位「I Want It All」(1989年)

1989年の「I Want It All」制作時、ブライアン・メイの結婚生活は終わりを迎え、彼は女優のアニタ・ドブソンと付き合い始めていた。「全部ほしい、今すぐほしい(I want it all and I want it now)」というのはアニタ・ドブソン(ドラマ『イーストエンダーズ』への出演で知られる)の言葉で、メイはそれをヒントにパワフルなアンセムを書き上げた。

同曲は80年代のイギリスで一部に色濃くあった貪欲さや野心をうまく反映している。メイがマーキュリーと一緒に歌うパートがあるが、”僕はひとつのことしかできない男/一度の人生ではやることが多すぎる (“I’m a man with a one-track mind/So much to do in one lifetime)”といった歌詞はリスナーの琴線に触れるものだった。この曲はイギリスのチャートで3位を記録している。

Queen – I Want It All (Official Video)

 

12位「You’re My Best Friend」(1976年)

名ラヴ・ソング「You’re My Best Friend」はディーコンが妻のヴェロニカ・テツラフに向けて書いたもので、1976年にヒットとなった。ディーコンは同曲でウーリッツァーの電子ピアノ(マーキュリーは「ひどい楽器だ」と酷評している)を弾いている。マーキュリーの死後、ディーコンは一線から退き、ロンドン郊外で妻や子どもと静かに暮らし始めた。

Queen – You're My Best Friend (Official Video)

 

11位「Hammer To Fall」(1984年)

クイーンは驚くべきパフォーマンスをみせた”ライブ・エイド”のステージで、3曲目に「Hammer To Fall」を演奏した。力強い同ロック・ナンバーは、ソ連とロナルド・レーガン政権下のアメリカで冷戦の緊張が高まる中でメイによって書かれた。核戦争の危機は”キノコ雲の影で(in the shadow of the mushroom cloud)”、といった歌詞で表現されている。

Queen – Hammer To Fall (Official Video)

 

10位「Don’t Stop Me Now」(1979年)

華やかな「Don’t Stop Me Now」には、マーキュリーの多才さやヴォーカリストとしての力量が存分に発揮されている。アルバム『JAZZ』の収録曲として制作され、1979年にトップ10入りするヒットとなった。アルバムのレコーディングはフランスで行われ、マーキュリーは異国での社交を楽しんだという。

フロントマンのマーキュリーは自信に満ち、自作の楽しげな歌詞を歌い上げる。”連中は僕をミスター・ファーレンハイトと呼ぶ/僕は光の速度で移動する(They call me Mr Fahrenheit/I’m travelling at the speed of light)”。この曲でマーキュリーは、楽しみを求めることを自由に賛美している。

Queen – Don't Stop Me Now (Official Video)

 

9位「Was It All Worth It (素晴らしきロックン・ロール・ライフ)」(1989年)

クイーンの1989年作『The Miracle』収録の「Was It All Worth It (素晴らしきロックン・ロール・ライフ)」は、ロック・スターが人生を内省的に振り返る感動的な楽曲だ。同曲のレコーディング後、マーキュリーはメンバーにエイズと診断されていることを明かした。テイラーによればマーキュリーはこう話したという。「この話はしたくない。ただ活動を続けて、くたばっちまうまで働きたいんだ。みんなに手を貸してほしい」。

Queen – Was It All Worth It (Official Lyric Video)

 

8位「Somebody To Love (愛にすべてを)」(1976年)

「Somebody To Love (愛にすべてを)」には、ソウルフルでゴスペル風の名ポップ・ナンバーを生み出すクイーンの力が表れている。精神的な救済を歌ったマーキュリーによる歌詞は、アルバム『A Day At The Races』の先行シングルとしてこれ以上ないもので、シングルとしては全英2位を記録。マーキュリーは敬愛するアレサ・フランクリンを意識してこの曲を書いたとされる。

Queen – Somebody To Love (Official Video)

 

7位「We Are The Champions (伝説のチャンピオン)」(1977年)

マーキュリー作の「We Are The Champions (伝説のチャンピオン)」は、世界で最も有名なロック・アンセムのひとつだ。2005年の調査では、世界一の人気曲に選ばれている。スポーツ・ファンにとってもお馴染みで、1994年のワールド・カップでは公式テーマ・ソングにもなった。

「祝福の歌なんだ」とドラマーのテイラーは話す。「”We Are The Champions”でいう”僕たち / we”はみんなのことで、僕たちバンドだけのことじゃない」。同曲のビデオはロンドンのドルリー・レーンにある会場で撮られ、クイーンのファン・クラブ会員1,000人以上が集まった。テイラーによれば、50テイクも撮ってようやく完成したらしい。

Queen – We Are The Champions (Official Video)

 

6位「Another One Bites The Dust (地獄へ道づれ)」(1980年)

ロサンゼルスでクイーンのライヴを観たマイケル・ジャクソンは楽屋を訪れた。そこで彼は、8枚目のアルバム『The Game』に収録されていたディーコン作の「Another One Bites The Dust (地獄へ道づれ)」がポップ・チャートでヒットするだろうと話した。1980年10月にシングル・カットされた同曲は、3週間に亘り首位に留まった。「僕たちが世界一のバンドになった瞬間はそれまでにもあった。“Another One Bites The Dust”はある種、それを確固たるものにしたんだ。突然R&B界に進出したんだからね」というのはメイの言葉だ。

Queen – Another One Bites the Dust (Official Video)

 

5位「Under Pressure」(1981年)

フレディ・マーキュリーとデヴィッド・ボウイによる世紀のデュエットは、スイスのモントルーにあるマウンテン・スタジオでの即興ジャム・セッションから派生したものだ。マーキュリーとボウイはどちらが大きい歌声を出せるかと競って遊んでいた。そこへディーコンが跳ねるようなベースラインを弾き始めると、マーキュリーのスキャットをはじめ他が自発的に加わった。ボウイは、彼とマーキュリーはお互いの歌を聴かず、決め事をせずに即興演奏と合わせてメロディを歌おうと提案した。

「まずは僕たちがひと通りバック・トラックを作った」とブライアン・メイは回想する。「バック・トラックが出来るとデヴィッドはこう言った。『よし、じゃあ僕たちはヴォーカル・ブースに入って、思い浮かんだままそれぞれにメロディを歌おう。それを後で組み合わせよう』って」。この驚くべきポップ・ソングは全英1位となった。ボウイは1992年、マーキュリーの追悼コンサートで同曲を演奏している。

Queen – Under Pressure (Official Video)

 

4位「Crazy Little Thing Called Love (愛という名の欲望)」(1980年)

マーキュリーがミュンヘンのバイエリッシャー・ホフ・ホテルで泡風呂に浸かりながら書いた「Crazy Little Thing Called Love (愛という名の欲望)」は、大ヒット曲になった。「僕は愛の深い人間だ。この曲では愛のことを歌っているのさ」とマーキュリーは話している。クイーンによるこの往年の名曲は、多くのミュージシャンにもカヴァーされ親しまれている。ロバート・プラント、ドワイト・ヨアカム、ダイアナ・ロス、マイケル・ブーブレ、ショワディワディらはその一部だ。

Queen – Crazy Little Thing Called Love (Official Video)

 

3位「Killer Queen」(1974年)

上流階級の娼婦を題材にした絢爛な楽曲。「Killer Queen」は、アルバム『Sheer Heart Attack』に収録され、綿密なハーモニーを生み出すクイーンの息を飲むような技量を見せつけた。シングルとしては1974年10月にチャートの2位となり、アメリカでは初のヒット・シングルとなった。この曲にはクイーンが評価される所以であるエネルギーが満ちている。

「ノエル・カワードが歌いそうな曲だろう」とマーキュリーは冗談を言う。メイは同アルバムが、バンドが求めるサウンドを見つける上でのターニング・ポイントになったと感じているようだ。「Killer Queen」における重ね録りのギター・パートではなんと12回ものオーヴァーダビングが施されている。

Queen – Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)

 

2位「We Will Rock You」(1977年)

「We Are The Champions (伝説のチャンピオン)」と「We Will Rock You」は、文化的にも重要なアンセムになった。アルバム『The News of the World (世界に捧ぐ)』に収されているこの2曲は、両A面でシングル・カットされ、全英2位、全米4位となった。2000年にはヴォーカル・グループの5iveが「We Will Rock You」をカヴァー。同ヴァージョンではギターにブライアン・メイ、ドラムにロジャー・テイラーがそれぞれ参加し、チャートで1位を獲得した。「“We Will Rock You”で僕たちはロック・アンセムのバンドとして確立されたんだ」とメイは話す。「冗談じゃなく『アンセムズ』というアルバムを作るべきだったかもね」

Queen – We Will Rock You (Official Video)

 

1位「Bohemian Rhapsody」(1977年)

6分間の壮大な曲「Bohemian Rhapsody」はマーキュリーの作で、アルバム『A Night At The Opera (オペラ座の夜)』に収録された。同曲はまさに現代音楽の傑作といえる。独創的な同曲を歌うマーキュリーのヴォーカルには気迫がこもり、聖歌隊のようなサウンドになるまでオーヴァーダビングが繰り返された。

ABBAのビョルン・ウルヴァースはこう話す。「“Bohemian Rhapsody”を聴いたときは、嫉妬で青ざめた。ロックやポップを普通の道から外したオリジナリティの塊のような曲だ」。印象的なマルチ・アングル・ショットを含む見事なビデオは、ブルース・ゴワーズの演出によるものだ。

「Bohemian Rhapsody」はクリスマスに1位を2度獲得した唯一の曲でもある。最初は1975年のクリスマスに首位となり、その後マーキュリーがこの世を去った16年後のクリスマスに頂点へ返り咲いている。同曲は1977年以降、260万枚以上を売り上げ、2018年12月には最もストリーミング再生された20世紀の楽曲になった。

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video Remastered)

 

Written By Martin Chilton


“日本のファン投票によって選曲されたベスト盤”
クイーン『グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン』

2020年1月15日発売
SHM-CD+DVD / SHM-CD
配信まとめリンク
https://umj.lnk.to/queen_best

 

来日公演:クイーン+アダム・ランバート “ザ・ラプソディー・ツアー”
2020年1月25日(土)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月26日(日)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月28日(火)大阪 京セラドーム大阪
2020年1月30日(木)名古屋 ナゴヤドーム
来日公演公式サイト


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

1 Comment

1 Comment

  1. ヒデ

    1月 7, 2020 at 6:36 pm

    めちゃくちゃ、20位の曲を入れるとか訳わかんない。最初からメジャーな曲でベスト20でいいやん。基本的に晩年のアルバムはイマイチだと思う。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss