(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

クイーン『A KIND OF MAGIC / カインド・オブ・マジック』制作秘話

Queen logo
Queen Essentials

『A KIND OF MAGIC / カインド・オブ・マジック』

 

クイーン12作目のアルバムがリリースされたのは、1986年。それはジェネシスと、その元リード・ヴォーカルだったピーター・ガブリエルの両者が互いに全米1位の座を競い合うという、プログレッシブ・ロック・ルネッサンス時代のことだ。新作が全英1位に返り咲き、ダブル・プラチナを達成したのは、ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリー、ジョン・ディーコン、そしてロジャー・テイラーにとって、大きな喜びとなった。

音楽業界の最前線で10年以上生き抜いてきたクイーンには、自分達が流行の波に乗っているかどうか、鋭過ぎるほどの先を読む目が備わっていた。彼らを国宝級の地位に就けたのは、ウェンブリー・スタジアムで開催されたライブ・エイド・コンサートでのパフォーマンスだ。そこで彼らは従来のファン以外の観衆の前に身を晒し、熱狂で迎えられたのである。フレディ・マーキュリーは、この瞬間を活かしたいと熱望。『The Works』ツアーを終えると、バンドは1985年9月にミュンヘンのミュージックランド・スタジオに集結し、闘いの準備を開始した。

『A Kind Of Magic』には、コンセプト的な背景がある。というのも、オーストラリア出身のラッセル・マルケイ監督が手掛けた映画『ハイランダー 悪魔の戦士(原題:Highlander)』の非公式サウンドトラックであったからだ。同映画はアルバム発売の数ヵ月前に封切られ、「Princes Of The Universe」がテーマ曲となっている他、本作収録の何曲かが挿入歌として用いられている。

オープニング曲「One Vision(邦題:ワン・ヴィジョン-ひとつだけの世界-)」は、(作詞・作曲のクレジットはクイーン名義となっているものの)厳密にはロジャー・テイラー作の曲で、ディストーションを掛け、所々で逆回転しているヴォーカルと、電子ドラム、そしてマーティン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある……」という演説に着想を得た歌詞をフィーチャー。先行シングルとして、アルバム発表の半年前にリリースされ、B面には同曲のリミックス・ヴァージョンが収録されている。

バンドとプロデュース作業を分担していたラインホルト・マックとデヴィッド・リチャーズは、先端のデジタル技術を利用することに決め、本作はクイーンにとって初のデジタル録音で制作された。だがそれによって進行の速度が上がったたわけではなく、『A Kind Of Magic』がようやく完成を見たのは、1986年4月のことであった。その間、彼らは、ミュンヘンからモントルーのマウンテン・スタジオ、そして慣れ親しんだロンドンのタウンハウス・スタジオへと移動。完成後、本作はクイーンにとって初めてのCDアルバムとしてリリースされた。

本作の第二弾シングルとしてアルバム発売前に先行リリースされた、表題曲「A Kind Of Magic」では、ロジャー・テイラーが連勝の波に乗っていた。クイーンの曲の中でも最も有名かつ最も愛されている曲のひとつであり、映画に登場するヴァージョンは、アルバム/シングルに収録されているヴァージョンとはかなり異なっている。ポップなメロディが、フレディ・マーキュリーらしい芳醇なアレンジと相乗効果を生んでいるこの曲は、全英3位を記録した他、ヨーロッパのほぼ全域でトップ10入りを果たした。

この曲が内包する商業的な可能性を花開かせるため、フレディ・マーキュリーが微調整を施している。ロジャー・は、セッション・ミュージシャン勢と多才なアレンジャー、スパイク・エドニーと共に、キーボードを追加。 12インチ・シングルのミックスはアルバムや7インチのヴァージョンよりも長く、口ずさむのにぴったりなコーラスと、耳にこびりついて離れない力強さが特徴で、色褪せることのないこの名曲のライヴ・ヴァージョンにより近くなっている。

ジョン・ディーコンの「One Year Of Love(邦題:愛ある日々)」には、ストリングス・アレンジと、スティーヴ・グレゴリーのアルト・サックス・ソロ(だが代わりにリード・ギターは全く入っていない)、そしてジョン・ディーコン自身の演奏によるヤマハのシンセをフィーチャー。この時点までのクイーン作品の中では、珍しい部類に属する曲だ。

モータウン風味の「Pain Is So Close To Pleasure(邦題:喜びへの満ち)」は、フレディ・マーキュリーとジョン・ディーコンの共作で、フレディ・マーキュリーが伸びやかなファルセットを聴かせている他は、サンプリング、シンセ、ドラム・プログラミング、メロディアスなリズム・ギターなど、他の全ての要素をジョン・ディーコンが担当。この曲にも12インチのロング・ヴァージョンがあり、ドイツとオランダでシングル・カットされた際にはリミックスが施された。

フレディ・マーキュリーとジョン・ディーコンが再びタッグを組んでいるのが「Friends Will Be Friends(邦題:心の絆)」だ。ピアノ・バラードからロックへと展開するこのアンセムでは、フレディ・マーキュリーの華やかさと、嗜好を同じくするラインホルト・マックの洗練されたプロダクションとが最高の形で結実している。そこから自然な流れで、ブライアン・メイの逸品「Who Wants To Live Forever(邦題:リヴ・フォーエヴァー)」へ。この曲は、映画の中でも極めて感動的なシーンで使われた。他アーティストに何度もカヴァーされているこの圧巻曲は、イージーリスニングの枠には当てはまらない。だが、品位を維持しながらも依頼に基づいた曲を書くという技を、ブライアン・メイとバンドが磨き上げたことがここに示されている。

ブライアン・メイ作の「Gimme The Prize (Kurgan’s Theme)」では、ブライアン・メイとフレディ・マーキュリーがデュエット。ブライアン・メイのギターによってメタルに傾いているものの、本アルバム中、サウンドトラックであることを最も意識した曲となっているのは、主にマイケル・ケイメンのオーケストレーションが理由だ。

ロジャー・テイラーの「Don’t Lose Your Head」は、最も多種多様な要素が盛り込まれている曲だ。『A Kind Of Magic』は、収録曲の多様性により、アルバムとしての統一感が減じられていると言うことも出来る。この曲にはゲスト・ヴォーカルにジョーン・アーマトレイディングが参加。またスパイク・エドニーがキーボードを追加している。

(映画でしか使用されていない)「Theme From The New York, New York」の短い断片を挟んだ後、クイーンは「Universe Of Princes Of The Universe」で本作のアナログ盤LPを締め括った。この強靭なヘヴィ・メタル・チューンの作詞・作曲はフレディの単独名義となっており、パンチの効いた歌詞と獰猛なギター・ソロは、かつてのグラム・サウンドが復活しているかのようだ。

1986年にリリースされた本作は好評を博した。また、CD盤には3曲のボーナス・トラック:「A Kind Of “A Kind Of Magic”」と「Friends Will Be Friends Will Be Friends」、そして「Forever」(「Who Wants To Live Forever」のピアノ・ヴァージョンにオーケストラの伴奏を加えたもの)が収録されていたことから、CDプレイヤーの売り上げにも貢献。この3曲を加えたCD盤はアナログ盤よりも12分以上も長くなった結果、それを再生する機械を所有していない人々の羨望の的となった。「Theme From New York, New York」の素晴らしいカヴァーを収録しない選択をクイーンが下したのは、実にもどかしいことである。

アルバムのリリースから5日後、クイーンはスウェーデンを皮切りに大々的な『Magic』ツアーを開始。このツアーには、ウェンブリー(ロンドン)、メイン・ロード(マンチェスター)、ラーヨ・バジェカーノ(スペイン)等の重要なスタジアム公演に加え、20万人以上が集結したネブワース・パーク公演が含まれている。全公演のチケットが即完売し、合計100万人以上の動員を記録した。

だがこの成功に、やがて影が差すことになる。フレディ・マーキュリーが病を患っているのではないかとの報道が流れ始めたためだ。『Magic』ツアーは、彼がメンバー達と共にライヴ・ステージに立った最後の機会となった。フレディ・マーキュリーらしく、彼らは確かに華々しい最後を飾ったと言える。ネブワースに足を運んだ観客は知るよしもなかったが、1986年8月9日の夜、その場にいたということは、間違いなく特別な栄誉であった。それは真のクイーン・ファン全ての魂に、はっきり刻まれている日である。

クイーンはその後、相当な期間の休みを取り、ラインホルト・マックとのパートナーシップやミュンヘン・コネクションとの繋がりも断った。そして次作では、魔法(magic)が奇跡(miracle)に置き換えられることになる。

 

– Max Bell

Queen logoクイーン アルバムストーリーに戻る

Queen - A Kind Of Magic

btn_store_link spotify_logo_link
download_jtunes_link applemusic_link

 

Queen - A Kind Of Magic

Queen - A Kind Of Magic

 

世界に捧ぐ (40周年記念スーパー・デラックス・エディション) [SHM-CD] 2017.11.17発売!

クイーン初となるオリジナル・アルバムのスーパー・デラックス化が実現!
その第一弾は、代表曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」や「伝説のチャンピオン」を収める不朽の名作『世界に捧ぐ』(1977)
アウトテイクやレアリティーズ、アナログ、映像などで構成された40周年記念エディション!

UICY-78501

Buy Now
【輸入盤】はこちら
★『世界に捧ぐ』発売40周年記念Tシャツ発売中!