(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ナット・‘キング’・コールを失った日と彼が残した記録

Published on

1965年2月15日、我々は敬愛されるピアニストであり、20世紀で最も偉大なシンガーの声を失った。彼とはナット・‘キング’・コール45歳の若さで亡くなった。

Nat Cole

本名ナサニエル・アダムズ・コールズは、当初キング・コール・トリオというジャズ・グループのリーダーとして登場した。当時の人種差別の実態を考えれば、それ自体が大きな成果だった。1919年に生まれ、1930年代半ばにはすでにパフォーマンスを行っており、“まるで偶然に歌う才能に気がついた”という通説の都合の良い宣伝文句とは異なり、いつも歌ってきてはいたが、キャリアの初期は主にインストゥルメンタルのピアニストだった。トリオは、ギタリストのオスカー・ムーアとベーシストのウェスリー・プリンスと結成し、のちにベースはジョニー・ミラーに代わった。

ナット・‘キング’・コールが初めて人気チャートに登場したのは戦時中だった。キャピトル・レコードのシングル「All For You」が1943年11月にチャートに1週間登場した。キャリアを通して数々生み出されることとなる彼の代表曲の中でも、初めての代表曲となったのが「Straighten Up And Fly Right」である。第2次世界大戦終戦後、ナット・‘キング’・コールの癒される、洗練されたヴォーカル曲は聴衆の琴線に触れ、立て続けに1位を獲得した。「Straighten Up And Fly Right」のストーリーは、uDiscoverの記事でもご紹介している。

Nat Cole 2

記憶に残る優雅な「Nature Boy」は、ドイツ語圏の方言イディッシュの曲「Schweig Mein Hartz」に基づいており、1948年にチャートのトップに君臨した。続いて1950年に「Mona Lisa」、そして1951年に「Too Young」も1位を達成。いずれの曲も名作であり、その後も数多く続くことになる。ナット・‘キング’・コールは1954年の “ポップ前”の時代の終わりまで、13年間で少なくとも60回もチャートに登場している。

さらにすごいことに、彼はその後に続いた新しいポップの世代でもほとんど同じ功績をあげ、その後57回もチャートにエントリー、死後にも2度登場している。それは、ナット・‘キング’・コールの曲の中でも最も愛されている「Darling Je Vous Aime Beaucoup」「Ramblin’ Rose」、そして「Those Lazy-Hazy-Crazy Days Of Summer(邦題:暑い夏をぶっとばせ)」を含む。

ナット・キング・コールが本当に愛されるエンタテイナーになっていく中で、キャピトルからリリースしてチャート入りしたアルバムは36枚もあり、自身のテレビ・シリーズも持ち、そして何と言っても、頻繁に真似をされてはきたものの、決して同等にはならないヴォーカル・テクニックを持っていた。

Written by Paul Sexton



uDiscoverのナット・キング・コール・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss