セルジオ・メンデス『Fool On The Hill』:ビートルズがブラジリアンに

December 28, 2017


セルジオ・メンデス『Fool On The Hill』:ビートルズがブラジリアンに

ブラジル出身のピアニスト、セルジオ・メンデスは50年以上に亘って母国の音楽を世界中に広めてきた。そんな中セルジオ・メンデスは、1968年12月28日、ザ・ビートルズのカヴァーでヒットを飛ばした。彼は1966年から自らのグループ、ブラジル'66で全米アルバム・チャートの常連で、この時にヒットしていたアルバムは『Fool On The Hill』だ。アルバム・タイトル曲は、前年にザ・ビートルズが出したEP『Magical Mystery Tour』収録曲のカヴァーだった。1968年最後のチャートで、この『Fool On The Hill』はBillboard誌のジャズ・アルバム・チャートの頂点に登り詰めた。

mendes fool inner

このアルバムは12月上旬にはポップ・チャートでも初登場102位を記録。そこから58位、さらには18位と急上昇していった。ジャズ・チャートで首位に立った週は、ポップ・チャートでは11位を記録。明けて新年のチャートでは、さらに上の3位にまで上がっている。これはブラジル'66のアルバムが全米ポップ・チャートで記録した最高位、ここまでの2年間でブラジル'66のアルバムがトップ10に入るのはこれが3度目。そして『Fool On The Hill』は、このグループにとって4枚目のゴールド・ディスクとなった。

Fool single

このアルバムはセルジオ・メンデスが自らプロデュースし、ブラジル'66の特徴となっていたポップなヴォーカルとブラジルのリズムの融合は、ここでも全開。このアルバムでは、ザ・ビートルズ以外にもサイモン&ガーファンクルの「Scarborough Fair」やデイヴ・グルーシンとアラン&マリリン・バーグマン共作の「When Summer Turns To Snow(邦題:去りゆく夏)」が取り上げられている。また「Canto Triste」も英語詞のバラードだった。当時ブラジル'66の女性ヴォーカルはカレン・フィリップとラニ・ホールが担当していたが、ラニ・ホールはのちにハーブ・アルパートと結婚している。ハーブ・アルパートは、ブラジル'66の契約先であるA&Mレーベルの創設者だった。

このアルバムでは、ハーブ・アルパートも自らエンジニアの役割を務めていた。またデイヴ・グルーシンもゴージャスなオーケストラ編曲を担当している。特に「Scarborough Fair」のストリングスに注目。この曲ではセルジオ・メンデスも素晴らしいソロを披露している。これは素敵なアルバムであり、まだ聴いていない人にはぜひ一聴をお勧めしたい――特に、ブラジルの光を浴びたいと思っている人には最適だ。

Written by Paul Sexton



セルジオ・メンデスによってザ・ビートルズがブラジリアンに

セルジオ・メンデス『Fool On The Hill』

spotify_logo_link download_jtunes_link applemusic_1711_800_link

uDiscoverのオール・ザット・ジャズ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *