ロニー・ウッドの20曲:英国で最も優れ、最も過小評価されているギタリスト

6月 1, 2018


ロニー・ウッドの20曲:英国で最も優れ、最も過小評価されているギタリスト

アーティストであり、ソングライターであり、英国で最も優れた、おそらく最も過小評価されているギタリストの一人であるロナルド・デイヴィッド・ウッドは、1947年6月1日に生まれた。彼の家族は音楽一家だった。ロニーの兄、アートはジ・アートウッズを結成しており、このバンドには後にディープ・パープルを始めたジョン・ロードと、ジョン・メイオールのバンドで演奏し、後にバンドを始めたドラマーのキーフ・ハートリーが所属していた。

ロニー・ウッドが16歳の時に共同で結成した最初のグループ、ザ・バーズ(The Birds、アメリカのバンドThe Byrdsとは別)は、ウエスト・ロンドンのR&Bバンドだった。ザ・バーズは、ロニー・ウッドが作曲したシングルをいくつか発表した。しかし1967年、彼はジェフ・ベック・グループにベーシストとして加入することになる。その時のシンガーはロッド・スチュワート、ドラマーはミッキー・ウォーラーだった。ジェフ・ベック・グループは2枚のクラシック・アルバムを発表したが、ヒット曲「Plynth」はセカンド・アルバム『Beck-Ola』からの曲だ。彼は短い間だが、元ザ・バーズのキム・ガードナーが結成したクリエイションとも一緒にプレイした。

641214 Birds-Howlin Wolf ad

1969年、ロニーの兄、アート・ウッドは、ロニー・ウッド、ロッド・スチュワート、ロニー・レイン、ケニー・ジョーンズ、イアン・マクレガン、キム・ガードナーと、クワイエット・メロンを結成。彼らはフォンタナ・レコードのために4曲レコーディングしたが、それらは発表されずに終わった。そのすぐ後にバンドは解散し、ロニー・ウッドとロニー・レイン、ロッド・スチュワートと、ケニー・ジョーンズとイアン・マクレガンがフェイセズを結成した。ロニー・レインとイアン・マクレガンとケニー・ジョーンズは、その前のスモール・フェイセスでも一緒にプレイしていた。

フェイセズ結成の前、ロッド・スチュワートは、ヴァーティゴ・レコーズとソロ契約を結び、『An Old Raincoat Won't Ever Let You Down』を録音。このアルバムで、ロニー・ウッドはギターとベースを演奏し、「Dirty Old Town」ではハーモニカも演奏している。

1ケ月後、フェイセズはデビュー・アルバムを発表。その中には、ロニー・ウッドが共作した曲も何曲か収録されていた。「Around The Plynth」はその中の一曲で、ロニー・ウッドの素晴らしいスライド・ギターが披露されている。「Sweet Lady Mary」を収録した『Long Player』は1971年に発表され、フェイセズのアンセムでロニー・ウッドが共作した「Stay With Me」が入った『A Nod is As Good As a Wink...To A Blind Horse(邦題;馬の耳に念仏)』も、同年の後半に発表された。フェイセズの最後の作品は、1973年の『Ooh La La』で、イアン・マクレガンとロッド・スチュワートとロニー・ウッドが共作した「Cindy Incidentally(邦題;いとしのシンディ)」が入っていた。

Faces

フェイセズのアルバムを作る合間に、ロッド・スチュワートは2枚目のソロ・アルバムもレコーディングしていた。『Gasoline Alley』は1970年に発表され、全英アルバム・チャート入りした。アルバム・タイトル曲はロッド・スチュワートとロニー・ウッドの共作で、ロニー・ウッドのトレードマークになっていたスライド・ギターがフィーチャーされている。1971年のロッドのシングル「Every Picture Tells A Story」は、全英と全米で1位を達成し、ロッド・スチュワートにとって大ヒット曲になった。これは同名アルバムのタイトル・トラックで、ロニー・ウッドとロッド・スチュワートの共作だ。1972年、ロッドの4作目のアルバム『Never A Dull Moment 』が発表。そのアルバムのオープニング曲が、ロニー・ウッドとの共作「True Blue」だ。ロッド・スチュワートとロニー・ウッドの最後のコラボレーション曲は、1974年の『Smiler』 収録の「Sailor」。彼らのコラボレーションの典型と言える曲だ。

1973年の末、ロニー・ウッドの将来の仕事の種が撒かれた。ミック・ジャガーと共に、デヴィッド・ボウイをバック・シンガーに迎え、ウィリー・ウィークスがベース、ケニー・ジョーンズがドラムという編成で、「It's Only Rock'N Roll (But I Like It)」の基本トラックを、ロンドンのリッチモンドにあるロニー・ウッドの自宅スタジオ‘ザ・ウィック’で録音したのだ。1974年、ミック・ジャガーとキース・リチャーズが、ロニー・ウッドの初のソロ・アルバム『I've Got My Own Album To Do』で演奏している。

1974年12月にミック・テイラーがザ・ローリング・ストーンズを辞めた後、1975年の春にロニー・ウッドは彼らのアルバム『Black And Blue』のレコーディングを手伝った。アルバム上に、彼の演奏したリード・ギターが‘この曲のインスピレーション’と記された「Hey Negrita」が収録されている。ロニー・ウッドの28歳の誕生日の2日前に、彼はザ・ローリング・ストーンズの1975年のツアーの初日のライヴで演奏した。以来、彼はずっとザ・ローリング・ストーンズに在籍している。

今回のロニー・ウッドの20曲には、ザ・ローリング・ストーンズの1980年発売のアルバム『Emotional Rescue』から、ロニー・ウッドの特徴的な“リード・ベース・プレイ”が披露されているタイトル・トラックを選んだ。一年後の『Tattoo You』からは、ロニー・ウッドとミック・ジャガーとキース・リチャーズとの共作「Black Limousine」を。ロニー・ウッドによると、「‘Black Limousine’は、俺が昔持っていたレコードのホップ・ウィルソンのリフにインスパイアされたスライド・ギターのリフから生まれたんだ。ビッグ・ムースというそれ以前も以後も名前を聞いたことがない男がいて、そいつが年配のスライド・ギター奏者で、時々、目立つリフをひとつふたつ弾いてたんだ。それで無意識に、俺はそのちょっとしたリフひとつそのリフを基に、分析して、1曲を完成させた」。

同年の曲で、ロニー・ウッズのソロ・アルバム『1234』からの曲も選んだ。「Fountain Of Love」では、ロニー・ウッドのR&Bへの愛が表現されている。このアルバムには、ギターでボビー・ウーマックが参加していた。

1980年代にザ・ローリング・ストーンズが活動を休止している間、ロニー・ウッドはキース・リチャーズと組んでニュー・バーバリアンズとして活動し、プリンスボブ・ディランデヴィッド・ボウイエリック・クラプトンリンゴ・スター、アレサ・フランクリン等、他のアーティスト達とコラボレーションを行なった。1990年、ザ・ローリング・ストーンズが「Steel Wheels/Urban Jungle Tour」でツアーを再開した時には、ロニー・ウッドのギターはライヴにも、彼らの過去20年のアルバムにも、欠かせないものになっていた。

1995年の『Stripped』 には、ロニー・ウッドのスライド・ギターが入った「Love In Vain」が収録されていた。『Let It Bleed』に収録されていた曲だ。ロニー・ウッドのスライド・ギターが曲の半ばで入る時、このブルースの名曲のカヴァーは、最高のヴァージョンのひとつとなる。そして、『Live Licks』から「Happy」を入れた。キース・リチャーズが歌い、ロニー・ウッドの卓越したスライド・ギターが、素晴らしい曲に仕立てている曲だ。

ron-wood-i-feel-like-playing

2010年、ロニー・ウッドは7枚目のスタジオ・ソロ・アルバム『I Feel Like Playing』を発表。彼がアルバムのカヴァー・アートを手がけ、素晴らしいアルバムとなっている。豪華なゲストを迎え、ボブ・ディランに対する敬愛と自身のソングライターとしての能力を示したロニー・ウッド作曲の「Why You Wanna Go And Do A Thing Like That For」がオープニング曲だった。あらゆるアーティストがカヴァーしたように思える曲で、もっと沢山の人々に聞かれる価値のある、21世紀の名曲である。

我々はロニー・ウッドの20曲を、『I Feel Like Playing』の最後を飾る「Forever」で締めくくった。もう一本のギターをスラッシュが弾いており、最後に最適な曲だと考えた。

ロニー・ウッドが永遠に演奏し続け、最新のザ・ローリング・ストーンズのツアーでやっているように、その演奏で観客の喝采を浴び続けてくれることを我々は願っている。このツアーでの彼の演奏は、「最高」と評されていた。我々全員が、同意見である。

Written By Richard Havers

♪ 『Ronnie wood in 20 Songs


『The Studio Albums Vinyl Collection 1971-2016』6/15発売!


ザ・ローリング・ストーンズ『From the Vault: No Security, San Jose ‘99』
発売日:2018年7月4日(日本盤先行・海外盤発売日7月13日)

<日本盤特典>
・日本盤のみ2曲のボーナス・トラック「Moonlight Mile」「Gimme Shelter」収録(CDのみ)
・日本盤のみ先行発売
・日本盤のみTシャツ付商品発売
・日本盤のみブルーレイ+2CD発売
・日本盤のみ字幕/解説付
・日本盤のみSHM-CD仕様

<全7フォーマット>
①DVD + 2CD + Tシャツ①<完全生産限定盤>
②SD ブルーレイ + 2CD + Tシャツ②<完全生産限定盤>
③DVD + 2CD
④SDブルーレイ + 2CD
⑤DVD
⑥SD ブルーレイ
⑦3LP(直輸入盤仕様)

購入はこちら


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です