(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

The 1975、ドレイク、アリアナらが2019年ブリット・アワードを受賞。全受賞リストも掲載

Published on

The 1975ドレイクアリアナ・グランデらが 2019年のブリット・アワードの栄冠に輝いた。The 1975は最新作『A Brief Inquiry Into Online Relationships』で“ブリティッシュ・アルバム・オブ・ザ・イヤー”と“ブリティシュ・グループ”の2部門を受賞し、カナダ出身のラッパー、ドレイクは“インターナショナル男性ソロ・アーティスト”を、アリアナ・グランデは“インターナショナル女性ソロ・アーティスト”をそれぞれ受賞した。

コメディアンのジャック・ホワイトホールが司会を務めた今年で第39回の開催となるブリット・アワード授賞式はロンドンのO2アリーナで開催され、今年の授賞式に向けたノミネーションは先月放送されたテレビ特番で発表となっていた。

授賞式のオープニングを飾ったのは、ヒュー・ジャックマンによる映画『グレイテスト・ショーマン』からのパフォーマンスで、カルヴィン・ハリスはデュア・リパやサム・スミス、ラグンボーン・マンとのコラボ・パフォーマンスを披露し授賞式のステージを盛り上げた。その他にもリトル・ミックス、ミズ・バンクス、ジョージ・エズラ、ジョルジャ・スミス、The 1975らがパフォーマンスを披露した。

この夜最初に発表された受賞者は、ジョージ・エズラの“ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト”で、ナイル・ロジャーズがプレゼンターを務めた“ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト”は、ローレンス・アンド・ザ・マシーン、リリー・アレンらを制して、ジョルジャ・スミスが賞を勝ち取った。

The 1975は絶賛されている3作目のスタジオ・アルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』で、アークティック・モンキーズ、GORILLAZ、リトル・ミックス、イヤーズ&イヤーズら強豪を制して、“ブリティシュ・グループ”に輝いた。

The 1975 win British Group | The BRIT Awards 2019

The 1975 win British Group | The BRIT Awards 2019

 

The 1975のマシュー・ヒーリーは、受賞スピーチの中で“女性蔑視”について訴えていた。

「少しだけ僕の話を聞いてください。僕たちの友人であるローラ・スネイプス(音楽ジャーナリスト)の言葉なのですが、僕たちはその言葉について真剣に考えるべきだと思いました。彼女は音楽業界についてこう言っていました。“男性による女性蔑視の言動は、ニュアンスやアーティスト気質として解釈され、それを主張する女性や人々はアートを理解できないヒステリーとして扱われてしまうのです”」

この授賞式の前に、マシュー・ヒーリーは自身のSNS上に彼女をその言葉を引用し、「まさしく!」とコメントしていた。その他にも今回の授賞式では、インターナショナル部門を受賞したドレイク(現在ロサンゼルスで新たなツアーに向けて準備中)とアリアナ・グランデがビデオ・メッセージで感謝の気持ちを伝えていた。

Ariana Grande wins International Female Solo Artist | The BRIT Awards 2019

Ariana Grande wins International Female Solo Artist | The BRIT Awards 2019

 

また、この授賞式に先駆けて、P!NKが功労賞することも発表されていた。この賞の授与は2012年ブラー以来の栄誉となる。P!NKは受賞スピーチで、「このブリット・アワード2019において功労賞をいただけることを心から光栄に思います」と語った。

さらに、授賞式に先立って発表される賞として恒例となりつつある批評家賞には、シンガーソングライターのサム・フェンダーが選出。今年はルイス・キャパルディやマヘリアもこの賞にノミネートされていた。

ブリット・アワード2019のノミネーション&受賞者リストは下記の通り(※太字が受賞者)

<ブリティッシュ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>
The 1975『A Brief Inquiry Into Online Relationships』
アン・マリー『Speak Your Mind』
フローレンス・アンド・ザ・マシーン『High As Hope』
ジョージ・エズラ『Staying At Tamara’s』
ジョルジャ・スミス『Lost & Found』

<ブリティシュ・グループ>
The 1975
アークティック・モンキーズ
Gorillaz
リトル・ミックス
イヤーズ&イヤーズ

<ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト>
アン・マリー
フローレンス・アンド・ザ・マシーン
ジェス・グリン
ジョルジャ・スミス
リリー・アレン

<ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト>
エイフェックス・ツイン
クレイグ・デイヴィッド
ジョージ・エズラ
Giggs
サム・スミス

<ブリティッシュ・シングル>
アン・マリー「2002」
カルヴィン・ハリス&デュア・リパ「One Kiss」
クリーン・バンディット ft. デミ・ロヴァート「Solo」
デュア・リパ「IDGAF」
ジョージ・エズラ「Shotgun」
ジェス・グリン「I’ll Be There」
Ramz「Barking」
ルディメンタル ft. ジェス・グリン、マックルモア&ダン・ケープルン「These Days」
シガーラ&パロマ・フェイス「Lullaby」
トム・ウォーカー「Leave A Light On」

<ブリティッシュ・ブレイクスルー・アワーズ>
エラ・メイ
IDLES
ジョルジャ・スミス
Mabel
トム・ウォーカー

<ブリティッシュ・ビデオ>
アン・マリー「2002」
カルヴィン・ハリス&デュア・リパ「One Kiss」
クリーン・バンディット ft. デミ・ロヴァート「Solo」
デュア・リパ「IDGAF」
Jax Jones ft. Ina Wroldsen「Breathe」
ジョナス・ブルー ft. ジャック&ジャック「Rise」
リアム・ペイン&リタ・オラ「For You」
リトル・ミックス ft. ニッキー・ミナージュ「Woman Like Me」
リタ・オラ「Let Me Love You」
ルディメンタルft. ジェス・グリン、マックルモアー、Dan Caplan「These Days」

<インターナショナル女性ソロ・アーティスト>
アリアナ・グランデ
カミラ・カベロ
カーディ・B
クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ
ジャネール・モネイ

<インターナショナル男性ソロ・アーティスト>
ドレイク
エミネム
カマシ・ワシントン
ショーン・メンデス
トラヴィス・スコット

<インターナショナル・グループ>
Brockhampton
ザ・カーターズ
ファースト・エイド・キット
ナイル・ロジャース&シック
トゥエンティ・ワン・パイロッツ

<グローバル・サクセス・アワード>
エド・シーラン

ブリティッシュプロデューサー
カルヴィン・ハリス

<功労賞>
P!NK

<批評家賞>
サム・フェンダー

Written by Tim Peacock



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss