(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

ボブ・マーリー『Exodus/エクソダス』

Bob Marley logo

EXODUS/エクソダス

 

ボブ・マーリーの最高傑作を選ぶとしたら、それは『Exodus』になるだろう。ジャマイカの自宅で銃による襲撃を受けた後、ロンドンに移ったボブ・マーリーは、そこで同アルバムをレコーディングした。非凡な説得力を持つこの作品は、聖書の物語に深遠な団結の表現と、優しい個人的な感情を組み合わせ、音楽的な声明を発信している。1977年6月3日にリリースされた同アルバムは、「Jamming」、「Waiting In Vain」、「Three Little Birds(邦題:3羽の小鳥)」、「One Love/People Get Ready」、そしてもちろんタイトル・トラックの「Exodus」と、ボブ・マーリーにとって特に大きなヒットとなり、ファンからとりわけ愛されている曲を多数収録している。タイム誌は“20世紀のベスト・アルバム”と評しているほどだ。

『Exodus』のリリース前に、ボブ・マーリーは第三世界で最も有名な人物のひとりになっていた。ティモシー・ホワイトが『Catch A Fire: The Life Of Bob Marley』で記しているように、レゲエ・スターのボブ・マーリーは、「詩人と称され、西インド諸国のボブ・ディラン、さらにはジャマイカのジョモ・ケニヤッタ(独立したケニア建国の父で初代首相)と讃えられていた」。すると、ボブ・マーリー本人の意思に関係なく、権力と政治的影響力を持つ重要人物となった。1976年の『Rastaman Vibration』ツアーの後、ボブ・マーリーはジャマイカに戻ったが、12月15日の総選挙へとつながるイヴェントの数々に巻き込まれた。
当時のジャマイカ首相、マイケル・マンリーは、言葉巧みにマーリーを言いくるめ、《スマイル・ジャマイカ》という無料コンサート出演に同意させた。文化省がスポンサーを務める同イヴェントは、選挙の10日前に予定されていた。マイケル・マンリー首相は、この“ジャマイカ版ウッドストック”が選挙前のストリートの緊迫状態を和らげるだろうと説得したが、宣伝工作による大きな効果を期待していたことは間違いない。しかし、緊迫状態が和らぐことなどなかった。12 月3日の日没直後、2台の車がボブ・マーリーの自宅(ホープ・ロード56番地)の正面ゲートを通り抜けた。銃を持った複数の男たちが車から降りると、ボブ・マーリーの自宅を襲撃。そこではザ・ウェイラーズがリハーサルをしていた。弾丸はボブ・マーリーの心臓の下の胸骨をかすめると、左腕に命中した。また、弾丸は、リタ・マーリーの頭をかすめたが、彼女は奇跡的に軽症だった。しかし、ボブ・マーリーのマネージャー、ドン・テイラーは下半身に5発の銃弾を受けた(それでも命は取り留めた)。しかしながら《スマイル・ジャマイカ・コンサート》は2日後の12月5日、キングストンのナショナル・ヒーローズ・パークで予定通り開催された。ボブ・マーリーは、まだ腕に弾丸が入ったままの状態で、タフ・ゴングというニックネームにふさわしい気概を見せた。彼とザ・ウェイラーズは勇敢にも、8万人のファンの前で90分にわたるパフォーマンスを披露したのだ。幸い、パフォーマンスは無事に終了した。翌朝、ボブ・マーリーはジャマイカを去ると、1年以上戻ってこなかった。

アメリカで怪我から回復した後、ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズはロンドンに集まり、1977年2月に『Exodus』の制作に取り掛かった。ボブ・マーリーはロンドン市内のさまざまな場所に住んだが、ロンドンではパンクの台頭によって、音楽的・文化的な大変動が起こっている真っ最中だった。前年(1976年)にノッティング・ヒル・カーニヴァルで起こった暴動により、ウエスト・ロンドンのストリートには、不安や混乱が残っていた。ボブ・マーリーとザ・ウェイラーズはウエスト・ロンドンを拠点とし、アイランド・レコードが所有するベイシング・ストリート・スタジオでレコーディングをしていた。また、ボブ・マーリーはハイド・パークでサッカーを楽しみ、リーヴァイ・ルーツをはじめとしたミュージシャンや、フィルムメーカーのドン・レッツ(ザ・クラッシュと関係が深い)らと交流した。

ボブ・マーリーの音楽は、アドレナリンがほとばしる耳障りなパンク・ロックと共通点をほとんど持たないが、それでもボブ・マーリーは、変革すべき規制秩序の一部として社会のアウトサイダー的なパンクの考えをとらえると、彼らに共感した。ザ・クラッシュがファースト・アルバムにジュニア・マーヴィンの「Police And Thieves(邦題:ポリスとコソ泥)」を収録した後、ボブ・マーリーは「Punky Reggae Party」を書いた。ボブ・マーリーとパンク界との繋がりがはっきりと分かる1曲だ。「New wave, new craze (ニューウェイヴ、新たな流行)/ The Jam, the Damned, the Clash(ザ・ジャム、ザ・ダムド、ザ・クラッシュ) / Wailers still be there(ウェイラーズもそこに行く) / Dr. Feelgood too(ドクター・フィルグッドも)」と彼は歌った。同曲は「Jamming」のB面としてリリースされ、イギリスのシングル・チャートで9位を記録。イギリスのパンクとレゲエという、予想外ながらも息の長い同盟関係を形成する上で、ボブ・マーリーが鍵となった重要人物であることが裏付けられている。

ジャマイカで死と隣り合わせの経験をした後、イギリスに住んだことで、ボブ・マーリーの創造性が刺激されたようだ。「銃撃事件の後、銃撃についてはもう考えたくなかった」とボブ・マーリーはサウンズ誌のヴィヴィエン・ゴールドマンに語っている。「気持ちをリラックスさせて、別のことをやりたかった。俺はずっと自分の信じることを支持していく。ジャー(神)こそが俺の強さの源なんだ」。“別のこと”と言っても、実際は過去作とそこまで違いはなかったが、それでもマーリーは新たな自信と切迫感をもってアルバムを作っていた。『Exodus』には二面性がある――文字通り、オリジナルのアナログ盤が2面あるように。A面のボブ・マーリーは、世界の苦悩を解決するために、激しいまでに宗教的で政治色の濃い考えを提供すると、炎と情熱が沸きあがり、沸点へと到達する。「Natural Mystic(邦題:ナチュラル・ミスティック~自然の神秘)」、「So Much Things To Say」、「Guiltiness(邦題:罪)」、「The Heathen(邦題:異教徒)」と、曲を追うごとに救世主的な雰囲気が増していく。A面を締めくくるのは、タイトル・トラックの「Exodus」。7分にわたって、行き場のない魂のための国を求め、新たな精神的祖国へと向かうマーチに召集をかける名曲だ。「We know where we’re goin’(自分たちがどこへ向かうのか知っている) / We know where we’re from (自分たちがどこから来たのかも分かっている)/ We’re leaving Babylon(俺たちはバビロンを去るんだ)」とボブ・マーリーは繰り返されるリフに合わせて、完璧に歌いあげている。

説教が終わると、B面では「Jamming」からパーティが始まる。スティーヴィー・ワンダーは後に同曲にインスパイアされ、ボブ・マーリーに捧げる「Master Blaster (Jammin)」を作った。「Waiting In Vain」は、報われない愛を切々と歌い上げた曲で、普段は見過ごされがちなリリック・ライターとしてのボブ・マーリーのスキルとユーモアのセンスが光っている。「It’s been three years since I’m knocking on your door(君の心を叩きはじめて3年が経った)/And I still can knock some more(まだ諦めずに頑張れるけれど)/ Ooh girl, is it feasible?(ガール、可能性はあるのかな?)」と彼は訴える。楽観主義をシンプルに謳った「Three Little Birds」(「Every little thing gonna be all right.(どんな小さなことも、全て大丈夫)」の後、アルバムを締めくくるのは、ザ・ウェイラーズの1965年のシングルで、信仰、ハーモニー、団結を歌ったインスピレーショナルなメッセージ「One Love」だ。このアルバムでは、同曲にカーティス・メイフィールドの「People Get Ready」を繋ぎ合わせている。

アルバムは、イギリスでメジャー・ヒットとなり、最高8位を記録すると、56週にわたってチャートインした。アメリカでは、プレスやラジオからは熱狂的な支持を受けたものの、アルバムのセールスは最高20位にとどまった。バンドが全米ツアーをキャンセルしていなければ、おそらくアメリカでももっと売れていただろう。ボブ・マーリーは5月にパリでジャーナリストとサッカーしている最中に足の親指を負傷し、全米ツアーのキャンセルを余儀なくされていた。ヨーロッパ・ツアーの終盤、ロンドンのレインボウ・シアター全6公演中2公演も、この怪我が原因でキャンセルされた。この頃、見事な功績を上げていたボブ・マーリーにとって、これだけが唯一のトラブルだった。

David Sinclair

ボブ・マーリー アーティストページ

Bob Marley logo ボブ・マーリー アルバムストーリーに戻る

Bob Marley & The Wailers - Exodus

 

『EXODUS』アニバーサリー・エディション 2017年6月16日発売決定!

Bob Marley & The Wailers - Exodus

『エクソダス40[SHM-CD]』

 btn_store download_jtunes spotify_logo

 

Bob Marley - Exodus

Paris concert ticket from 1977

Bob Marley - Exodus

Bob Marley

 

Bob Marley - Exodus

1976 Jamaican Newspaper

 

 

 

名盤『EXODUS』アニバーサリー・エディション 2017年6月16日発売決定!

 

Bob Marley - Catch A Fire

エクソダス40[SHM-CD]

パンクで揺れる激動のロンドンで録音された後期の重要アルバムにして、アイランド第6作。
1999年にタイム誌により、「20世紀最高の音楽アルバム (the best music album of the 20th century)」に選ばれた本作が40周年を迎える今年6月に3枚組豪華エディションで登場!!
オリジナル・ヴァージョンに加え、長男のジギィ・マーリーがセッション・テープを丹念に精査、これまで使われてこなかったヴォーカルや演奏、聴いたことのない歌詞を含めて再構築した”エクソダス40″をDisc 2に、更には7曲の未発表トラックを含む1977年6月1~4日のロンドン・レインボー・シアターでのエクソダス・ライヴをDisc3に収録。

Buy Now download_jtunes spotify_logo

 
Bob Marley - Catch A Fire

 
 
Exodus[輸入盤][UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤][Gold Vinyl][40th Anniversary Limited Edition] 【アナログ】

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの名盤『EXODUS』のリリースから40年を数える2017年、これを記念したアニバーサリー・エディションが、マーリー・ファミリーの全面協力の下で発売!『エクソダス』オリジナル盤のゴールド・カラー・ディスク仕様の限定盤LP!


 
 
 
575-9153

Exodus 40【輸入盤】【Super Deluxe Edition】 【アナログ】 2017年7月14日発売

タイム誌により「20世紀のベスト・アルバム」と称された1977年発売のBob Marleyの名盤「EXODUS」の40周年記念盤。
BOB MARLEYの息子 ZIGGY MARLEYT が父親に愛を込めて、EXODUS Sessionの貴重な未発表ヴォーカル、未発表演奏パーツ等を発掘し、これを新演奏と組み合わせ再編成し全く新しいEXODUSをつくり上げた。オリジナル盤のリマスター盤にこのZiGGYによる再編成盤が加えられる。
Super Deluxe Edition (4LP + 2Single Set)には3CDと同内容のLPがVinyl Disc3枚に収録 + Punyky Reggae PartyのLP + 7インチ(17センチ)SINGLE 2枚が入った豪華BOX SET!