(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ビートルズ『Let It Be』制作背景と“ゲット・バック・セッション”。スペシャル版発売記念解説その①

Published on

2021年10月15日に発売となり、日本でもデイリーランキング総合1位を獲得して話題となっているザ・ビートルズ(The Beatles)『Let It Be』の発売50年を記念したスペシャル・エディション。最新ミックスや未発表音源、グリン・ジョンズ・ミックスによる『Get Back LP』などが収録されたこの作品についての解説を掲載。その第1弾です。

第1回:制作背景と“ゲット・バック・セッション”
第2回:『Let It Be』の位置づけとは?最後のアルバムなのか?
第3回:最新“ミックス”ディスク1の聞きどころ
第4回:“Get Back – Apple Sessions”の聞きどころ
第5回:“Get Back – Rehearsals and Apple Jams”の聞きどころ
第6回:“Get Back – 1969 Glyn Johns Mix”と“Let It Be EP”の聞きどころ

<関連記事>
ビートルズ『Let It Be』スペシャルエディション発売決定
『Let It Be』はどうやってできたのか:ゲット・バック・セッションと屋上ライヴ

The Beatles’ Let It Be Special Editions are OUT NOW

 

“ゲット・バック・セッション”は何に戻るもの?

“ゲット・バック・セッション”と聞いて、すぐにあれこれ思い浮かべられるファンは、いまなら多いにちがいない。“リアルタイム”世代は、映画『レット・イット・ビー』の元になったセッションと言えばすんなり理解するだろうし、ある程度ほじくったファンは、ポールとジョージの諍(いさか)いを思い浮かべるかもしれない。

ザ・ビートルズがビルの屋上でライヴをやったこと、それがゲット・バック・セッションの最後を飾ったと言えば、ビートルズのことをほとんど知らない(若い世代の)音楽ファンにも伝わるのではないだろうか。

1969年1月に行なわれたゲット・バック・セッションとは、その名のとおり、「戻ること」を目的としたセッションだった。どこに戻るのかというと、「ライヴ活動」を再開することが主目的としてあった。

その背景として、主に次の3点がある。

  ① 1967年にマネージャーのブライアン・エプスタインが他界し、以後はポール・マッカートニー主導でバンド活動を続けてきたこと

  ② ジョン・レノンが特に1968年以降オノ・ヨーコとの活動を重視し、ビートルズの枠組みを取っ払った活動を行なうようになったこと

  ③ 1968年の『The Beatles(通称 White Album)』制作中にリンゴ・スターが一時脱退したこと

マネージャーの死後、グループを率先して引っぱっていったのは間違いなくポールだったが、リーダー的存在のジョンの気持ちがビートルズから徐々に離れつつあったことをポールは肌で感じていた。ライヴ活動再開以前に、バンドとしての結びつきの強さを今一度求める気持ちがポールには強かったのは間違いない。

ビートルズの“ライヴ活動再開”については、1968年の『The Beatles』制作時にすでに動きがあった。1968年12月に広報担当のデレク・テイラーは、こんなふうに語っている。「1969年1月18日にチャリティ・コンサートを開催し、チャリティ・ショーはテレビの特別番組として2回に分けて放送する。番組の前編はリハーサルの模様を流し、後編はコンサートを録画した映像を流す」と。

制作スタッフとして、マイケル・リンゼイ=ホッグと、彼とともに『ロックン・ロール・サーカス』を手掛けたトニー・リッチモンドが撮影監督に、またポールの依頼でグリン・ジョンズがレコーディング・エンジニア(実質的にはサウンド・プロデューサー)に任命された。

セッションの始まり

こうして1969年1月2日、ビートルズの4人は、ロンドンのトゥイッケナム・フィルム・スタジオに集まり、1ヵ月に及ぶゲット・バック・セッションが始まった。

早速、ジョンの「Don’t Let Me Down」やジョンとポールの合作「I’ve Got A Feeling」、ポールの「Two Of Us」、ジョージ・ハリスンの「All Things Must Pass」など、持ち寄った新曲のリハーサルを始めた。だが、やりなれたレコーディング・スタジオとは大きく環境の異なるだだっ広い映画スタジオでは、勝手が大きく違った。しかも、リハーサルの模様までカメラに捉えられているのだ。

それもで1月18日開催予定のコンサート(チュニジアにある3万5000人収容の円形劇場などが候補として出ていた)のためにセッションを続けていったが、セッション3日目の1月6日に、早くもポールとジョージの間で口論が繰り広げられる。映画『レット・イット・ビー』にも登場した、「Two Of Us」を演奏中のギター・フレーズをめぐる場面だ。それ以前のセッションでも、こうした場面は多々あったに違いない。だが、フィルムが回されている中での現場のシビアな状況が捉えられてはメンバーもたまったものじゃない。

そして1月10日。昼食後のセッション再開時に「バンドを去ることにした」とジョージがジョンに伝えたのだ。ジョージの脱退は、その後の動きに大きな影響を及ぼした。1月15日の打ち合わせ後、ジョージは次のような復帰の条件を出した。

  ① トゥイッケナム・スタジオでの撮影を中止すること

  ② ライヴ・ショーは(さらに)延期し、代わりに観客なし・予告なしで開催すること

  ③ テレビ番組用に用意していた曲に新曲を加えたアルバム制作をアップル・ビルの新しいスタジオで行なうこと

他のメンバーはジョージに同意し、1月20日にアップル・スタジオに再び4人で顔を合わせてセッションを続けることが決まった。

自分たちの“ホームタウン”でのセッションは、前半のトゥイッケナム・フィルム・スタジオでのセッションとは雰囲気も大きく異なり、アルバムと映画制作に向けて本気のセッションへと徐々に変わっていった。何より、ジョージの勧めで新たに加わったビリー・プレストンの参加が、セッションの流れを変える大きなきっかけとなった。

 

最後のライヴ“ルーフトップ・コンサート”

そしてまさに大団円となる、結果的にビートルズの“ラスト・ライヴ”ともなった屋上での演奏、ルーフトップ・コンサートが1月30日に行なわれた。このセッションは、観客はほぼ関係者だけになったものの、いわば公開ライヴ・レコーディングでもあった。

ビートルズの“ラスト・ライヴ”は、「オーディションに受かるかな?」というジョンの有名な一言で終了。映画『レット・イット・ビー』のハイライトを飾る印象深い場面として、多くのファンの目に焼き付く、最後の名演となった。

The Beatles – Don't Let Me Down

ゲット・バック・セッションは、翌1月31日に終了。残された音源はグリン・ジョンズに託され、紆余曲折を経て最終的に『Let It Be』として完成した。



ザ・ビートルズ『Let It Be』(スペシャル・エディション)
2021年10月15日発売
5CD+1Blu-ray / 2CD / 1CD / 4LP+EP / 1LP / 1LPピクチャーディスク


最新ドキュメンタリー
『ザ・ビートルズ:Get Back』

11月25日(木)・26日(金)・27日(土)ディズニープラスにて全3話連続見放題で独占配信

監督:ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、『彼らは生きていた』)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの3日連続6時間の時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ディスニープラスで独占配信。巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)”を掲げて集まった4人が名盤『Let It Be』に収録される名曲の数々を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の“ルーフトップ・コンサート”が史上初ノーカット完全版として甦る。解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

「ザ・ビートルズ:Get Back」|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

映画公式書籍
『ザ・ビートルズ:Get Back』(日本語版)


価格:¥ 8,800 (本体 8,000+税)
発売日:2021年10月12日発売予定  ページ数:240ページ
サイズ:B4変型判(302mm x 254mm) ハードカヴァー仕様(上製本)
ISBN:978-4-401-65036-1
発売:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
購入はこちら




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss