(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

reDiscover:メガデス『So Far, So Good…So What!』

Published on

80年代が終わりに差し掛かり、有害なヘアースプレーと白い粉の靄、そして黒いレザーの中から90年代が出現すると、北米で起きたヘヴィ・メタル界の爆発は見直されようとしていた。スラッシュ・メタル現象が世界規模のメタル・コミュニティを魅了し、メインストリーム・シーンに不意打ち攻撃をしかけようとしていた。

デビュー・アルバム『Killing Is my Business…And Business Is Good!』と絶賛された2作目『Peace Sells…But Who’s Buying?』のリリース後、メガデスのキャリアは順調に進んでいるかのように見えた。しかし、実際には事実とまるでかけ離れていた。


ドラッグとメディアからの不当な扱いがつのりバンドの原動力である創立者のデイヴ・ムステインは破壊された。1983年のメタリカ脱退は彼の心に重くのしかかっており、バンドの過去の成功を超えるように極めて重要な3作目を制作することを固く決心していた。しかし、メンバー・チェンジもメガデスに大きな影響を与えた。『So Far, So Good…So What!』では後に続く様々な新しいメンバーを迎えた最初の作品となり、ギタリストのクリス・ポーランドとドラマーのガル・サミュエルソンは、ジェフ・ヤングと元ドラム・テクニシャンのチャック・ビーラーと入れ替えられた。

Megadeth-1988-compressor

二度目の生まれ変わりを迎えたメガデスは、ニューヨーク州のウッドストック・スタジオにて『Peace Sells…But Who’s Buying?』でも参加した共同プロデューサーのポール・レイニと共にレコーディングを行った。しかし後にポール・レイニとデイヴ・ムステインの間の緊張が高まり、マイケル・ワーグナー(アリス・クーパー、オジー・オズボーン)が役割を引き継ぎ、レコーディングもロサンゼルスのミュージック・グラインダー・スタジオにて行われることになった。

Dave-Mustaine-1988-compressor

厄介なスタートであったにも関わらず、『So Far, So Good…So What!』はバンドの最も興味深く、そして最も辛辣な歌詞のアルバムとなった。適切なタイトルが付けられたオープニング・トラック「Into The Lungs Of Hell」は全体の雰囲気を決定づけている。高いエネルギー、アップテンポ、多くの三全音のキー変化、複雑なギター・ソロ、そしてムデイヴ・ムステインのなりふり構わないパフォーマンス。このダークでパワフルなイントロは、元々「Megadeth」と付けられたが後に「Set The World On Fire」へと名前が変更になった曲へとつながった。これはデイヴ・ムステインがメタリカを脱退してから初めて書いた曲である。プロダクションではリバーブが多く使われ、時には空洞のようなサウンドになっており、デイヴ・ムステインの有毒なヴォーカルが勢い良く発せられ、人類を滅ぼす世界滅亡後の核戦争について歌う。

そして続くのはセックス・ピストルズの傑作「Anarchy In The UK」の驚きのカヴァーで、フィーチャリングされているセックス・ピストルズのオリジナル・ギタリストのスティーヴ・ジョーンズは、テンションが高くきしむような演奏でベンド奏法を披露している。レコーディング・セッションに到着したスティーヴ・ジョーンズについての有名な話をデイヴ・ムステインはする。彼は演奏のお礼として100ドルと性的行為を要求したそうだ。その要求は断られた。「俺たちからそんなもんを求めるなら100ドルじゃ足りないよ。1000ドルと電話帳を渡すから、自分でどこかで見つけてきな」とデイヴ・ムステインは答えたそうだ。

アルバムには混乱が織り交ぜられており、曲作りと構成は並外れたレベルの高さで、「Mary Jane」は今でもアルバムのハイライト・ソングとなっている。何年もの間一般的に言われてきた説に反して、曲のリリックは(マリファナではなく)魔術に魅了された若い女の子をテーマとしている。パンクのようなリフと予測できないキーの変化のお陰で、なんの警告もなく怒鳴るエネルギッシュな「502」は最初から破壊の痕跡を残す(曲のタイトルは、アメリカ警察の飲酒運転に関する交通条例の数字である)。

30年を超えるメガデスの歴史の中で最も成功を収めたトラック「In My Darkest Hour」は、立派なオープニングで始まり、勢いのある脳をハッキングするようなリフへと続く。元メタリカのバンドメイトであったクリフ・バートンがバス事故で亡くなった日にデイヴ・ムステインが書いた曲で、今でもヘヴィ・メタル傑作として存在し、フロントマンの最もディープで個人的な曲でもある。

「トラブルを巻き起こせ、痛みを広げろ、血管内に尿と毒を流し込め…」デイヴ・ムステインの「Liar」でのヴォーカルは命令のように説得力があり、その未加工のプロダクションはデイヴ・ムステインの怒りを増大させる。最終トラック「Hook In Mouth」では、物議を醸したティッパー・ゴアとPMRC(ペアレンツ・ミュージック・リソース・センター)率いる80年代の検問運動について歌っている。実際の社会問題について示唆に富むテーマを取り上げるところはメガデスの才能の一例である。

繊細な均衡の軸に立つバンドを記録したアルバムであり、破壊的な結果を迎えそうだったが何とか生き延びた『So Far, So Good…So What!』は、誇りあるメタル・ファンなら聴くことは不可欠である。

– Oran O’Beirne

Megadeth-1988-promo-compressor


★2017年来日公演全3日間のセットリストをプレイリストで公開中!


  • 『So Far, So Good…So What!』をデジタルDL : iTunes
  • 『So Far, So Good…So What!』を試聴:Spotify
Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss