サム・スミスの驚くほど成功したデビュー・アルバム『In The Lonely Hour』

1月 24, 2019


サム・スミスの驚くほど成功したデビュー・アルバム『In The Lonely Hour』

アデルの王座を我こそが手に入れるべきだ、と主張できる男性ヴォーカリストがいるとしたら、サム・スミスはその候補者となることは間違いない。

彼のデビュー・アルバム『In The Lonely Hour』は2014年5月に発売され、優しい話し方をするイギリス人シンガー・ソングライターは世界的メガ・スターとなった。サム・スミスはディスクロージャーの2012年のシングル「Latch」にゲスト参加して最初の注目を集め、同じくゲスト参加したノーティ・ボーイのシングル「La La La」は2013年5月にUKチャートのトップを飾ることになり、サム・スミスを代表する最初の曲となった。その後に初のソロ・シングル「Lay Me Down」が発売されたが、残念ながらUKトップ40に登場することはなかった。それでもこの曲は時間と共に、10曲収録されたデビュー・アルバムのハイライト・ソングとなる。

デビュー・アルバム『In The Lonely Hour』は、2014年度イギリスで最も売り上げ数が多かった2番目のアルバムとなり、アメリカでは3番目の売り上げ数を記録し。3枚目のシングル「Stay With Me」はUKチャートのトップを飾り、アメリカでは2位にランクインされた。サム・スミスの成功の秘密は、アデルと似ているといえる。パフォーマーの人格が溢れ出てくる素晴らしいヴォーカル、そしてその声で歌われるインパクトのある曲がそれだ。セカンド・シングル「Money On My Mind」は特徴のあるダンス調のサビを中心とし、アルバムの真のブレイクスルーとなったヒット曲で、サム・スミスの繊細な男らしさが活かされている。優しいバラード「Stay With Me」はサム・スミスにとっての最高のパフォーマンスを披露した世界的ヒットとなり、アメリカの影響力のあるアダルト・コンテンポラリー・ラジオ局でもオンエアされるようになった。

サム・スミスが見せた無防備な脆さにリスナーたちは共感し、アルバムの一部がサム・スミス自身の傷付いた心から作られたことがわかると更に心をグッとつかんだ。2010年代は自由な時代ということもあり、サム・スミスのセクシャリティが作品に対して悪い評判を呼ぶことはなく、愛することや失うことをテーマにしたアルバムはジャンルや世代を超えて受け入れられた。2014年のMOBOアワードでは最優秀アルバムを受賞。その他にも「Stay With Me」で最優秀男性ヴォーカリスト、最優秀R&B・ソウル・アクト、最優秀曲を受賞した。続くグラミー賞では6部門にノミネートされ、4部門を受賞した。そのひとつは「Stay With Me」で獲得した主要部門である年間最優秀楽曲だった。更には、イギリスではアルバムが100万枚の売り上げを突破し、数週間後の2015年2月に開催されたブリット・アワードでもその栄光は続いた。

後に発売された『In The Lonely Hour』のリイシュー盤(タイトルは『Drowning Shadows Edition』)には13曲が収録され、その中にはジョン・レジェンド、エイサップ・ロッキー、そしてサム・スミスのヒーローであるメアリー・J.ブライジとのデュエットが含まれている。R&Bディーヴァたちは確実にサム・スミスの音楽的方向性を定め、女性ヴォーカリストの力強いパフォーマンスで知られる楽曲をまったく躊躇うことなく歌った。エイミー・ワインハウスの傑作「Love Is A Losing Game」のカヴァー、そしてホイットニー・ヒューストンの「How Will I Know」のテンポを下げたカヴァーもまたリイシュー盤の際立つトラックとなっている。

Sam Smith Writing's On The Wall Single Artwork - 300

驚くほど成功したデビュー作品から今日までにサム・スミスはもう1曲ディスクロージャーとのデュエットをリリースし、ジェームズ・ボンドのテーマ・ソングを手掛けた。その楽曲「Writing’s On The Wall」は2015年9月にイギリスのシングル・チャートのトップを飾った初の007ソングとなった。

優れたエンターテイナーがすべてそうであるように、サム・スミスもタイミングの影響力を理解している。過度な露出を避けてきたが、それでもサム・スミスは不思議と何処にでも存在し続けている。彼の曲は今でもラジオで良く流れるが、市場に作品を出し過ぎないように気を配っている。特別な作品となった前作では心を開いたが、次作に関してはきっと我々は推測をし続けることになるだろう。

Written By Mark Elliott



Sam Smith In The Lonely Hour Album Cover With Logo - 530

サム・スミス『In The Lonely Hour』

btn_store_link spotify_logo_link download_jtunes_link applemusic_1711_800_link


UICC-10034

サム・スミス『The Thrill of It All』

linkfire-order-now

 

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です