クイーン、初のウェンブリー公演

5月 11, 2017


クイーン、初のウェンブリー公演

クイーンは1978年の春、6枚目のアルバム『News Of The World(邦題:世界に捧ぐ)』を引っ提げてヨーロッパ・ツアーを行った。そうしてロンドンに戻ってきた彼らは、またひとつ歴史を作ることになる。それ以前に彼らがロンドンで公演を行ったのは1977年6月のアールズ・コートでの2夜が最後だった。だが39年前の5月11日、彼らは初めてウェンブリー・アリーナ(*当時はエンパイアプール)の舞台に立った。

シングル「We Are The Champions (邦題:伝説のチャンピオン)」がアメリカでプラチナ・ディスクとなった数週間後の5月11日、クイーンによる同会場での3夜連続公演の初日が行われた。その年を最後に会場はエンパイア・プールから名前を変えることになった。

Queen

その年の2月、クイーンは1974年のチャート・イン以来、全英チャートで最低の順位を経験した。『News Of The World』に収録されたジョン・ディーコン作の「Spread Your Wings(邦題:永遠の翼)」が全英34位に留まったほか、アメリカのみのリリースとなった同作収録の「It’s Late」のシングル・ヴァージョンも74位に入るのがやっとだった。

それでも彼らは同じアルバムで間違いなく英国のアリーナを沸かせる名曲を生み出していた。その両A面シングルは時代を代表するパワフルな2曲だった。ロック史に燦然と輝く「We Are The Champions」と「We Will Rock You」は1977年の後半にひとつの7インチ・シングルとして発表され、全英2位の大ヒットとなった。会場を盛り上げるには十分な同2曲が新しいセット・リストの核となったことは言うまでもない。

1978年4月、世界的評価をさらに高めていたクイーンは、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランス、スイス、オーストリアを回るヨーロッパ・ツアーに出た。イギリスに戻った彼らは、ロンドン中を席巻する一夜を前にスタッフォードのビングリー・ホールで5月6日、7日の2夜に亘り公演を行った。

Queen Wembley 78

「We Will Rock You」でウェンブリー・アリーナのステージをスタートさせた4人は、「Somebody To Love(邦題:愛にすべてを)」、「Killer Queen」、「Good Old Fashioned Lover Boy(邦題:懐かしのラヴァー・ボーイ)」、「Now I’m Here」、「Bohemian Rhapsody」といったそれまでのヒット曲のほか、「Millionaire Waltz」や「White Man」など人気のアルバム曲も織り交ぜ2時間の演奏で観客を魅了した。

セットを一旦ノリの良い「Tie Your Mother Down」で締めくくったかと思うと、アンコールでは「We Will Rock You」のリプライズから「We Are The Champions」や「Jailhouse Rock」のカヴァーを披露した。まさに“チャンピオン”である。

Written by Paul Sexton


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , ,

1 comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です