(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・フーが大きな一歩を踏み出した『The Who Sell Out』

Published on

1968年初頭、ザ・フーはブリティッシュ・ポップ・カルチャーの代表格のひとつとして3年を経ていたわけだが、ライヴ・バンドとしての評判とピート・タウンゼントのソングライターとしての成長によって、彼らはヒット・チャートの人気者の枠を超え、後に続く作品群で見られる壮大なコンセプトを意識するようになっていた。1968年1月13日、その意味で大きな一歩を踏み出した彼らのサード・アルバム『The Who Sell Out』が、イギリスでチャートインを果たした。

このアルバムは、コマーシャリズムに対するピート・タウンゼントの意見表明、そして彼とバンドを商品として徹底的に遊んでみせる場として作られたものだった。なるほど彼らは楽しんでいたようだ。そのあたりは消臭剤を手にしたピート・タウンゼントと、イギリスで朝食でよく食べられる缶詰、ベークドビーンズで満たした浴槽に浸かるロジャー・ダルトリーのポートレートを配した大胆なアルバム・ジャケットでも明らかだ。アルバムには架空のコマーシャル、3曲のジョン・エントウィッスルの作品(いずれも彼自身のリード・ヴォーカル)、そしてオープニングの、サンダークラップ・ニューマンのジョン・”スピーディー”・キーン作になる「Armenia City In The Sky」などが収められている。ちなみにジョン・キーンの作品中最も有名な楽曲はイギリスで1位を記録した「Something In The Air(邦題:革命ロック)」はピート・タウンゼントがプロデュースした作品だ。

who sellout back

アルバムにはメジャー・ヒットを記録したシングルも収められている。アルバムに先行して1967年秋にリリースされイギリスで10位を記録した、サイケデリックな「I Can See For Miles(邦題:恋のマジック・アイ)」だ。しかし、この曲がもっとヒットするだろうと期待していたピート・タウンゼントは、1位にならなかったことに大きなショックを受けた。「俺に言わせれば、これこそザ・フーって感じの曲だ。そしてそれが売れなかった。イギリスにいるレコードを買う連中はクソだね」。しかしそうは言っても、この「I Can See For Miles」は全米シングル・チャートの9位にランクインしており、ザ・フーがアメリカでトップ10に食い込んだ唯一の曲でもあるのだ。

Who poster

『The Who Sell Out』のイギリスでの最高位は13位で、トップ5を記録した彼らの前2作のアルバムと比較するとはるかに低く、アメリカでは48位止まりだった。しかしまもなく彼らが提示するビッグなアイデアの先駆けとして、リリースしたに値する見逃せない重要作品である。

Written by Paul Sexton



UIGY-9594

ザ・フー『The Who Sell Out』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic_1711_800

 

 

uDiscoverのザ・フー・ベスト・オブ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

3 Comments

3 Comments

  1. Pingback: One Night In Leeds With The Who - uDiscover

  2. Pingback: ロジャー・ダルトリー魂を宿した最新作『As Long As I Have You』

  3. Pingback: ザ・フーのロジャー・ダルトリーが10月18日に出版する自伝の表紙を公開

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss