(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

非凡なるフランク・ザッパ:「俺が曲を作るのは、それがどういう音になるのか知りたいからだ」

Published on

Frank Zappa photo: The Zappa Vault

一匹狼の個性派でありながら、ロックのメインストリームに足跡を残すアーティストというのはなかなかいない。今回取り上げるのは、まさしく唯一無二の個性派である。

フランク・ザッパは、1993年12月4日、家族に看取られながらこの世を去った。その2年前に前立腺癌と診断されていたザッパは、亡くなった時はまだ52歳という若さだった。本人が喜びそうなたわいもない表現を使いながら、遺族は次のように発表した。

「作曲家フランク・ザッパは、土曜日の午後6時前に最後のツアーに出発しました」

<関連記事>
フランク・ザッパが残した15の名言:時代を超越したウィットと洞察力
フランク・ザッパの意外なエピソード10選
60年代のフランク・ザッパ:サイケ風の皮肉屋が残した作品たち
フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』日本公開、サントラも発売
フランク・ザッパはチェコの文化特使だった

ザッパは根っからの型破りな人間であり、無類の風刺家だったが、その一方で自らの音楽活動に非常に真剣に取り組み、膨大な音源を残している。

彼は1940年12月21日にボルチモアで生まれ、ロサンゼルスを拠点として活動し、マルチ・インストゥルメンタリスト、作曲家、プロデューサー、バンドのフロントマンといったさまざまな顔を持っていた。そうして1960年代後期の実験的なロックというカウンター・カルチャーの世界で頭角を現し、世間一般ではおそらくその時代の活動が最も印象的なものとして知られている。

しかし彼の影響はジャズ、クラシック、電子音楽の世界にも及んでいる。そして、どのジャンルでも、彼は音楽的な実験を好んで行なっていた。

そのようにさまざまな方面の音楽に好奇心を抱いていたザッパは、実は1950年代のR&Bやブルースからも影響を受けていた。高校時代には同じくR&Bやブルースのファンだったドン・ヴァン・ヴリートと仲良くなり、ふたりの友達付き合いはその後も長く続いた(ドンは後にキャプテン・ビーフハートとしてアングラ・ロックの世界でやはり名声を得ることになる)。

そうして当時流行っていたロックンロールに浸り、独学でギターを学んだことが、マザーズ・オブ・インヴェンションの結成につながった。1966年のデビュー・アルバム『Freak Out!』は、半世紀も過ぎた現在でも常識外れの驚くべきサウンドに感じられる。発表当時、このアルバムはまるで宇宙から訪れたかのようなサウンドに聞こえていた。

「時代を先取りしている」というのは使い古された陳腐な表現だが、それでもなお、この言葉はザッパの作品のほとんどに当てはまる。デビュー・アルバムは全米チャートで最高130位にとどまったが、後にグラミー賞の殿堂入りを果たしている。レコードをたくさん売ることは彼の一番の目的ではなかっただろうが、作品が発表されていくにつれ、ゴールド・アルバムに認定されるものも出てきた。その例としては、『Over-nite Sensation』や『Apostrophe (‘) 』が挙げられる。

彼の創作活動を表面的な言い方で一言にまとめるのは愚かなことであるし、いずれにせよ、それは不可能である。とはいえ、ザッパの作品を初めて聞くという場合、その最初の入口は人によって千差万別だ。

先に挙げた初期のアルバムからという人もいるだろうし、1970年代後期に怒涛のように発表されたアルバムからという人もいるだろう。たとえば1979年1年だけで、彼は『Sheik Yerbouti』とLP3枚に及んだロック・オペラ『Joe’s Garage』を発表している。また晩年には、クラシックのオーケストラを起用したアルバムもあった。最後まで多作だった彼は、わずか14年のあいだに34枚ものアルバムを全米アルバム・チャートに送り込んでいた。ザッパは1969年、インターナショナル・タイムズ誌で次のように語っている。

「俺が曲を作るのは、それがどういう音になるのか知りたいからだ。時には、五線譜の上に曲を書いても、それが演奏されたときにどうなるのかほとんどわからないこともある。まるで見当もつかないんだ。こちらとしては、実際に聴くまで知りたくない。なぜなら、自分が何をやっているのか忘れる前に、できるだけ早く譜面に書き留めておきたいから。だから、完成したときにほかの人と同じように驚いてしまうこともあるってわけだ」

Written By Paul Sexton



『ZAPPA (Original Motion Picture Soundtrack)』(3CD)
輸入盤/デジタル:2020年11月27日発売
日本国内盤:2022年4月20日発売
国内盤CD / LP/ iTunes Store / Apple Music / Amazon Music
<日本盤のみ>解説付/歌詞対訳付SHM-CD仕様


フランク・ザッパ『ZAPPA/ERIE』(6CD)

2022年6月17日発売
国内盤CD / iTunes Store / Apple Music


映画情報

ZAPPA
2022422()日本劇場公開

公式サイト

監督:アレックス・ウィンター|出演:ブルース・ビックフォード、パメラ・デ・バレス、バンク・ガードナー、デヴィッド・ハリントン、マイク・ケネリー、スコット・チュニス、ジョー・トラヴァース、イアン・アンダーウッド、ルース・アンダーウッド、スティーヴ・ヴァイ、レイ・ホワイト、ゲイル・ザッパ
キングレコード提供|ビーズインターナショナル配給
シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて

2020年|アメリカ映画|129分|原題:ZAPPA

『ZAPPA』予告編


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss