(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

リンゴ・スター新EPからMVを公開。里子たちの創作活動を支援する団体とコラボ

Published on

Ringo Starr photo: RB/Bauer-Griffin/GC Images

リンゴ・スター(Ringo Starr)が、非営利団体“Kids In The Spotlight”とコラボレーションした新たなミュージック・ビデオ「Let’s Change The World」を公開した。

この曲は、2021年9月24日にリリースされたリンゴ・スターのEP『Change The World』からのリード曲で、作曲は、TOTOのジョセフ・ウィリアムズと同ビデオにも登場するスティーヴ・ルカサーが手掛け、バック・ヴォーカルには、エイミー・キーズ、ゼルマ・デイヴィス、ビリー・ヴァレンタイン、ダリル・フィネシーが参加している。

<関連記事>
リンゴが語る、最新EPや故チャーリー・ワッツとの想い出
リンゴ・スター、4曲入り新EP『Change The World』を9月に発売決定

Ringo Starr – Let’s Change The World

“Kids In The Spotlight”は、児童養護施設や里親の元で暮らす若者たちが、自ら短編映画の脚本、キャスティング、主演を務め、映画を通して自分たちの物語を語るためのプラットフォームを提供している非営利団体で、こうした経験が、彼らの心を癒し、雇用の機会を得るための基盤を築いていくことを目指し活動している。リンゴ・スターズは同ビデオについて次のように述べている。

「私は、‘Let’s Change The World!’ のビデオを子供たちと一緒に作りたいと思いました。なぜなら彼らは私たちの未来であり、これは彼らのための曲だからです。彼らにはきれいな水と新鮮な空気が必要です。私たちは、子供たちのために、この地球をより良い状態で残すべきだと思っていますが、現在はそれができていません。この世界の半分は炎に包まれ、残りの半分は海の中に沈みつつあります。私たちは変わらなければなりませんし、変わることができると信じています。平和と愛を込めて。リンゴ」

今回のビデオ制作に参加する機会を得た若者たちは、リンゴ・スターとのZoomミーティングを通して、巨大なスクリーンに映像を映し出したり、消防士に扮して火を消したり、スモークマシンを使ったりといった様々なアイデアを出し合い、地球温暖化の影響に対する権利を受け入れるためのアンセムになる得る、このビデオのコンセプトについて話し合った。

ロサンゼルスのビバリーヒルズ・パークにあるリンゴ・スターの平和祈念像とグレンデールのスタンダード・ビジョン・スタジオで行われた撮影では、子供たちが、監督、照明、振り付け、写真撮影など、制作を影で支えるありとあらゆる裏方の役割を担った。

「一生の思い出になるでしょう」

Kids In The Spotlightのエグゼクティブ・ディレクターであるタイジ・チャリティは、こう述べている

「Kids In The Spotlightがリンゴ・スターと協力して取り組んだ、‘Let’s Change The World’のミュージック・ビデオの制作は、私たちの組織が年間を通して、里親のもとにいる若者たちに提供しようと努めている機会の完璧な例です。リンゴ・スターのポジティブなメッセージを映画と音楽で表現するという経験は、若者たちにとって一生の思い出になるでしょう」

撮影の準備や実際の撮影時には、多くの若者たちが舞台装置や衣装のアイデアを出し合った。その中の一人、サンティアゴ・チャベスは、将来有望な監督アシスタントで、撮影初日に同ビデオの監督であるDavid Mahmoudiehを裏方として支えた。もう一人の若者、ロドニー・ジャクソン・ブラウンは、脚本家や俳優を目指しており、ビデオのコンセプト作りに協力しつつ、2日間にわたって撮影が行われたこのビデオに出演を果たした。彼は、同じくDavid Mahmoudiehが監督した『Bully』という作品で脚本を手掛け、Kids In The Spotlightが主催する全米の里子を対象にした脚本コンテストで優勝している。

今回のビデオ監督のDavid Mahmoudiehは、次のようにコメントしている。

「私は6年前からKids In The Spotlightの里子たちと仕事をしていて、彼らの多くが、俳優、脚本家、そして監督の卵として成長していく姿を見てきました。KITSは、里親の元での経験やこれまでの人生における経験を、彼らのアイデンティティを表現するための映画作品に反映させることができる、真の変革をもたらすプラットフォームを彼らに提供しています。子供たちは皆、それぞれの物語を持っていて、KITSは彼らを語り部へと育成しています」

「私は、このプログラムに参加している子供たちのユニークな意見にはいつも驚かされていますが、彼らと協力して制作したこの‘Let’s Change The World’のミュージック・ビデオによって、彼らが、その語り部としてのスキルをまったく新しいプラットフォームに応用する能力があることを証明することができました。KITSの宣誓の一つに“私は偉大なことができる、なぜなら私は偉大なことをするために創られたのだから”というものがあります。リンゴと彼の歌が持つポジティブなメッセージに、彼らはまさにそれを実現するための完璧なパートナーを見出したのです」

最後にリンゴ・スターは、子供たちにこう感謝を伝えた。

「この子たちと一緒に仕事できてとても楽しかったです。どんどんアイデアを持ち込んでくれるのが嬉しかったですし、お陰ですごくいい作品が出来上がったと思っています。平和と愛に溢れ、全力を出し尽くしてくれた一人一人に感謝したいです」

Written By Paul Sexton



リンゴ・スター『Change The World』
2021年9月24日発売
CD&Analog / iTunes / Apple Music / Amazon Music
日本盤のみ:解説・歌詞対訳付/SHM-CD仕様

  1. Let’s Change The World
  2. Just That Way
  3. Coming Undone
  4. Rock Around The Clock

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss