(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

リンゴ・スター、新作EP『Zoom In』からポールやジョー・ウォルシュが参加した先行シングルのMV公開

Published on

Photo: Courtesy of UMe/YouTube

リンゴ・スター(Ringo Starr)が2021年3月19日に発売する新作EP『Zoom In』から先行シングル「Here’s to the Nights」のミュージック・ビデオを公開した。

このビデオには、ザ・ビートルズのバンドメイトであるポール・マッカートニー、長年のコラボレーターであるジョー・ウォルシュを筆頭に、フィニアス。シェリル・クロウ、クリス・ステイプルトン、レニー・クラヴィッツ、ベン・ハーパー、デイヴ・グロール、ジェニー・ルイス。コリーヌ・ベイリー・レイ、エリック・バートン、ヨーラらが参加している。

<関連記事>
連載一覧:“マッカートニー・シリーズ”とは?
リンゴが、ビートルズの新ドキュメンタリー映画『Get Back』について語る

Ringo Starr – Here's To The Nights (Official Video)

「Here’s to the Nights」は名ソングライター、ダイアン・ウォーレンが作曲し、TOTOのスティーブ・ルカサー(ギター)、ハートブレイカーズのベンモント・テンチ(ピアノ)、ブルース・シュガー(シンセギター)、ネイサン・イースト(ベース)、チャーリー・ビシャラット(ヴァイオリン)、ジェイコブ・ブラウン(チェロ)といった有名なミュージシャンたちが演奏を担当している。

2021年3月21日に発売されるEP『Zoom In』は、ロックダウン中にリンゴの自宅スタジオでリモート録音されたもので、Jeff Zobarをはじめとする様々なソングライターやプロデューサーとのコラボレーションが実現。収録曲「Zoom In, Zoom Out」には、ザ・ドアーズのロビー・クリーガーがギターで参加している。

他にも、ケイティ・ペリーやウィーザーを手掛けるプロデューサーのサム・ホランダーが作詞・プロデュースした「Teach Me To Tango」や、リンゴがレゲエのパイオニアであるトニー・チンとエンジニアのブルース・シュガーと共同で書いた「Waiting for the Tide to Turn」などが収録され、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドの長年のメンバーであるスティーブ・ルカサーとTOTOのバンドメイトであるジョセフ・ウィリアムスが書いた「Not Enough Love In the World」がこのEPを締めくくっている。

また、リンゴは12月18日に自身のSNSでファンへの年末のメッセージと『Zoom In』の舞台裏の映像を公開し、その中で彼は、「ツアーで出会うはずだったみんなと会えなくて寂しかったんだと言いたかったんだ」と語っている。

プレスリリースの中で、リンゴは2020年内に先行シングル「Here’s to the Nights」をリリースすることの重要性についても下記のように語っている。

「大変だった今年を終えるにはビッタリの曲なので、新しい年に間に合うように出したかったんです。だから覚えていない夜や忘れない友達に乾杯。そして2021年も皆さんがピース&ラヴになることを祈っています」

Written By Sophie Smith


Ringo Starr - Zoom In
リンゴ・スター『Zoom In』
2021年3月19日発売
CD&Analog / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music
日本盤のみ:解説・歌詞対訳付/SHM-CD仕様

<収録曲>
1. Zoom in, Zoom Out
2. Here’s to the Nights
3. Waiting for the Tide to Turn
4. Not Enough Love in the World
5. Teach Me to Tango

RINGO STARR, ZOOM IN Credits
Produced by: Ringo Starr
Co-Produced, Recorded and Mixed by: Bruce Sugar
Recorded at: Roccabella West Beverly Hills, CA.
Mastered by: Chris Bellman at Bernie Grundman Mastering

Zoom in Zoom Out
Ringo Starr : Drums percussion and vocals
Robby Krieger: Guitar
Jeff Silbar: Bass, Guitar
Benmont Tench: Piano, Organ
Amy Keys BGV
Windy Wagner BGV

Here’s to the Nights
Ringo Starr: Drums and Vocals
Steve Lukather: Guitar
Nathan East: Bass
Benmont Tench: Piano
Bruce Sugar: Synth Guitar
Jim Cox: String Arrangement and Synth Strings
Charlie Bisharat: Violin
Jacob Braun: Cello
Guest Vocals: Paul McCartney, Joe Walsh, Ben Harper, Dave Grohl, Sheryl Crow, Chris Stapleton, Steve Lukather, Jenny Lewis, Lenny Kravitz, Corinne Bailey Rae, Eric Burton, Yola, and FINNEAS.

Waiting For The Tide To Turn
Ringo Starr: Drums and Vocals
Nathan East: Bass
Bruce Sugar: Keyboards
Tony Chen: Guitar
Ed Roth: Hammond B3
Zelma Davis: BGV

Not Enough Love in the World
Ringo Starr: Drums,Percussion, vocals
Steve Lukather: Guitars BGV
Joseph Williams: Keyboards, BGV
Arrangement by Joseph Williams

Teach Me To Tango
Ringo Starr – Percussion, Vocals, 1 drum fill
Grant Michaels – Keyboards
Josh Edmondson- Guitar
Sean Gould – Guitar
Kavah Rastegar – Bass
Candace Devine – BGV
Zelma Davis – BGV
Charity Daw – BGV
James King – Horns
Blair Scinta – Drums
Hal Rosenfeld – Percussion
Sam Hollander – BGV
Produced by Sam Hollander
Co Produced by Grant Michaels
Mixed by Chris Dugan




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss