(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

リンゴ・スター、バークリー音楽大学から名誉学位を授与される

Published on

Ringo Starr Masterclass - Photo: PhBradley Kanaris/Getty Images

2022年6月2日、リンゴ・スター(Ringo Starr)が、バークリー音楽大学から名誉学位を授与された。

同校は当初、今年5月に開催した卒業式で、リンゴ・スターに名誉音楽学博士号を授与すること発表していたが、都合により本人が出席できなかったため、代わりに事前収録した卒業生へのビデオ・メッセージが上映された。このビデオの中でリンゴ・スターは、自宅のドラムを叩きながら、お馴染みの“平和と愛(Peace and Love)”の挨拶で2022年度の卒業生を祝福し、次のように語っていた。

「私はついに博士になりました。大学には行きませんでしたが、音楽を作る経験はたくさんしてきたので、私は私なりにこれを成し遂げたのだと思います」

<関連記事>
リンゴ・スターの最新EPから「Rock Around the Clock」MV公開
リンゴ・スターが100人以上のドラマーと「Come Together」を演奏

Ringo Starr Receives Honorary Doctorate from Berklee College of Music

そして6月2日、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドのボストン公演にあわせて、バークリー音楽大学は、彼の音楽シーンへの貢献と功績を称える特別セレモニーを開催。同式典では、学生たちがリンゴ・スターのヒット曲の数々をアレンジして披露した他、オールスター・バンドのドラマーであるグレッグ・ビソネットと、バークリー音楽大学のエリカ・ミュール学長が祝辞を述べた。

その他のリンゴ・スター関連のニュースとして、先日、彼は「The Ringo Starr NFT Collection-The Creative Mind of a Beatle」と名付けたNFTアート・コレクションを、今月開催されるオンライン・オークションで販売することを発表した。ザ・ビートルズのメンバーによるNFTコレクションはこれが初となる。

6月13日に開催される“ジュリアンズ・オークション”のイベントには、リンゴ・スターが描いた絵がアニメーション化された非代替性トークンや、彼が演奏・録音した“カスタムメイドのドラム楽曲”などが出品され、ファンによって入札が行われる予定だ。

また、各NFTアイテムの購入者には、25インチ(63.5cm)四方のリンゴ・スターによるサイン入りキャンバスプリントの他、オークション終了後に、spatial.io がオンライン、VR、モバイル向けに制作した、彼のデジタル・アート・ギャラリー体験“リンゴランド(RingoLand)”で、リンゴ・スター本人と交流できるプライベート招待制の独占ヴァーチャル・ツアーへの参加権利が与えられる。

Written By Sam Armstrong




リンゴ・スター『Change The World』
2021年9月24日発売
CD&Analog / iTunes / Apple Music / Amazon Music
日本盤のみ:解説・歌詞対訳付/SHM-CD仕様

  1. Let’s Change The World
  2. Just That Way
  3. Coming Undone
  4. Rock Around The Clock


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss