(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

Twitterで21万イイネと話題、フランス人Pommeによる『千と千尋の神隠し』主題歌のカバーが配信開始

Published on

フランス人シンガーソングライターのPomme(読み方:ポム)が、映画『千と千尋の神隠し』の主題歌 「いつも何度でも」の日本語カバー「Itsumo Nando Demo (from Spirited Away)」を2021年12月24日に発売した。

もともとこのカバーは、Pommeが2020年1月にフランスのテレビ局Canal+の番組に出演した時に披露し、それを同年2月に日本のフランス大使館文化部がツイートで紹介すると、1.2万RT、4.3万イイネと大拡散。2021年12月にも大学教授の毛丹青が「中国でも話題」とツイートしたものが3.3万RT、17.5万イイネと大きく話題となり、スタジオジブリの公式Twitterアカウントも「鈴木さんと一緒に聴きました♫」と紹介していた。

<関連記事>
ホリー・ハンバーストーンが2022年ブリット・アワードの新人部門を受賞
BRIT Awards2022 新人部門候補発表

Pomme(ポム) – いつも何度でも (『千と千尋の神隠し』より)

今回のリリースについてPommeは下記のようにコメントしている。

「実はこの曲は、フランスのテレビ番組や色々なメディアで歌っていました。たくさんの人に公式に音源を発売することを提案されましたが、ここ2年間はツアーや他のことに集中していて時間がとれませんでした。最近ようやくこの曲を録音する時間がとれて、12月24日に発売することになりました。やっとこの曲をリリースすることができて嬉しいです。私は本当に本当にジブリが大好きです。もちろん千尋も大好き。そして日本と日本文化を愛しています。近い将来お会いできることが楽しみにしています」

Pomme est dans Clique – CANAL+

Pommeはは、幼少期から児童合唱団やチェロを習うといった音楽教育を受け、中学2年生の頃にはCDを自主制作。2017年10月、21歳の時シャンソン・アルバム『À peu près』をリリース。2019年には、2枚目のスタジオ・アルバムであり全曲をPommeが作曲した『Les failles』を発売。このアルバムはフランス国内でゴールド・ディスクに認定。また、2020年にはフランスのアワードVictoires de la Musiqueにて新人アルバム賞を受賞、翌2021年には、その年の最優秀女性アーティスト賞を受賞した。

アーティスト名の「Pomme」は、本名が「Claire Pommet」だったことから友人からフランス語でリンゴを意味するPommeと呼ばれ、それを芸名にした。

Written By uDiscover Team



Pomme「Itsumo Nando Demo (from Spirited Away) / いつも何度でも(『千と千尋の神隠し』より)」
2021年12月24日発売
iTunes Store / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss