(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ジョージ・ハリスン「My Sweet Lord」初MV公開へ。マーク・ハミルとフレッド・アーミセンが出演

Published on

George Harrison - Photo: Youtube/Apple Corps

ジョージ・ハリスン(George Harrison)のアイコニックな名曲「My Sweet Lord」の初の公式ミュージック・ビデオが、日本時間12月16日午前2時に公開される。

<関連記事>
『Let It Be』解説第1回:制作背景と“ゲット・バック・セッション”
ジョージ・ハリスン『All Things Must Pass』解説
ジョージ・ハリスン「Run Of The Mill」制作秘話
ジョージ・ハリスン「Isn’t It A Pity」制作秘話

George Harrison – My Sweet Lord (Official Video)

ジョージ・ハリスンの公式ツイッターに投稿されたこのビデオのティーザー映像では、映画『スター・ウォーズ』のルーク・スカイウォーカー役として知られるマーク・ハミルが、メン・イン・ブラック風の衣装で登場したコメディアンで俳優のフレッド・アーミセンに、謎めいた特製スキャナーの使い方を指導する様子が映し出されている。

同ビデオに関して、現時点でまだ多くは明かされていないが、大きな役所を担うと思われるこの2人の映像は、ロサンゼルスのダウンタウンにある“The Last Bookstore”で撮影されたそうだ。

今年発売50周年を迎えたジョージ・ハリスンの傑作アルバム『All Things Must Pass』に収録されている「My Sweet Lord」は、彼にとって自身初の全米・全英No.1シングルであり、1971年にイギリスで最も売れた楽曲として知られている。たが、ジョージが作曲したこの「My Sweet Lord」を最初に録音したのはジョージではなかったことをご存知だろうか。彼はこの曲をビリー・プレストンに提供し、1970年9月にリリースされたアルバム『Encouraging Words』に初収録された。

ビリー・プレストンの同アルバムには、エリック・クラプトン、ボビー・ウィットロック、カール・レイドル、そして今作の直後にデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成したジム・ゴードンなど、『All Things Must Pass』にも登場し、この時期のジョージ・ハリスンの音楽世界と密接に繋がっていたミュージシャンたちが多く参加している。ボビー・キーズとジム・プライスがホーンを演奏し、ビリー・プレストンの「My Sweet Lord」では、エドウィン・ホーキンス率いるゴスペル・シンガーたちがバック・ヴォーカルを務め、ゴスペル特有のサウンドに仕上がっている。

Billy Preston – My Sweet Lord

一方で、ジョージ・ハリスンの「My Sweet Lord」のレコーディングは、アビイ・ロード・スタジオでのセッションを共同プロデュースしていたフィル・スペクターと共に行われ、このヴァージョンにも参加したビリー・プレストンをはじめ、エリック・クラプトン、リンゴ・スター、ジム・ゴードン、そして当時アップル・コアと契約していたバッドフィンガーの4人のメンバーも参加した。

最終ヴァージョンの制作にあたり、ジョージとフィル・スペクターは、数あるリズム・トラックの中から、ベースにクラウス・フォアマン、セカンド・キーボードにゲイリー・ライトらを起用したマスター・テイクを選んだ。また、メイン・セッション後にピーター・フランプトンがアコースティック・ギターを加えた可能性もあるとされている。ジョージのスライド・ギター・パートとジョン・バラムによるオーケストラ・アレンジは、ロンドン中心部にあるトライデント・スタジオでオーバー・ダビングされた。

Written By Will Schube



ジョージ・ハリスン『All Things Must Pass』50周年記念盤
2021年8月6日配信

「スーパー・デラックス・エディション(5CD + 1ブルーレイオーディオ)」
「3CDデラックス・エディション」
「2CDエディション」
「スーパー・デラックス・LPエディション」
「Uber Deluxe Edition」



ザ・ビートルズ『Let It Be』(スペシャル・エディション)
2021年10月15日発売
5CD+1Blu-ray / 2CD / 1CD / 4LP+EP / 1LP / 1LPピクチャーディスク


最新ドキュメンタリー
『ザ・ビートルズ:Get Back』

11月25日(木)・26日(金)・27日(土)ディズニープラスにて全3話連続見放題で独占配信

監督:ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、『彼らは生きていた』)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの3日連続6時間の時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ディスニープラスで独占配信。巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)”を掲げて集まった4人が名盤『Let It Be』に収録される名曲の数々を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の“ルーフトップ・コンサート”が史上初ノーカット完全版として甦る。解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト

「ザ・ビートルズ:Get Back」|予告編|Disney+ (ディズニープラス)



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss