(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ジミー・ペイジ、クラプトンらのアーティストのサイン入りチャリティー用のギターが10年ぶりに発見

Published on

チャリティーの為、エリック・クラプトンマーク・ノップラー、ジミー・ペイジ、ブライアン・メイ、ピート・タウンゼント、ビル・ワイマン、ゲイリー・ムーア等のギター・ヒーロー達によってサインがされたフェンダーのストラトキャスターが行方不明になってから10年の時を経て発見された。

レスター・マーキュリー紙のレポートによると、このギターはイギリスのミッドランド東部レスターシャー、マーケット・ハーバラでプロモーターをしているデイヴィッド・アレン氏が元々所有していたという。デイヴィッド・アレン氏は、障害を持った子供や若者達のホスピスである‘Rainbows’へのチャリティを募るオークションへ出品する為、2007年に前述の様々なギター・ヒーローたちからサインをもらっていた。彼はおよそ20,000ポンドの収益を期待していたという。

デイヴィッド・アレン氏のストラトキャスターはエリック・クラプトンによってサインされた後、メッセンジャー会社であるパーセルフォース社によって郵送される予定であった。しかし、その後ギターの行方が全く掴めず、パーセルフォース社は紛失の謝罪を込めて‘Rainbows’に17,000ポンドの寄付を行った。そして、つい2週間後にネット上でそのギターが売りに出されていることを発見し、警察が捜査を始めるまで、ギターの行方は謎のままであった。

亡きゲイリー・ムーアのサインも入ったフェンダー・ストラトキャスター

このストラトは、亡くなったとある家主の家財処理として売りに出されていた品々の中に紛れていた。それをたった35ポンドで手に入れた人物が、このギターの数奇な歴史を知らず、何気なくネットで売ろうとしていたのであった。

そして遂に、この素晴らしいサインのコレクションが元々の持ち主の手に戻ってきたことで、当初の予定通りデヴィッド・アレン氏は‘Rainbows’の為のオークションに、さらに著名人のサインを加えて出品する。「まさかこれだけの時を経てこのギターが手元に戻ってくるとは、未だに信じられないよ」と彼はレスター・マーキュリー紙に語った。「またこのギターを目にするとは思ってもみなかった」。

「このギターを見つけて報告してくださった方々、並びに敏速に保護してくださった警察に大変感謝します。このギターが、しかるべきところに届くまで、私はこのギターを片時も手放さず、私の手で届けに行きたいと思います」と付け加えた。

Written by Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss