(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

キース・ジャレット『サンベア・コンサート』のシリアル入りの限定盤復刻エディションが発売

Published on

キース・ジャレット(Keith Jarrett)の「Sun Bear Concerts(サンベア・コンサート)」を、オリジナルのアナログ・ソースから再現したアナログ10枚組ボックス・セットが2021年2月19日に発売されることが決定した(購入はこちら)。

『Sun Bear Concerts』は、キース・ジャレットが1976年にプロデューサーのマンフレート・アイヒャーを伴って来日し行われたソロ・コンサート全8公演のうちの京都(京都会館ホール)、大阪(サンケイホール)、名古屋(愛知文化講堂)、東京(中野サンプラザ)、札幌(厚生年金ホール)の5公演を完全記録したもので、ジャズ・レコーディングの歴史の中でも画期的な成果と言われている作品。

<関連記事>
酷いピアノと体調不良で中止寸前のなか録音された『The Köln Concert』
“沈黙の次に最も美しい音”:ECMレコード入門

ダウン・ビート誌はオリジナル・リリースの際にジャレットの即興演奏に関し次のように表現している。

「巨人の発明は、圧倒的に親密で、リスナーを引き込み、虜にすることができる。ジャレットは再び彼の創造的な意識の洞窟に足を踏み入れ、驚くほどの力、威厳、そして暖かさを持った音楽をもたらした」

1978年に発売された、この美しく制作されイラスト、写真入りで紹介された10枚組の音楽は、事件やディテールに富んでおり、ジャレットが無限の創造性を持つ演奏家あることを明らかにしている。「ジャレットがジャズ界で最も偉大な即興演奏家の一人であることを示した」とイアン・カーはピアニストの伝記の中で書いている。

今回のエディションはオリジナルのLPセットを復刻したもので、故 ハウス・デア・クンスト(Haus der Kunst)のキュレーターであるオクウィ・エンウェザー氏は「本作はジャズ・レコードの標準的なパッケージからの独立を宣言したECMの代表的作品で、このようにしてECMはレコードを最高の芸術的、概念的秩序を持つミュージシャンによる芸術作品として扱いました」とコメントしている。

録音は、日本人エンジニアの菅野沖彦と、キース・ジャレットと共に日本を旅したプロデューサーのマンフレート・アイヒャーによって収録された。商品にはバーバラ・ヴォイルシュのデザインによるブック型のパッケージには、クラウス・クナウプ、内藤忠幸、相見明の写真も掲載されている。



キース・ジャレット『Sun Bear Concerts』
2021年2月19日発売
限定直輸入盤

※全世界:2,000ボックス限定。シリアル・ナンバー付き。
※オリジナル・マスターテープからのオール・アナログ・マスタリング。
※1978年に初版発行されたオリジナル版の復刻。16ページのオリジナル冊子の復刻版を含む
※ドイツの歴史ある製紙工場の紙のみを使用した手づくりパッケージ
※深緑の印刷の上にオリジナルECMクラシック・シルヴァー・ロゴを載せたレーベル面




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss