(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クラプトンとミック・テイラーがブルースブレイカーズに復帰したジョン・メイオール1971年のアルバム『Back To The Roots』

Published on

1971年、ジョン・メイオールはすでにイギリスのブルースのパイオニアとして広く認識されていた。イギリスでブルースを広めることに貢献し、その後さらに偉業を達成することとなるブルースブレイカーズのバンド・メンバーのために国内や海外のステージを提供した功績は、絶大な敬意を得ていた。その年の4月17日、エリック・クラプトンとミック・テイラーがゲスト・ギタリストとして一時的にグループに復帰したアルバム『Back To The Roots』でジョン・メイオールは全米チャートにランクインした。

john-mayall-back-to-the-roots-booklet-back-cover

1970年11月15日から25日の間にロンドンとロサンゼルスにてレコーディングされたこの2枚組アルバムは、ジョン・メイオールが考案し、進化を続けたバンド・メンバーたちとともに、それまで達成してきたことを祝すものだった。このアルバムがリリースされた時にジョン・メイオールはこう言った。「最初のアイディアは、今まで僕のバンドでプレイしてきてくれた主要なミュージシャンたちを集めることが目的だったんだ。でも、いわゆる “メイオール・スクール” の卒業生たちの多くはツアーなどで遠く離れた国で活躍しているか、見つけ出すのが不可能だった。そんな状況でこれだけの面子が揃ったんだ。セッションの間中、音楽の歴史を再訪している感覚を感じたのは僕だけではなかったと思う」。

しかし『Back To The Roots』は単にノスタルジアに浸るための作品ではない。ジョン・メイオールが書き下ろした18もの曲を収録し、バンドリーダーはいつもどおりリード・ヴォーカル、リズム・ギター、ハーモニカ、キーボードを担当。しかしアルバムにさらなる話題性をもたらしたのは、デレク・アンド・ザ・ドミノス時代のエリック・クラプトンと、若干22歳でローリング・ストーンズでの活動2年目に入り、ニュー・アルバム『Sticky Fingers』のリリースを控えていたミック・テイラーの存在だった。

Mayall ad

『Back To The Roots』には、ジョン・メイオールの元ドラマー、キーフ・ハートレイも参加している。他のゲスト・ギタリストとしてジェリー・マギー、キャンド・ヒートのメンバーであるラリー・テイラーとハーヴィー・マンデルも参加したほか、バイオリン奏者としてロックン・ロール・デュオ、ドン&デューイのドン・”シュガーケイン”・ハリスがゲスト参加した。ハーヴィー・マンデルはストーンズと直接のコネクションがあり、のちに1976年のアルバム『Black and Blue』収録の「Hot Stuff」と「Memory Motel」の2曲でリード・ギターを弾いている。

『Back To The Roots』がリリースされた時、ジョン・メイオールの1970年のアルバム『USA Union』が、彼の全米チャートでの最高記録である22位を達成していた。『Back To The Roots』は最高52位を記録、15週間チャートにランクインし、ジョン・メイオールはバンド、そして称賛すべき友人たちとともにブルースのメッセージを広く伝え続けた。

Written By Paul Sexton



ジョン・メイオール『Back To The Roots』

  

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss