(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クイーンのチャートイン25枚目のシングル「It’s A Hard Life / 永遠の誓い」

Published on

1984年7月、クイーンがイギリスでチャート・インさせたシングルは25枚になった。特筆すべきは、1枚を除いてそのうちのすべてが40位以内に入っていたことだ。

「It’s A Hard Life(邦題:永遠の誓い)」は1984年7月28日付の同週のチャートで23位に初登場した。その年はバンドにとって実りの多い1年だった。既に「RADIO GA GA」と「I Want To Break Free」の2枚のシングルが全英シングル3位以内の大ヒットとなり、世界的に成功した11作目のアルバム『The Works』も全英2位を記録していたのだ。

Queen – It's A Hard Life (Official Video)

 

フレディ・マーキュリー作の「It’s A Hard Life」はそれら成功に流れに続いた。フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「Two Tribes」が長きに亘り1位に君臨し続ける中で、同曲は初登場の翌週に17つ順位をあげて6位となった。イギリスではその順位より上昇することはなかったが、アイルランドでは2位、オランダでは4位となった。

それから2か月もしないうちに、彼らは「Hammer To Fall」で全英チャートのトップ20に舞い戻る。また、その後同年のうちにクリスマス・ソングの「Thank God It’s Christmas」もヒットさせている。クイーンが1年の間に5つのシングルをチャート・インさせたことは3回あるが、1984年はその初めての年になった(次は1989年、そしてさらに1991年にもクイーンは同じ記録を残している)。

Written By Paul Sexton



「クイーンの日」 9作品再発

2019年4月17日発売
各商品の詳細はこちら

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss