(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ビーチ・ボーイズの10年ぶりの全米TOP10ヒットアルバム『15 Big Ones』

Published on

マイク・ラヴが「Fun is in, it’s no sin, it’s that time again / 楽しい時が来た、罪なんかじゃない、またこの時がやって来たんだ」と歌うのは、ビーチ・ボーイズのアルバム『15 Big Ones(邦題:偉大なる15年)』からの夏のアンセム「It’s Okay」だ。この曲は1976年8月21日に全米チャート・デビューを果たした。

ビーチ・ボーイズの『15 Big Ones』はアメリカが独立200周年を祝うなかチャート・デビューを果たした。ビーチ・ボーイズ以外に、アメリカ文化を象徴できるバンドが他に居るだろうか? その2年前にリリースされた『Endless Summer』以来、大衆的な成功を果たしつつ新しい波に乗っていた彼らが、この作品では前進するために過去に戻ったのであった。

別の言い方をすれば、『15 big Ones』は古き良きロックン・ロールの新たなカヴァー集であり、先行シングルだったチャック・ベリーの「Rock’n’ Roll Music」は全米チャート5位を飾り、約10年前にリリースされた「Good Vibration」以来のシングル・チャートでの成功を記録した。

Beach Boys 1976

しかしUKでは、76年の夏に『20 Golden Greats』というベスト盤がチャートの首位を飾り、皮肉なことに「Good Vibration」の再発シングルが「Rock’n’Roll Music」を上回ることになった。1966年のクラシックが全英チャート・トップ20に再降臨したのである。

「It’s OK」自体は英国と縁があった。この曲でサックスを務めたのは、長年ビーチ・ボーイズ愛好者でありスタジオ/ソングライティングの黒幕であるロイ・ウッドだ。彼は、自身のソロ以外にもザ・ムーヴ、初期ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)やウィザードで人気を博していた。8月の前半には、NBCテレビによる特番『The Beach Boys : It’s OK』が放送され、全米チャート29位まで駆け上がり『15 Big Ones』はゴールド・ディスクを獲得したのであった。

By Paul Sexton



ザ・ビーチ・ボーイズ / 15 Big Ones【LP】【輸入盤】【アナログ】ビーチ・ボーイズ『15 Big Ones』

btn_store_link download_jtunes_link  applemusic_link spotify_logo_link

 

uDiscoverのビーチ・ボーイズ Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss