(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

チャックD、ケンドリック、クエストラヴらアカデミー賞選出メンバーに招待

Published on

パブリック・エネミーのチャックD、ケンドリック・ラマーザ・ルーツのクエストラヴ、そしてメリッサ・エスリッジらが、アカデミー賞を選出する映画芸術科学アカデミーによって招待された新会員928人の中に含まれていることが分かった。

音楽業界からは他にも、プリンス & ザ・レヴォリューションのリサ・コールマンとウェンディー・メルボイン、スフィアン・スティーヴンス、ドイツ人ピアニストのハウシュカ、フランス人作曲家のエリック・セラ、そして歌手のエスター・ディーンなどが招待されている。

アカデミーが新会員として招待している928人の49%は女性で、もし招待している全員が新会員になればアカデミーの女性登録会員の割合は31%となる。さらに新会員の38%が有色人種で、こちらも全員が加入すれば、アカデミー全体の有色人種の割合は16%にまで改善さることになる。もし今回の招待したが全員承諾すれば、総会員の登録数は9,226人となる。

前学長のシェリル・ブーン・アイザックスによる、2020年までに同アカデミーを多様化しようという目標は、女性と有色人種のメンバーを増やす動きの中で遂行されている。2014年には有色人種のオスカー受賞者があまりにも少なかったために「#OscarsSoWhite(白すぎるオスカー)」というキャンペーンが勃発し、2016年には、同アカデミーの登録メンバーの92パーセントが白人で、75パーセントが男性だったことが明かされている。

俳優(映画『ゲット・アウト』のダニエル・カルーヤ、映画『ブラック・パンサー』のダナイ・グリラ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のエミリア・クラーク、2016年に多様性の欠落を理由にオスカー受賞を辞退したジェイダ・ピンケット=スミスを含む)、コメディアン(デイヴ・シャペル、サラ・シルバーマン、ティファニー・ハディッシュ、ハンニバル・バーエス)、監督(映画『君の名前で呼んで』のルカ・グァダニーノ、ミシェル・ゴンドリー、タル・ベーラ、映画『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ、映画『The Rider』のクロエ・ジャオ)他多数が同アカデミーに招待されている。

アンジェラ・ロビンソン(映画『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』)やジャスティン・シミアン(映画『親愛なる白人様』)、ショーン・ベイカー(映画『フロリダ・プロジェクト』)らも同アカデミーに招待され、外国人監督では、ルカ・グァダニーノ、アンディ・ムスキエティ、ナディーン・ラバキー、クロエ・ジャオ、ジャン=ピエール・ジュネ、ジアド・ドゥエイリ、ミシェル・ゴンドリーが含まれている。(*日本からは監督部門に、細田守、片渕須直、新海誠ら、俳優部門にイッセー尾形、脚本部門に園子温、音楽部門に菅野よう子たが含まれている)

プロディーサーでは、ギレルモ・デル・トロと共に映画『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー作品賞を受賞したJ・マイルズ・デイルや、映画『ゲット・アウト』のショーン・マッキトリック、映画『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー作品賞を受賞したニコール・ロックリンらが、脚本家ではJ・K・ローリング、エミリー・V・ゴードン、ジョナサン・ノーラン、ジョー・ロバート・コール、ヴァージル・ウィリアムズが名を連ねている。



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss