(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・ビーチ・ボーイズがキャピトルと契約した日

Published on

1962年7月16日、カリフォルニア州ホーソーン出身のビーチ・ボーイズと呼ばれる若者たちがキャピトル・レコードと歴史的な最初の契約を結び、全く別の人生を進むことになった。

BB 1962

彼らはその前年にグループを結成し、1961年の終わりにハリウッドを拠点とするレーベル、キャンディクス・レコードから彼らの最初のシングル盤『Surfin’』をインディペンデントでリリース。地元でヒットとなったそのシングルは、全米シングル・チャートの75位に食い込むほど十分な印象を全米に与えた。

1962年前半の間、ビーチ・ボーイズは、ドットやリバティを含む幾つかのレーベルのオーディションを受けたが成果がでなかった。キャンディクスのエグゼクティブ、ラス・リーガンは、ウィルソン兄弟の父で事実のマネージャーであったマレーに、もしかするとキャピトル・レコードのニック・ヴェネットなら興味を持ってくれるかもしれないと提案した。その彼の助言は当たっていた。

他のレーベルへの売り込みのために彼らが作ったデモテープには、面白いことに「Surf + Safari」とスペルを間違えた、のちにキャピトル・レコードからのシングル1曲目となる曲が含まれていた。その6月、他の曲「Their Hearts Were Full Of Spring(邦題: 心には春がいっぱい)」 とウィルソンからキャピトルのニック・ヴェネットに向けたメッセージを追加したデモテープをマレー・ウィルソンがレーベルに持ち込んだ。スティーヴ・ゲインズの著書『Heroes & Villains: The True Story of the Beach Boys』の中で、“車の上にサーフボードを積めるおそらく唯一のエグゼクティヴ”と説明されるニック・ヴェネットは、8小節も聞かないうちに「Surfin’ Safari」に夢中になった。

BB 409

このサーフィンのアンセム曲は、キャピトル・レコードから即座に発売され、同月、フェニックス州のラジオ局でブレイク。8月には全米チャート入りし、14位まで上昇した。ニック・ヴェネット曰く、「その年のシングルで、キャピトル・レコードが受けた最も大きな注文は、“サーフィンが存在しなかったニューヨークシティ” からの注文」だった。そしてB面もチャートに入ることが多かった時代、B面の「409」(もともとはA面の予定だった)も76位に達した。

シングル曲のヒットとともに7月16日、ビーチ・ボーイズは彼らの最初のオフィシャルな契約をキャピトル・レコードと締結。そしてすぐ、ニック・ヴェネットによって彼らのファースト・アルバム『Surfin’ Safari』がキャピトル・タワーにて制作された。10月にリリースされたこのアルバムは32位に達し、ビーチ・ボーイズの伝説は完全に軌道に乗ったのだ。

Written by Paul Sexton



♪ ビーチ・ボーイズのBest ofをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss