(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・フーの唯一の全米シングルTOP10ヒット「I Can See For Miles」

Published on

ザ・フーのファンに質問だ。ザ・フーが1965年の春にイギリスで成し遂げ、その後、2年半を要しアメリカでもようやくやり遂げたことはいったい何か? 正解はシングルをチャートのトップ10に送り込む入りすることだ。彼らは1967年11月、アメリカでようやっと念願を果たしたのである。そしてその際に全米トップ10入りした曲が、同年10月に全米チャートにランク・インした「I Can See For Miles(邦題:恋のマジック・アイ)」だった。

ザ・フーは、1965年の4月にファースト・シングル「I Can’t Explain」が8位になったことで本国イギリスでのトップ10入りを果たしていたが、同曲はアメリカではわずか93位止まりで、その後2年間にリリースした3枚のシングルもすべて鳴かず飛ばずだった。「My Generation」は74位で姿を消し、「Happy Jack」はかろうじて24位でトップ40入りしたものの、「Picture Of Lily(邦題:リリーのおもかげ)」は51位という結果に終わっていたのである。

1967年9月30日のBillboard誌は、デッカの工場では、ほかのどのレコードよりもザ・フーの「I Can See For Miles」のプレスを優先していると報じた。ザ・フーは、スマザーズ・ブラザーズが司会を務めるCBSネットワークのテレビ番組に出演した際に、この曲を披露し、その際の悪名高いパフォーマンスで世間の注目を集めていた。レーベルはこの機を逃してはならないと、同曲を急遽リリースしたのだった。

Who Hot 100
「I Can See For Miles」は、エルヴィス・プレスリーの「Big Boss Man」の1ランク下の72位で米チャート圏内に登場。その後順調に売り上げを伸ばし、11月18日にはトップ10入り、その1週間後には9位をマークし、2週に亘ってその位置をキープした。全米年間チャートでも、この曲は96位にランク。また、2004年にローリング・ストーン誌の”オールタイム・グレイテスト・ソング500″では258位に選ばれている。

I can see for miles

しかしながら何より驚かされるのは、ザ・フーがそれ以降一度もアメリカでトップ10ヒットを放っていないという事実だ。ちなみにトップ10圏内に最も近づいたのは1970年に12位を記録した「See Me Feel Me」で、これはイギリスではチャート入りすらしなかった1曲である。

Written by Paul Sexton



■新作情報

50周年記念日本盤シングル再発第4弾!2018年1月24日(水)発売決定!
ラインナップは、「恋のマジック・アイ / サムワンズ・カミング」「ドッグ / 恋のサークル」ほか、全5タイトル!

btn_store_link download_jtunes_link applemusic_link spotify_logo_link


Who_Tommy_DVD+CD

ザ・フー史上初、ロック・オペラの傑作『トミー』完全再現公演

ザ・フー『TOMMY Live at The Royal Albert Hall』

2017年9月29日発売

btn_store_link

 

 

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss