(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・ローリング・ストーンズ初めてのアメリカ滞在:一足遅れてしまった“ブリテッシュ・インヴェイジョン”

Published on

1966年の6月5日、ザ・ローリング・ストーンズはアメリカ征服の第一歩を踏み出した。だが現在の認識からすれば意外だろうが、アメリカにおける当時のストーンズのポジションは、”ブリテッシュ・インヴェイジョン”の筆頭格といったものではなかった。ザ・ビートルズとデイヴ・クラーク・ファイヴがローリング・ストーンズが海を渡るはるか前から、アメリカでのトップ10ヒットを記録していたのだ。

「Not Fade Away」がビルボードのチャートにランクインしたのは1964年5月下旬のことだった。その数日後、ストーンズの面々はBOAC(British Overseas Airways Corporation/ブリティッシュ・エアウェイズの前身に当たる英海外航空協会)の飛行機に搭乗し、ロンドンのヒースロー空港を出発。6時間強経った頃にはニューヨークのJFK空港に降り立った。アメリカへの進出ではビートルズに先を越されていたものの、ストーンズはこの後50年以上に亘ってこの地で愛されることになるのだ。

ストーンズがニューヨークに到着した日は、チャーリーの23歳の誕生日を翌日に控えた1964年6月1日のことだった。500人のファンが出迎える空港で彼らは、「髪の毛を切れ」、「お前たちはビートルズか」とヤジを浴びせられることになる。そう叫ぶのはもちろんファンではなく、ほかの乗客や空港の職員たちだ。約100人の記者が出席した記者会見では、地元のDJであるマレー・ザ・Kが、会見の写真に記録されている通り、1頭のオールド・イングリッシュ・シープドッグを用意していた。その長い毛をメンバーの髪形と対比させる狙いがあったのである。

空港を出たメンバーはマンハッタンに向かい、タイムズ・スクエアのホテル・アスターに宿泊することになっていたが、彼らが部屋に入る前にファンたちがロビーに入り込んだためにホテルは大騒ぎになってしまった。朝食をとり、更なる会見やラジオのインタビューをこなした後、彼らは『The Les Crane Show』に出演した。ローカル局の番組ではあったが、それでも彼らにとって、これがアメリカにおけるテレビ・デビューになった。

6月3日になるとバンドはロサンゼルスへと飛び、ビバリー・ヒルトン・ホテルへと向かった。その後ABCテレビで、ディーン・マーティンが司会を務める『Hollywood Palace Show』のための収録を行っている。このとき彼らが披露したのは3曲だったが、結果的に使われたのは「I Just Want To Make Love To You(恋をしようよ)」の45秒相当のパフォーマンスだけで、さらにホストのマーティンはメンバーのヘアスタイルを揶揄している。翌日、メンバーはハリウッドで服のショッピングを楽しみ、マリブ・ビーチを訪れた後でRCAスタジオに顔を出している。後にこのスタジオで彼らは、1960年代を代表するいくつかのヒット作をレコーディングすることになる。6月5日の金曜日、バンドはバスに乗ってサンバナディノへ行き、アメリカ大陸で初めてのコンサートを行っている。

Stones San Bernardiono

6月6日にはサンアントニオに飛び、ステート・フェアに参加。ツアーで最も観客の多い1日だったが、彼らの目当てはローリング・ストーンズではなく、その日の最大のスター、ボビー・ヴィーだった。(それから約50年後の2015年6月6日、彼らは再びテキサスに降り立ち、ダラスのAT&Tアリーナで演奏することになるが、今度はもっと多くの観客が彼らを目当てにやってきたのだった)。

今ではストーンズの初めてのアメリカ・ツアーを見たと豪語する人は多いが、おそらくほとんどは2度目か3度目のツアーと混同しているはずだ。というのも、最初のツアーで行ったのは8箇所でのたった9公演だからだ。ミネアポリスではほんの400人、オマハでは600人、デトロイトやハリスバーグでは1万人は収容できるスタジアムに1,000人弱の観客しか訪れなかった。ほぼ満員になったのはカーネギー・ホールとサンバナディノだけだった。ほとんどの公演を、バンドは「Route 66」でスタートさせ、続いて「Not Fade Away」「I Wanna Be Your Man(彼氏になりたい)」、「High Heel Sneakers」「I’m Alright」「I just Wanna Make Love To You」などを演奏している。

Written By Richard Havers


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss