(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ローリング・ストーンズ「Come On」:バンドへの見本盤は4枚、ライブセットから外されたデビュー・シングル

Published on

1963年5月2日、ローリング・ストーンズの新しいマネージャー、アンドリュー・ルーグ・オールダムが、このバンドのデビュー・シングルのレコーディング・セッションをブッキングした。ただし問題がひとつあった。どの曲をレコーディングするかが、まだ決まっていなかったのである。ミックとキースが自分たちで曲を作るようになるのはまだ先の話。それゆえこの時点の彼らは、自分たちのレコード・コレクションの中からカヴァーする曲を探すことにした。そうして選ばれたのが「Come On」だった。これは、彼らの憧れのミュージシャン、チャック・ベリーがチェス・レーベルから発表したばかりのアルバム『Chuck Berry』に収録されていた曲だった。またシングルB面用の曲としては、マディ・ウォーターズの「I Want To Be Loved」が選ばれた。その2カ月前にストーンズはIBCスタジオでこの曲を既にレコーディングしていた。しかしその時点では、彼らのレコードに興味を持つレコード会社もマネージャーもまだ見つかっていなかった。

5月7日の火曜日、ストーンズの面々は「Come On」を自分たちなりのアレンジで仕上げるため、チェルシーにあるウェザービー・アームズでリハーサルをした(この場所は、ミックとキースとブライアンのアパートがあったイーディス・グローヴのすぐ近くだった)。その3日後、ストーンズはオリンピック・スタジオに入る。このスタジオは、ロンドンのマーブル・アーチ近くにあるカートン・ストリートにあった(その後ロンドン西部に移転している)。ストーンズは5月10日の夜、3時間を費やして曲を録音した。ここではオールダムがプロデュースを担当している。とはいえオールダムの果たした役割は、本人も認めている通りだ。「あれは僕がプロデューサーとして担当した初めてレコーディングだった。録音とか、ああいう場での楽曲の扱い方とか、その手のことについては何ひとつ知らなかった」この点に関しては、ミック・ジャガーも次のように証言している「何の経験もないまったくの素人が、寄ってたかってヒット・シングルを作ろうとしてたってことだよ」。

この際に完成した「Come On」の総尺はわずかに1分45秒というものだった。レコーディング・セッションが終盤に差し掛かったころ、サウンド・エンジニアのロジャー・サヴェージは、ミックスダウンはオールダムが担当すべきではないかと提案をしている。プロデューサーである彼に任せるのが筋だと考えたからだった。しかしながら、このセッションが生まれて初めてのレコーディングだったオールダムは、サヴェージらの好きなように仕上げていいと返したという。この「Come On」では、ミックがリード・ヴォーカルをダブルトラックで重ね、ブライアン・ジョーンズとビル・ワイマンがバック・コーラスを担当した。キース・リチャーズはリズム・ギターを演奏。ブライアンはハーモニカ、ビルはベース・ギターをそれぞれ兼任し、そしてもちろん、チャーリー・ワッツはドラムズを担当している。

それから4週間後、の6月7日、シングル「Come On」はリリースされた。そしてこのデビュー・ディスクは、7月27日に『NME』誌のチャートにランクインし、最高位20位をマークしたのだった。デッカ・レーベルはこのデビュー・シングルの見本盤をオールダムのバンドの事務所に届けたが、その枚数はわずか4枚に過ぎなかった。そのためメンバーは自らレコード店に出向き、自分たちのレコードを購入する羽目になった。そうでもしなければ、メンバー全員に1枚ずつ行き渡らなかったからである。

このデビュー・シングルの仕上がりを心から気に入っている者はメンバーの中に誰ひとりとしていなかった。そのため、発売から3週間もすると、ローリング・ストーンズはこれをライヴのレパートリーから早々と外している。ある日オールダムはソーホーのシーン・クラブでストーンズのライヴをチェックし、この曲が既に演目に入っていないことに気付く。このことに激怒したオールダムは、ステージでは必ずこれを演奏するようにと言い渡しているが…そんな言葉も、さほど効き目はなかった。

Written By Richard Havers


ザ・ローリング・ストーンズ
最新ベスト盤『HONK』
2019年4月19日発売
CD&LP / iTunes


ザ・ローリング・ストーンズ
『Studio Albums Vinyl Collection 1971-2016』(輸入盤



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss