(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

カーペンターズ、初の全米1位獲得曲「(They Long To Be) Close To You」

Published on

カレンはたった20歳。リチャードは23歳だった。楽曲は誕生してから7年が経っており、彼らの前作のシングルは全米で最高位54位までしか届かなかった。しかし、1970年7月25日、みんなのお気に入りのこの新人ポップ・デュオ、カーペンターズによる、バート・バカラック=ハル・デイヴィッド作の「(They Long To Be) Close To You(邦題:遥かなる影)」は全米シングル・チャート1位に上り詰めたのだ。

photo

「(They Long To Be) Close To You」は、ありえそうにもないことではあるが、俳優としても知られるリチャード・チェンバレンのシングルとして1963年にレコーディングされたのが初めてのことで、その時は「Blue Guitar」という曲のB面ではあったがヒットを記録した。翌年、バート・バカラックは彼とハル・デイヴィッドのお気に入りで、彼らの作品の最高の解釈者でもあり当時急成長を遂げていたシンガー、ディオンヌ・ワーウィックのために、テンポが早めのヴァージョンを制作。そのヴァージョンはアルバム収録曲になり、1968年にはバート・バカラック自身もB面曲として自身のヴァージョンをリリースしている。しかし、1970年5月に、カレンとリチャード・カーペンターが彼らのヴァージョンをリリースした時、カーペンターズのヒットへの突破口としての道が開かれた。

KHJ_1970-05-27_1

カーペンターズは、1970年5月後半には、ロサンゼルスのラジオ局KHJの‘Boss 30’のプレイリスト入りを果たした、彼らはシングル「(They Long To Be) Close To You」の初期の支援者であった。このラジオ局の週間エアプレイ・チャートにレア・アースの「Get Ready」が連続で1位を獲得している時に、27位に初登場した。

たった数ヶ月前に、この兄妹デュオのファースト・シングルとなったザ・ビートルズ「Ticket To Ride(邦題:涙の乗車券)」のカヴァーがチャートの中ごろまでにしか上り詰めれなかったにも関わらず、カーペンターズの「(They Long To Be) Close To You」はまったく違う物語を紡ぐことになった。6月20日付のチャートに初登場すると、6週間かけて、56位、37位、14位、7位、3位、そして1位とトップの座に上り詰めた。カーペンターズの物語は始まったばかりだ。

Written by Paul Sexton



カーペンターズ / 遙かなる影【CD】【SHM-CD】

カーペンターズ『Close To You』
btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic

uDiscoverのカーペンターズのBest of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

5 Comments

Don't Miss