考えられている以上に、カーペンターズが凄かった理由:ブライアン・ウィルソンと比較される完璧主義者のリチャードの功績

November 17, 2018


考えられている以上に、カーペンターズが凄かった理由:ブライアン・ウィルソンと比較される完璧主義者のリチャードの功績

ウォーターゲート事件という一大政治スキャンダルを起こして辞任した、あのニクソン大統領から‘アメリカの若者の代表’と賞賛されるということは、恐らくストリート・カルチャーに通じた当の若者達から人気や評価を得る上で、望ましいプラス要因とは言えないだろう。その後、長年に渡りカーペンターズの音楽はAORやソフト・ロックといった"型"に嵌めて捉えられ、そのレッテルにより、2人の音楽の大胆さと創造性は覆い隠されてしまってきた。だが、しっかり耳を傾けていた人々は、そのような固定観念に惑わされることはなかったのである。

リチャード・カーペンターは、ナット・キング・コールやペリー・コモ、そしてレッド・ニコルズのディキシーランド・ジャズといった、父親が所有する多種多様なSP盤レコード・コレクションを通じ、音楽の基礎知識を得ていた。10代後半、彼はリチャード・カーペンター・トリオを結成。このバンドでは、彼がピアノ、妹のカレン・カーペンターがドラムスを担当、そして友人のウェズ・ジェイコブスがウッドベースとチューバを演奏していた。1966年6月、ハリウッド・ボウルで開催された権威あるバンド・コンテストで、このトリオは優勝を果たす。しかし、リチャード・カーペンター自身でさえも「僕ら独特のロック・チューバが世間で受けることはないだろう」ことは認めていた。

やがてリチャードとカレン・カーペンターはインストゥルメンタル・ジャズから離れ「Looking For Love」と題した曲をレコーディング。ロサンゼルスのガレージ・スタジオで録音したそのトラックは粗削りだったものの、フルートに合わせた16歳のカレン・カーペンターのヴォーカル表現法など、同曲には革新的な要素があった。このデモテープに心を動かされたのが、A&Mレコードの共同設立者ハーブ・アルパートだった。

リチャード・カーペンターはその後、ハーブ・アルパートから、作詞・作曲家達が書いた曲の編曲に関して完全な自由裁量権を与えられて、カーペンターズは1969年にデビュー・アルバム『Offering』を発表。レノンマッカートニーのヒット曲をカヴァーしたシングル「Ticket To Ride (邦題:涙の乗車券)」(同曲からタイトルを取り、このデビュー・アルバムは翌年、『Ticket To Ride (邦題: 涙の乗車券)』と改題して再発)には、革新的なアレンジが施され、スローなバラードに仕上がっている。

リチャード・カーペンターのアレンジには、バロック・ポップ様式でのチェンバロの使用を含め、真の才能が垣間見られたが、彼の頼もしさが本当の意味で形となったのは、その1年後にリリースされたカーペンターズの2作目『Close To You (邦題:遥かなる影)』である。同作のサウンドにインスピレーションを与えた源について、リチャード・カーペンターは次のように語っていた。「このアルバムを作る上で僕に最も大きな影響を与えたのは、恐らくレス・ポール&メアリー・フォードによるオーヴァーダブ・サウンドだろう。おかげでカレンと僕は、マルチ・トラックに凝るようになったからね」。

Carpenters Close To You

Carpenters Close To You

 

アルバム『Close To You 』からのシングル「(They Long To Be) Close To You (邦題:遥かなる影)」により、このデュオは大躍進を果たした。このシングルはチャートでも成功を収め、1970年の全米チャートでは4週に渡って1位の座を維持。翌年のグラミー賞では、ザ・ビートルズサイモン&ガーファンクルを退ける形で、リチャードとカレン・カーペンターは最優秀ヴォーカル・グループ賞を受賞した。

実際、バート・バカラックとハル・デイヴィッドが作詞・作曲を手掛けた「(They Long To Be) Close To You 」に大胆かつ進歩的なアレンジを施した点において、カーペンターズの功績は賞賛に値する。それ以前にも、ディオンヌ・ワーウィック(及び、バート・バカラック自身)によるヴァージョンがあったが、カレン・カーペンターのヴォーカルを引き立たせるためにリチャード・カーペンターが自らウーリッツァー・ピアノを使用して編み出した、自由に流れるようなアレンジには、原曲の作曲者自身ですら敬意を表していた。

カーペンターズのヴァージョンは、スウィングするハーモニーと区切りの短さが特徴で、オリジナルよりもパンチが効いていた。リチャード・カーペンターはクリック・トラックを使ってヴォーカルを同期させ4声ハーモニーを3回オーヴァー・ダブして12人分の合唱にするなど、巧妙にアレンジし、最適な効果を実現。終盤のコーラスで広がりを見せている「ワー」 と歌う部分では、彼の望み通りの結果が出るまで47テイクを費やした。トランペット奏者のチャック・フィンドリーは、プロデューサーが求める通りの音波になるよう調整するため、トランペット・パートを繰り返し修正しなければならなかった。「レコーディング中にやって来た人達は、『こんなのは今まで一度も聴いたことがない』と言っていたよ」と、リチャードは回想していた。

シンガー兼プロデューサーでレコード会社のオーナーでもあるリンダ・ペリーは、こう語っている。「リチャードは、ブライアン・ウィルソンとトップの座を争う存在ね。彼は同じタイプの完璧主義者で、プロダクションやアレンジの面でとても面白いことをやっていたわ」。

シングル「(They Long To Be) Close To You」は即座にヒットとなり、ディオンヌ・ワーウィックも、「カーペンターズのヴァージョンは、これまでのものとは異なっているし、新鮮だから、聞いた人が私と関連づけることはなかったわね。あれは独特のサウンドをしていた。彼らはあの曲を自分達のものにしたのよ」と指摘している。

リチャード・カーペンターの完璧主義は、スタジオからライヴへと引き継がれた。彼はコンサート前、楽器用やヴォーカル用のマイクのバランスを調整するのに、自ら1時間を費やしていたものだ。通常ならそれは、サウンド・エンジニアに任せる仕事である。

The Carpenters LIVE - "We've Only Just Begun" - orig. '71 color VT

The Carpenters LIVE - "We've Only Just Begun" - orig. '71 color VT

 

またリチャード・カーペンターには、素晴らしい曲を書くだけでなく、音楽的に成功しそうな素材や人材を見出す才覚があった。元々カリフォルニア州のクロッカー・シチズン銀行のテレビCMソングとして使われていた「We've Only Just Began (邦題:愛のプレリュード)」を聴き、リチャード・カーペンターは「これはヒット・レコードになる」と確信。作曲者のロジャー・ニコルズに電話をかけ、このシンプルなジングルには、ブリッジと第3ヴァースを伴うフル・ヴァージョンがあるのかどうか尋ねた。ロジャー・ニコルズ曰く、「キーツの詩というより、グリーティング・カードのメッセージ文に近かった」歌詞を、絶大な人気曲へと変貌させたのは、リチャード・カーペンターの巧みなアレンジの才能と、それによって際立ったカレンの優美な歌声であった。

「Goodbye To Love(邦題:愛にさよならを)」は、時代を超越したカーペンターズの今日性を証明するもう1つの曲である。リチャード・カーペンターがテレビを見ていた時、ベイジル・ラスボーン、ビング・クロスビー、メアリー・マーティンが出演した1940年の映画『愉快なリズム』が放映されたことがあった。その映画の中では「Goodbye To Love」という曲名が話題に上っているが、実際にその曲は流れていない。しかし彼の本能は、大抵の場合、的を射ていた。その曲名だけでも、将来のトップ10ヒット曲の基盤になると気づいたのはリチャード・カーペンターだが、世間を騒がせ大評判となったのは彼のアレンジである。リチャード・カーペンターは次のように語っていた。「常識的なやり方から少し外れたものを、僕は思い描いていた。通常なら両立しないものを、そこに求めていたんだよ。つまり、メロディックなファズ・ギター・ソロをね」。

10年に渡り、カーペンターズのバンドの大黒柱だったギタリスト、故トニー・ペルーソによれば、彼はリチャードに「『5小節メロディーを弾いて、その後は熱く燃え上がるんだ! 空高く舞い上がって、成層圏に突入するんだよ』って言われたんだ。ドリス・デイを思わせるイージーリスニング風のこの曲のど真ん中に、アグレッシヴなソロを入れたいと彼は考えていた。『まさか本気じゃないだろ』と僕は思ったよ。何の気なしに、リチャードは新たな境地を切り開いたんだ。ロックン・ロールの要素をイージーリスニングと実際に混ぜ合わせた人は、それまで誰もいなかった。全く常軌を逸していたけれど、素晴らしいアイデアだったね。それ以来、壮大なパワー・バラードに激しいギター・ソロを入れるのは、すごく一般的なことになったんだ」。

Goodbye to Love (1972)

Goodbye to Love (1972)

 

この革新的なアレンジに対しては、万人から肯定的な反応が得られたわけではない。この曲がラジオから流れてきたのを初めてカーペンターズが聞いた際、DJは「カーペンターズがジミ・ヘンドリックスの曲をやっている」と冗談を飛ばしていた。また彼らのもとには、音楽的な異端性を感じ取って動揺したファンからの手紙も届いていた。

だが、旺盛な意欲に絶えず駆り立てられていたリチャード・カーペンターは、木管楽器であれ、弦楽器であれ、ハープやタンバリンであれ、更にはそれら全てを混ぜ合わせ、オーヴァーダブしたハーモニーに乗せるのであれ、今までにない新しいオーケストレーションを常に探し求めていた。「Make Believe It's Your First Time (邦題:遠い初恋)」の冒頭では、彼が“タップダンス・チーク(頬)”と呼んでいたサウンドが取り入れられている。それは、カレン・カーペンターが親指と人差し指で頬を3回素早くつねって引っ張ることで生み出された、タップダンスのような音だ。「I'll Never Love Again (邦題: 恋よ、さようなら)」(リチャード・カーペンターがこの曲を初めて聴いたのは、ベット・ミドラーが『ジョニー・カーソン・ショー』で歌っていた時)では、13声を39人分にした合唱を録音。リチャード・カーペンターは編曲家として5度グラミー賞にノミネートされているが、この曲がそのうちのひとつである。

カーペンターズは70年代を通じて更にヒットを飛ばし、リチャード・カーペンターは更に実験を続けた。 1977年のアルバム『Passage』では、カレン・カーペンターの歌にオーボエ、フルート、ハーモニカといった楽器の独奏を対比させることで、彼女の声を最大限まで引き出している。同アルバムには、カナダのバンド、クラトゥの宇宙アンセム「Calling Occupants Of Interplanetary Craft (The Recognised Anthem Of World Contact Day) (邦題:星空に愛を(コーリング・オキュパンツ))」のカヴァーも収録。7分超のこの曲では、オーケストラとギターの共演が展開されている。トニー・ペルーソが言っていた通り、「もちろんそれは、人々がカーペンターズに期待するものではない。創造的な見地から言えば、僕らは本当にすごく楽しい経験をしたよ。商業的には? そうはいかなかったけれど、リチャードは気にしていなかったと思うね」。

ジャズ・シンガーのマイケル・フランクスが書いた同アルバム収録の「B'wana She No Home (邦題:一人にさせて)」では、コンガとパーカッションの革新的な使い方を提示。才能あるセッション・ミュージシャン達が思い思いに羽を伸ばして演奏した時に何が起こるのかが、稀に見るクオリティの高さで示されている。

リチャード・カーペンターは、彼と妹がなぜ“優等生ぶった2人組”と呼ばれていたのか、その理由は理解していると認めており、グループの信頼性が損なわれたのは、和やかな雰囲気の『Close To You』のジャケット写真を始めとする、“安っぽい”アルバム・ジャケットにも一因があると反論していた。

しかしデビュー・アルバムから50年近くが経った今、カーペンターズは、彼らが受けるべき高い評価を得ている。彼らの絶妙な多層ハーモニーと、斬新なアレンジ、そして創造性は、現代のポップ・ミュージックを形作る上で大きな役割を果たしている。

純情そうなイメージに、そして後に32歳で亡くなったカレン・カーペンターの悲劇的な死に捉われるのはよそう。そうすれば、カーペンターズが音楽的にどこにも属さない異端者であったことが分かるはずだ。とりわけ、ロックや、パンク、プログレッシヴ・ロック、そしてヘヴィ・メタルが音楽界を支配していると思われていた時代に、彼らの "ソフト・ヴォーカル"な作品が1億5000万枚以上売り上げていたのだから尚更である。

Written By Martin Chilton


カーペンターズ『Carpenters With The Royal Philharmonic Orchestra』
2018年12月7日(金)全世界同時発売

予約はこちら↓
iTunes
CD2LPレコードUNIVERSAL MUSIC STORE限定のカラーLP

  

1. Overture
2. Yesterday Once More
3. Hurting Each Other
4. I Need To Be In Love(青春の輝き)
5. For All We Know(ふたりの誓い )
6. Touch Me When We’re Dancing
7. I Believe You
8. I Just Fall In Love Again(想い出にさよなら )
9. Merry Christmas, Darling
10. Baby It’s You
11. (They Long To Be) Close To You(遙かなる影 )
12. Superstar
13. Rainy Days And Mondays(雨の日と月曜日は)
14. This Masquerade
15. Ticket To Ride(涙の乗車券)
16. Goodbye To Love(愛にさよならを )
17. Top of The World
18. We’ve Only Just Begun(愛のプレリュード)
19. Please Mr. Postman  *日本盤ボーナス・トラック


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , ,

7 comments

  1. shiy
    Reply

    とてもいい記事です。
    小学生の頃 初めて洋楽に触れたのがカーペンターズでした。すぐにビートルズからロックにはまりました。その後も、実はカーペンターズはとっても好きだったのに、なぜか公には言えなかったですね。やっぱり素晴らしかったんですね。あらためて 聞き直して見ます。ありがとうございます。

  2. Tawatawa
    Reply

    同じく素晴らしい記事だと思います。

    今年還暦になりますが、カーペンターズは小6の頃より聴いてます。
    素晴らしいのですーしかし公に大好きとは言いませんでした、いえ、
    年頃で照れ臭くて言えなかっただけです。

    お陰で英語が上達しましたね〜大好きなビートルズ、ポールマッカートニーですが、良く分からない曲もある中で、カーペンターズは全曲認知出来ます、本当に好きだったのですねー

    今なら言えますね、カーペンターズが大好きです。

  3. 志村尚隆
    Reply

    カレン・カーペンターは、中学生時代から英語の発音の先生でした(です)。「青春の輝き」が一番好きな曲で、特に歌詞が自分のことを歌っている内容で、身につまされると同時に静かな感動をよぶ楽曲です。

    1. 管理人
      Reply

      カレンの英語の発音がとても美しいので、教材にもぴったりですよね!「青春の輝き」は邦題のつけかたも非常に素晴らしいですよね。

  4. カーペンターズ原理主義者
    Reply

    ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンに比べて、リチャード・カーペンターの作曲/編曲の才能が過少評価されているように思います。また、「ローリングストーンズ誌」に於てカレンの「影響のあるヴォーカリストランキング」が、第92位というのも個人的には10位以内に入るべき水準であると個人的には思います。

  5. Knob
    Reply

    カーペンターズが、カレンの発音が私の英語の先生でした。 カーペンターズに会いにCAに行きたい、を公言し、何はともあれ英語、英会話をずっと勉強してきました。 彼等に会うという夢は叶いませんでしたが、大した資格も取っていないのに、社内(名古屋にあるシティーホテル)では自他共に認める社内屈指の英会話力が身に付きました。 今でも私のiPodからはいつもカーペンターズが流れています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *