(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

2020年を定義した楽曲27選:最新曲からコロナ禍で再注目された曲まで

Published on

Illustration: uDiscoverMusic

新型コロナウイルスの蔓延を受け、2020年3月上旬に世界が崩壊しても、音楽は流れ続けていた。世界的な活動停止にもかかわらず、アーティストたちは制作を続け、終わりのないニュースのサイクルに代わるものを提供したり、それに直接語りかけたりするサウンドを提供してきた。

この一年は、家で踊っているようなカタルシスのあるポップスから、ムーブメントの声を伝えるパワフルなアンセム、そして懐かしさと慣れ親しんだものを求めてチャートに戻ってきた昔の名曲まで、様々なものが混在した一年だった。年を締めくくるにあたり、2020年を定義した曲を振り返ってみよう。

<関連記事>
2020年人気記事アクセスランキングTOP30:音楽サイトuDiscovermusic
2020年亡くなったミュージシャン、音楽関係者たち


1. アヴェニュー・ビート「F2020」

今年のヒット曲の一つは、アヴェニュー・ビート(Avenue Beat)というまだあまり知られていないポップ・トリオによるものだ。「Fu_k 2020」または「F2020」という完璧なパンデミック下で頭から離れない楽曲を作ったのだ。TikTokにこの曲を投下した後、この曲は爆発的な人気を博し、バイラル・センセ ンセーションを巻き起こした。シンプルでありながら効果的なミニマルバップは、我々の疲労感にぴったりのサウンドトラックとなった。- Laura Stavropoulos

*関連記事:「2020年って まじファ*ク」と歌う楽曲「F2020」が話題

avenue beat – F2020 (lyric video)

 

2. マーサ&ザ・ヴァンデラス「Dancing In The Streets」

マーヴィン・ゲイ、ウィリアム・’ミッキー’・スティーブンソン、アイビー・ジョー・ハンターによって書かれたマーサ&ザ・ヴァンデラス(Martha & The Vandellas)の1964年の大ヒット曲「Dancing In The Streets」は、発売当時に全米シングル・チャートで2位を獲得した。

その歌詞はあからさまに政治的なものではなかったが、このモータウンの名曲は、公民権のための戦いがヘッドラインニュースになっていた時代の社会のムードにマッチしていた。しかし、2020年には、ブラック・ライヴズ・マターがどれだけ重要かを宣言することがこれまで以上に必要とされていた時、この曲の希望と包摂性のメッセージは、これまで以上に大きく、誇りを持って歌い上げられた。– Tim Peacock

*関連記事:「Black Lives Matter 2020」繰り返される人種問題と抗議運動

Dancing In The Street (Stereo)

 

3. ケンドリック・ラマー「Alright」

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)は「Alright」をアンセムにしようとしていたのではなく、組織的に標的にされたコンプトン出身である自身の経験を曲に注ぎ込み、そしてそして偶然にも、警察官による黒人の絶え間ない殺害に抗議する何千人もの人々の声に共鳴したのだ。

希望に満ちながらも無力感にも満ちたこの曲は、2015年に、警察による暴力の被害者であるサンドラ・ブランドやフレディ・グレイなどを支援する抗議デモで反響を呼び、2020年にはブレオナ・テイラーやジョージ・フロイドが殺害された後に再び反響を呼んだ。年月が経ってもほとんど変化がなく、何百人もの黒人の命が失われ、「だが神がいてくれるなら、俺たちは大丈夫だ」という悲痛な聖歌が反響し続けているのだ。– Larisha Paul

*関連記事:カーティス・メイフィールドとケンドリック・ラマーの時代を超えた共通

Kendrick Lamar – Alright

 

4. マーヴィン・ゲイ「What’s Going On」

マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)の1971年の名作アルバム『What’s Going On』は、ソウルフルな歌と意味深で社会的な声を集めた画期的な作品であり、このタイトル曲は暴動や警察の残虐行為など60年代の動揺に対応したものだった。

しかし、人間性を受け入れ、団結を求めるこの曲の願いは、2020年になっても、分裂の激しいアメリカの中で深く響いている。ブラック・ライヴズ・マターのデモ行進から有権者登録まで、マーヴィン・ゲイのパワフルな歌が定期的に頭をよぎったのだ。– Sophie Smith

*関連記事:半世紀を経てマーヴィン・ゲイ「What’s Going On」MVが初公開

Marvin Gaye – What's Going On (Official Video 2019)

 

5. ザ・ローリング・ストーンズ「Living In a Ghost Town」

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)は、おそらく彼ら自身も含めて、ロックダウンが私たちを飲み込む中、慌ただしい活動で多くの人を驚かせた。2020年4月には、ミック、キース、チャーリー、ロニーがそれぞれの自宅から多数のスターが参加したオンライン・コンサート「One World: Together at Home」で「You Can’t Always Get What You Want」を演奏しているところを披露した。

数週間のうちに、彼らが2019年のアルバム・セッションの間に書き始めたこの曲は、その叙情的なメッセージがあまりにも痛烈になってしまい、それを抑えることができなくなったときに完成したのだ。

*関連記事:ストーンズ、8年振り新曲「Living In A Ghost Town」発表

The Rolling Stones – Living In A Ghost Town

 

6. R.E.M「It’s The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)」

2020年には新しい音楽が数多く登場したが、それだけではなく、試練の時代としか言いようのない今年に新たな関連性を持った古いヒット曲もチャートや人々の話題に再登場してきた。その一つがR.E.Mの愉快で皮肉な1987年のヒット曲で、33年ぶりにチャートに戻ってきた。文化的な言及はさておき、マイケル・スタイプの意識の流れは、平均的な一日のニュースサイクルによるストレスの要因の数々をカウントダウンしているかのようで、昨日書かれたように感じるのだ。– Laura Stavropoulos

*関連記事:新型コロナ蔓延を受け、R.E.M.チャートに再登場

R.E.M. – It's The End Of The World (Official Video)

 

7. パブリック・エネミー「The Grid」

テクノロジーが社会に侵入しすぎたかどうかという議論は続いているが、新型コロナウイルス蔓延の間、テクノロジーが私たちの団結力を維持するのに役立っていることは否定できない。ヒップホップのパイオニアであるパブリック・エネミー(Public Enemy)は、Def Jam復帰となった新作アルバム『What You Gonna Do When The Grid Goes Down? “What You Gonna Do When The Grid Goes Down?』で、この問題について彼らの意見を述べている。

そこに収録された「The Grid」は技術崩壊後の社会を論じており、チャックD、サイプレス・ヒルのB-リアル、セン・ドッグ、フレイバーフレイブ、ファンクの生きる伝説であるジョージ・クリントンがテレビ会議サービス「Zoom」のパロディである「Boom」で一緒に通話をする様子を描いた素晴らしいミュージック・ビデオが公開されている。– Tim Peacock

*関連記事:パブリック・エネミー、デフ・ジャム復帰最新作全曲解説

Public Enemy – GRID ft. Cypress Hill, George Clinton

 

8. ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」

黒人のポップ・ミュージシャンが歴史的に直面してきた、どんな曲を出したとしてもR&Bアーティストとして勝手にカテゴライズされてしまう問題が重くのしかかってきたザ・ウィークエンド(The Weeknd)は、デビューとなったミックステープ『House of Balloons』のリリース以来、本格的なポップ・スターダムへと徐々に近づいてきている。

彼の4枚目のアルバム『After Hours』は、彼が待ち望んでいた混乱であり、そのすべては2020年代最初の最大ヒット曲「Blinding Lights」を送りだすことから始まった。煌びやかな80年風のポップ・シングルは、全米シングル・チャートのトップ10に42週に渡ってランクインし、TikTokにはこの楽曲を使用した110万本以上の動画が公開され最大のダンス・トレンドの1つとなっている。– Larisha Paul

*関連記事:『After Hours』は、いかにして「コロナ時代のサントラ」となったか?

The Weeknd – Blinding Lights (Official Music Video)

 

9. BTS「Dynamite」

ディスコにインスパイアされた伝染性のあるビートと陽気なフックで、BTSの「Dynamite」はこの夏、世界が必要としていたポジティブさを与えてくれた。K-POPスターにとって初の英語曲となったこのシングルは、ファンと評論家の間で熱狂的に支持され、全米シングル・チャート初登場1位を記録し、グループ初のグラミー賞ノミネートも果たした。

この曲はグループ初、そして全員韓国人グループとして初の全米シングル1位を獲得しただけでなく、記録的な夏のアンセムとなった。また、「Dynamite」のカラフルなミュージック・ビデオは、初日に1億110万回を超える再生回数を記録し、YouTubeの24時間での最多再生回数記録を更新した。– Sophie Smith

*関連記事:HIP HOP/R&B専門サイトbmr編集長が語るK-POPの魅力

BTS (방탄소년단) 'Dynamite' Official MV

 

10. フリートウッド・マック「Dreams」

子供たちがフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)を知ることになるのは時間の問題だった。TikTokでブレイクする前から、この曲はすでにSNS上で話題となっていた。スケートボーダーのネイサン・アポダカが軽やかに滑っている動画をアップしたおかげだ。

ゆったりとしたドラムループからスティーヴィー・ニックスのエモーティヴなクロージングまで、1977年のシングルはフォークにインスパイアされたダンストラックであり、その後も熟したり、再発明されたりし続けている。– Laura Stavropoulos

Fleetwood Mac – Dreams (Official Music Video)

 

11. デュア・リパ「Don’t Start Now」

「New Rules」「One Kiss」「Electricity」といった3つヒット曲を放った後でも、デュア・リパのポップ・ミュージックにおける地位はまだ確立されていなかったが、セカンド・アルバム『Future Nostalgia』のノンストップ・パーティーは、彼女の存在を確固たるものにした。

そのアルバムのリード・シングルである「Don’t Start Now」は、ディスコの夢であり、復活のアンセムでもある。辛い時の重荷を乗り越えて、その時よりも強くなって出てくるという約束は、今年のような激動の一年を乗り越えるための最高のマインドセットなのだ。– Larisha Paul

Dua Lipa – Don't Start Now (Official Music Video)

 

12. Radio 1 Live Lounge All Stars「Times Like These」

多くの曲がそうであるように、フー・ファイターズの2002年の楽曲「Times Like These」は新型コロナウイルスの時代に新たな感動をもたらした。このゆっくりとしたアコースティック曲は、クリス・マーティン、デュア・リパ、リタ・オラ、ラグンボーン・マンなどの英国内外のスターたちをフィーチャーし、BBC Children in NeedとComic Reliefへの寄付金を募り、春にはUKチャートのトップに躍り出た。デイヴ・グロールは、このことを聞いて「うれし涙をこらた」と語っている。– Paul Sexton

Live Lounge Allstars – Times Like These (BBC Radio 1 Stay Home Live Lounge)

 

13. ザ・ポリス「Don’t Stand So Close To Me」

ロシアの小説家ウラジーミル・ナボコフの『ロリータ』を引用した歌詞を持つ唯一の世界的ヒット曲であることは間違いないだろう。この曲、ザ・ポリスの「Don’t Stand So Close To Me」は1980年にイギリスで最も売れたシングルとなる、後にグラミー賞を受賞している。

この楽曲のメインテーマは教師に片思い中の女子生徒を題材にしているが、タイトルとコーラスのリフレインは、新型コロナウイルスが文字通り社会を引き裂いていた2020年には不気味に聞こえたのだ。ソーシャルティスタンスが必要であるという点を強調するために、LAを拠点に活動するプロデューサー、Dave Audeがスティングと共同で新たなリミックスを制作している。

*関連記事:ソーシャル・ディスタンスを受け「Don’t Stand~」リミックスが公開

The Police – Don't Stand So Close To Me

 

14. ビリー・アイリッシュ「my Future」

ロックダウン中は誰もが何かしらの反省の時期を経験しているが、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)も例外ではなかった。ワールドツアーをキャンセルした後、アーティストはロサンゼルスに身を寄せ、そこで兄でありコラボレーターでもあるフィニアスと一緒に「my future」を書いて、レコーディングを行った。

7月にリリースされたこの曲は、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』と007の最新映画の主題歌である「No Time to Die」以来の新曲となった。ブルージーでメロウなバラードのサウンドで、恋愛の終わりを歌ったこの曲は、自己肯定と未来への希望を歌ったアップビートな曲になっている。それは、我々全員が必要としている高揚感と瞑想的なアンセムであり、自分自身に優しく、自分自身を第一に考え、未来に焦点を当てることを思い出させてくれるものとなった。

*関連記事:ビリー・アイリッシュと政治:力強い一歩を踏み出した新曲「my future」

Billie Eilish – my future

 

15. YG「FDT (feat. Nipsey Hussle)」

限りなく長い一年の中で最も決定的な瞬間の一つは、ジョージ・フロイド殺害事件をきっかけに夏の間に勃発した抗議行動、ブラック・ライヴズ・マターだった。全国で抗議デモが行われる中、YGとニプシー・ハッスルの予断を許さないアンセム「FDT (Fuck Donald Trump)」はその運動を後押した音楽であった。

2016年、トランプが大統領の当選前にリリースされたこの曲は、今年の夏の間にストリートでの集会の叫びとなり、11月に彼の敗北が宣言された後の祝賀のアンセムとなった。– Laura Stavropoulos

*関連記事j:政治的で社会性を持つコンシャス・ヒップホップ、2010年代のベスト20曲

YG – FDT ft. Nipsey Hussle (Official Audio)

 

16. The 1975「Love It If We Made It」

The 1975は、新聞の見出しや政治家からの直接の引用を使って「Love It If We Made It」の歌詞をつなぎ合わせた。リリースから2年が経過した今も、社会は様々な形で同じような悪事に直面している。政治家は、彼らが代表するべき人々の要求よりも個人のニーズを優先させ続け、若いミュージシャンが信じられないほど若くして亡くなり続け、フェイクニュースの脅威はますます大きくなっている。

リードボーカルのマシュー・ヒーリーの声には、新たな緊急性と不確実性が感じられるが、バンドが到達した結論は「現代は私たちを失望させた」というシンプルなものだ。「俺たちが成功したら最高だよ」と繰り返している。– Larisha Paul

*関連記事:The 1975がリスナーを魅了する5つの理由

The 1975 – Love It If We Made It (Official Video)

 

17. ルーク・コムズ「Six Feet Apart」

ルーク・コムズ(Luke Combs)が触れるものは全て金に変わるが、2020年の他のアーティストと同じように、彼もツアーを行うことができずにストレスを感じていた。そこで彼と友人のブレント・コブとロブ・スナイダーはこの曲を考え出した。彼のコロナ後の計画は、仲間と飲むこと、映画を見ること、野球を見ること、手をちゃんと洗うことだと歌の中で語っている。– Paul Sexton

Luke Combs – Six Feet Apart (Lyric Video)

 

18. ハイム「Summer Girl」

絶賛されているハイム(HAIM)の新作アルバム『Women In Music Pt.III』の発売に先駆けてシングルとしてリリースした「Summer Girl」は、ルー・リードの「Walk On The Wild Side」の一節を挿入したような魅力的なグルーヴが特徴のドリーミーなポップスであり、ヒット曲の特徴を全て備えている。

プロデューサーでもあるバンドメンバーのダニエル・ハイム。彼のボーイフレンドであるアリエル・レヒトシェイドの癌の診断を受けて書かれたこのリリックは、個人的な立場から書かれたものだが、この曲のポジティブな雰囲気と「I see it in your face, I’m relief / あなたの顔を見ると安心する」のような希望に満ちたセリフは、世界的なアピール力を持ち、2020年の暗闇の中に必要な光を照らした。– Tim Peacock

*関連記事:ハイムの3rdアルバム『Women in Music Pt. III』 発売決定

Haim – Summer Girl

 

19. テイラー・スウィフト「cardigan」

あるSNSユーザーが鋭く指摘したように、今年の世界的なパンデミックの間、アメリカは景気刺激策の小切手よりも多くのテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のアルバムを手に入れました。自粛期間中に本当に開花したアーティストがいるとすれば、それはテイラー・スウィフトである。個人的なストーリーを普遍的に感じさせる達人であるテイラーは今年、フォーク・ポップ・アルバム『folklore』と『evermore』の2枚のアルバムをリリースした。– Laura Stavropoulos

関連記事:『folklore』解説:コロナ禍でどう生まれ、何が込められたのか

Taylor Swift – cardigan (Official Music Video)

 

20. デイム・ヴェラ・リン「We’ll Meet Again」

80年前に国民的英雄と称されたデイム・ヴェラ・リン(Dame Vera Lynn)がこの夏、103歳で亡くなり、世界的な緊急事態となったことで、より一層の愛情がリバイバルとなっている。第二次世界大戦の代表曲である「Keep Smiling Through」は、新たな世代にも届き、悲しみに包まれながらも、再び国を元気にしてくれたのだ。– Paul Sexton

Dame Vera Lynn – We'll Meet Again (Singalong with Lyrics)

 

21. レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「Rain on Me」

レディー・ガガ(Lady Gaga)はファン待望のアルバム『Chromatica』をリリースする1週間前に、アリアナ・グランデをフィーチャーしたシングル「Rain on Me」をリリースした。カタルシスと歓喜に満ちたこのダンスフロアでのデュエットは、ポップの天国のようなパートナーシップであり、苦難の中での立ち直りを称えるという曲のテーマは、これまで以上に心に響いてくるのだ。– Sophie Smith

*関連記事:『Chromatica』解説:ポップに回帰した理由とそこに至る闘争

Lady Gaga, Ariana Grande – Rain On Me (Official Music Video)

 

22. BLACKPINK「How You Like That」

何年も前から前兆があったが、2020年は本当にK-Popがアメリカを征服した年だった。Wi-Fiのない防空壕に隔離されていない限り、K-Pop、特にBLACKPINKというインダストリアル・ポップ・コンプレックスでトラップを多用したサウンドを見逃すことはできないだろう。

今年はBTSのディスコ調のクロスオーバー・ヒット「Dynamite」とともに、BLACKPINKの世界的な大ヒット「How You Like That」がカーステレオから、そして地元のコンビニエンスストアからも同じくらいの音量で鳴り響いた。しかし、それはチャートにランクインしている他の楽曲と似て非なるものであった。ラップのフックからビートのドロップ、ボリウッドにインスパイアされたブレイクダウンまで、この曲は1つの中に複数の曲が入っていて、ファンベースが地球上のほとんどの場所にまで広がっているときには完璧な曲だ。– Laura Stavropoulos

BLACKPINK – 'How You Like That' M/V

 

23. ロディー・リッチ「The Box」

ロディー・リッチ(Roddy Ricch)はドアの軋む音で「The Box」をスタートさせ、3分間のメロディックなヴァースで2020年最大のヒット曲の1つとなった「The Box」を披露した。コンプトンのラッパーが朝6時30分にこのトラックをノックアウトした後に追加された「EEEE ER」は、TikTokのアプリで380万本以上の動画に使用されたことで話題となった。「The Box」はロディー・リッチにとって初のNo.1ヒットとなっただけでなく、今年最長のNo.1ヒットとなっている。 – Larisha Paul

Roddy Ricch – The Box [Official Music Video]

 

24. ミッキー・ガイトン「Heaven Down Here」

カントリーミュージック界の数少ない著名な黒人の一人として、新星ミッキー・ガイトン(Mickey Guyton)は今年、重要な発言力を発揮している。この大胆不敵なシンガーソングライターは、たとえ困難なテーマを扱うことになっても、彼女の真実を語ることを躊躇しない。激動と分裂の一年の中で書かれた「Heaven Down Here」は、ファンに希望の癒しのメッセージを提供した。ミュージック・ビデオには、ブラック・ライブズ・マターのデモ行進や政治的な集会から、疲れを知らない最前線の労働者まで、タイムリーなビジュアルが収録されている。

Mickey Guyton – Heaven Down Here (Official Music Video)

 

25. マイケル・ボール feat. the NHS Voices of Care Choir and Captain Tom Moore「You’ll Never Walk Alone」

今年の初めまで、トム・ムーアは99歳の単なる元イギリス陸軍士官だった(*4月30日の100歳の誕生日までに自宅の庭を100往復することを約束し、医療従事者を支援するチャリティを実施)。しかし4月には、彼は40億円のも資金が集まり、彼は暗黒のパンデミック時代に英国の前向きな存在となった。100歳になった後、5月にナイト爵を授与され、ロジャース&ハマースタインによる定番曲のこのチャートに彼の声が登場している。– Paul Sexton

You'll Never Walk Alone – Captain Tom Moore, Michael Ball & The NHS Voices of Care Choir

 

26. セレステ「I Can See the Change」

英国のソウルシンガーであるセレステ(Celeste)は、BBCからの注目度が高く、BRITライジングスター賞を受賞したことで、2020年に最も期待される新人アーティストの一人となった。BRITSアワードでのパフォーマンスで魅了されたフィニアスとのコラボ曲「I Can See the Change」をはじめ、彼女の崇高な歌声を披露する数々のシングルをリリースするなど、1年経った今でも彼女の期待は裏切られていない。

このバラードは、夏に再燃したブラック・ライヴズ・マター運動に先駆けて書き下ろされたものだが、その希望と変化のメッセージは、これまで以上にアーティストと彼女のファンの心に響いている。– Sophie Smith

*関連記事:セレステが、フィニアスとのコラボ曲「I Can See The Change」をリリース

Celeste – I Can See The Change (Official Video)

 

27. カーディ・B 「WAP (feat. Megan Thee Stallion)」

この曲は今年のアンセムであり、私たちに水を飲むような瞬間を与えてくれた。女性同士の争いが好きなジャンルの中で、「WAP」はカーディ・B(Cardi B)とメーガン・ザ・スタリオンという今をときめく2人の女性MCを集めて、女性らしさを熱く、そして乱暴に表現している。そして、マカロニについて二度と同じように考えることはないだろう。– Laura Stavropoulos

Cardi B – WAP feat. Megan Thee Stallion [Official Music Video]

Written by uDiscover Team




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss