史上最高のギター・ソロ100選

October 29, 2017


史上最高のギター・ソロ100選

みんなギター・ソロが好きだ。それがドライヴの効いたリフだろうと、テクニカルな技能を誇示したものだろうと、人生が要約されているようなインストゥルメンタル・パッセージだろうと。多くの場合最高なギター・ソロは曲を完成させ、しばしば、曲自体を完全に超えてしまう。

問題なのは、選ぶものがあまりに多過ぎることだ。古くて洗練されたもの、最近のよりトリッキーなもの。しかし我々は世界一素晴らしいギターを持ったヒーロー達による、ギター・ソロ・トップ100の候補をリストにまとめてみた。みなさん、もし、もっと良いものに心当たりがあったら、議論に参加するこのチャンスをお見逃しなく。 

 

100: デヴィッド・ボウイ「The Width Of A Circle」(1970年『The Man Who Sold The World(邦題:世界を売った男)』より)

99: スティーヴン・スティルス「Go Back Home」(1970年『Stephen Stills』より)

98: クイックシルヴァーメッセンジャーサーヴィスWho Do You Love?」(1969年『Happy Trails』より)

97: レッド・ツェッペリン「Heartbreaker」(1969年『Led Zeppelin II』より)

96: スティーリー・ダンKing Of The World」(1973年『Countdown To Ecstasy(邦題:エクスタシー)』より)

95: ニール・ヤング「When You Dance I Can Really Love」(1970年『After The Gold Rush』より)

94: レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Take The Power Back」(1992年『Rage Against The Machine』より)

93: ザ・ホワイト・ストライプス「Black Math」(2003年『Elephant』より)

92: レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「Californication」(2000年『Californication』より)

91: ザ・ローリング・ストーンズCan’t You Hear Me Knocking?」(1971年『Sticky Fingers』より)

The Rolling Stones Glastonbury Festival 2013 06 29 Full Concert

The Rolling Stones Glastonbury Festival 2013 06 29 Full Concert

 

90: スーパーグラス「Richard III(邦題:リチャード3世)」(1997年『In It For The Money』より)

89: ブラック・サバス「Iron Man」(1971年『Paranoid』より)

88: スティーヴ・ミラー・バンド「Kow Kow」(1969年『Brave New World』より)

87: ブルー・チアー「Parchment Farm」(1968年『Vincebus Eruptum』より)

86: ミック・ジャガー「Memo From Turner」(1970年映画『パフォーマンス(原題:Performance)』サウンドトラックより)

83: ジェフ・ベック・グループ「I Ain’t Superstitious(邦題:迷信嫌い)」(1968年『Truth』より)

82: ジョン・メイヤー「Gravity」(2006年『Continuum』より)

81: ジョージ・ハリスンAwaiting On You All」(1970年『All Things Must Pass』より)

80: モビー・グレープ「Omaha」(1967年『Moby Grape』より)

79: ジェファーソン・エアプレイン「Spare Chaynge」(1967年『After Bathing At Baxter’s』より)

78: ビーチ・ボーイズSteamboat」(1973年『Holland(邦題:オランダ)』より)

77: ラヴ「The Red Telephone」(1967年『Forever Changes』より)

76: ZZトップ「La Grange」(1973年『Tres Hombres』より)

75: T・ボーン・ウォーカー「Call It Stormy Monday (But Tuesday Is Just As Bad)(邦題:ストーミー・マンデイ)」(1947年シングルA面)

74: サム&デイヴ「Soul Man」(1967年『Soul Men』より)

73: グレイトフル・デッド「Slipknot!」(1975年『Blues For Allah』より)

72: ザ・フーI Can See For Miles(邦題:恋のマジック・アイ)」(1967年『The Who Sell Out』より)

71: サンタナ「Just In Time To See The Sun(邦題:栄光の夜明け)」(1972年『Caravanserai』より)

70: バターフィールド・ ブルース・バンド「East-West」(1966年『East-West』より)

69: フリートウッド・マック「Man Of The World」(1969年シングルA面)

68: U2New Year’s Day」(1983年『War(邦題:WAR(闘))』より)

67: マウンテン「Nantucket Sleighride」(1971年『Nantucket Sleighride』より)

66: ステイタス・クォーPaper Plane」(1972年『Piledriver』より)

65: ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズ「Let’s Go Trippin‘」(1961年『Surfer’s Choice』より)

64: トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ「Breakdown」(1977年『Tom Petty And The Heartbreakers』より)

Tom Petty & the Heartbreakers - Breakdown - 12/30/1978 - Winterland (Official)

Tom Petty & the Heartbreakers - Breakdown - 12/30/1978 - Winterland (Official)

 

63: ジョン・リー・フッカー&キャンド・ヒート「Boogie Chillen No.2」(1971年『Hooker ’N Heat』より)

62: キャンド・ヒート「Going Up The Country」(1968年『Living The Blues』より)

61: ジョー・ウォルシュ「Rocky Mountain Way」(1973年『The Smoker You Drink, The Player You Get』より)

60: アイズレー・ブラザーズ「Summer Breeze」(1972年『Summer Breeze』より)

59: オールマン・ブラザーズ・バンドIn Memory Of Elizabeth Reed(邦題:エリザベス・リードの追憶)」(1971年『At Fillmore East(邦題:フィルモア・イースト・ライヴ)』より)

58: クイーン「Seven Seas Of Rhye(邦題:輝ける7つの海)」(1974年『Queen II』より)

Queen - Seven Seas Of Rhye (Promo Video)

Queen - Seven Seas Of Rhye (Promo Video)

 

57: キャメル「Ice」(1979年『I Can See Your House From Here』より)

56: ザ・キンクス「You Really Got Me」(1964年『Kinks』より)

55: スティーヴィー・レイ・ヴォーン「Texas Flood」(1983年『Texas Flood』より)

54: ザ・ストロークス「You Only Live Once」(2006年『Impressions Of Earth』より)

53: キングス・オブ・レオン「Molly’s Chambers」(2003年『Youth & Young Manhood』より)

52: レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Guerilla Radio」(1999年『The Battle Of Los Angeles』より)

51: ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Little Wing」(1967年『Axis: Bold As Love』より)

50: ディープ・パープル「Highway Star」(1972年『Machine Head』より)

49: ザ・ヤードバーズ「Heart Full Of Soul(邦題:ハートせつなく)」(1965年シングルA面)

48: ザ・ローリング・ストーンズ「Sway」(1971年『Sticky Fingers』より)

47: フリートウッド・マック「Albatross」(1968年シングルA面)

46: ジョージ・ハリスン「What Is Life(邦題:美しき人生)」(1970年『All Things Must Pass』より)

George Harrison - What Is Life

George Harrison - What Is Life

 

45: クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス「Calvary」(1969年『Happy Trails』より)

44: ザ・シャーラタンズ「Alabama Bound」(1969年『The Charlatans』より)

43: ビーチ・ボーイズ「Do It Again」(1968年『20/20』より)

42: ザ・ビートルズA Hard Day’s Night」(1964年『A Hard Day’s Night』より)

41: スモール・フェイセス「Itchycoo Park」(1967年シングルA面)

40: バート・ヤンシュ「Reynardine」(1972年『Rosemary Lane』より)

39: ウィリー・ネルソン「Whiskey River」(1972年『Whiskey River』より)

38: メタリカ「Diosposable Heroes」(1986年『Master Of Puppets(邦題:メタル・マスター)』より)

Metallica: Disposable Heroes (MetOnTour - Las Vegas, NV - Rock In Rio USA - 2015)

Metallica: Disposable Heroes (MetOnTour - Las Vegas, NV - Rock In Rio USA - 2015)

 

37: ザ・キンクス「Sunny Afternoon」(1966年『Face To Face』より)

36: グレイトフル・デッド「Unbroken Chain」(1974年『From The Mars Hotel』より)

35: フランク・ザッパ「In-A-Gadda-Stravinsky」(1988年『Guitar』より)


34: レディオヘッド「Paranoid Android」(1997年『OK Computer』より)

33: マイケル・ジャクソン「Beat It」(1982年『Thriller』より)

32: パール・ジャム「Even Flow」(1985年『Ten』より)

31: ブルー・オイスター・カルト「(Don’t Fear) The Reaper」(1976年『Agents Of Fortune(邦題:タロットの呪い)』より)

30: ザ・ドアーズ「Light My Fire(邦題:ハートに火をつけて)」(1968年『The Doors(邦題:ハートに火をつけて)』より)

29: テレヴィジョン「Marquee Moon」(1977年『Marquee Moon』より)

28: オールマン・ブラザーズ・バンド「Statesboro Blues」(1971年『At Fillmore East』より)

27: クイーン「Killer Queen」(1974年『Sheer Heart Attack』より)

Queen - Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)

Queen - Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)

 

26: ザ・ビートルズ「Taxman」(1966年『Revolver』より)

25: ディープ・パープル「Smoke On The Water」(1972年『Machine Head』より)

24: ニール・ヤング「Southern Man」(1970年『After The Gold Rush』より)

23: ロリー・ギャラガ―「Messin’ With The Kid」(1972年『Live In Europe』より)

22: クリーム「White Room」(1968年『Wheels Of Fire』より』

21: ピンク・フロイド「Comfortably Numb」(1979年『The Wall』より)

20: ダイアー・ストレイツ「Sultans Of Swing(邦題:悲しきサルタン)」(1978年『Dire Straits』より)

Dire Straits - Sultans Of Swing

Dire Straits - Sultans Of Swing

 

19: ヴァン・ヘイレン「Eruption(邦題:暗闇の爆撃)」(1978年『Van Halen(邦題:炎の導火線)』より)

18: ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Purple Haze」(1967年シングルA面)

17: ヴェルヴェット・アンダーグラウンドSister Ray」(1968年『White Light/White Heat』より)

16: フリー「All Right Now」(1970年『Fire And Water』より)

15: デレク&ザ・ドミノス「Layla(邦題:いとしのレイラ)」(1970年『Layla And Other Assorted Love Songs(邦題:いとしのレイラ)』より)

14: テンプル・オブ・ザ・ドッグ「Reach Down」(1991年『Temple Of The Dog』より)

13: レナード・スキナード「Free Bird」(1973年『Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd(邦題:レナード・スキナード)』より)

12: イーグルス「Hotel California」(1977年『Hotel California』より)

11: ピンク・フロイド「Shine On You Crazy Diamond(邦題:クレイジー・ダイアモンド)」(1975年『Wish You Were Here(邦題:炎~あなたがここにいてほしい)』より)

10: ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」(1991年『Nevermind』より)

Nirvana - Smells Like Teen Spirit

Nirvana - Smells Like Teen Spirit

 

9: クリーム「Crossroads」(1968年『Wheels Of Fire』より)

Eric Clapton performs "Crossroads" Live!

Eric Clapton performs "Crossroads" Live!

 

8: ザ・ローリング・ストーンズ「Sympathy For The Devil(邦題:悪魔を憐れむ歌)」(1968年『Beggars Banquet』より)

7: ザ・フー「Won’t Get Fooled Again(邦題:無法の世界)」(1971年『Who’s Next』より)

6: プリンス「Purple Rain」(1984年『Purple Rain』より)

5: ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O’ Mine」(1987年『Appetite For Destruction』より)

Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine

Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine

 

4: ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Voodoo Child (Slight Return)」(1968年『Electric Ladyland』より)

3: レッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven(邦題:天国への階段)」(1971年『Led Zeppelin IV』より)

2: クイーン「Bohemian Rhapsody」(1975年『A Night At The Opera(邦題:オペラ座の夜)』より)

Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)

Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)

 

1: ザ・ビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」(1968年『The Beatles』(通称:ホワイト・アルバム)より)

The Beatles - While My Guitar Gently Weeps

The Beatles - While My Guitar Gently Weeps

 

と言うわけで、我々が選んだギター・ソロ・トップ100でした。もしもっと心当たりがあったら、議論に参加するこのチャンスをお見逃しなく。下のコメント欄に書き込み、我々の心を変えられるかどうか見てみよう!

(*本記事およびリストは本国uDiscovermusicの翻訳記事です)

which-lead-guitarist-are-you-350-wide-jp

10問の質問であなたがどのギタリストかわかる診断↑


 

 

 

 

 

 

 

<関連記事>


♪エアー・ギター・プレイ用の名作をもっと聴くには、プレイリスト『ロック・ヒーローズ』をフォロー:Spotify

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2 comments

  1. Yellow Jap
    Reply

    それは酷い選曲
    ジョージハリソンの2曲ともギターソロなんて入ってない、キンクスのサニーアフターヌーンにもギターソロなんて何処にも無い!
    何を基準に選んでいるのか??

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *