(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

アーケイド・ファイアがジョン・レノン「Mind Games」をカヴァー。Spotifyで限定公開

Published on

アーケイド・ファイアがSpotifyのシングルス・シリーズの一環で、ジョン・レノンの「Mind Games」をカヴァーした。このカヴァーは、彼等の最新作であり、5枚目のスタジオ・アルバム『Everything Now』からのタイトル・トラックのSpotifyスタジオでレコーディングしたヴァージョンと共にSpotifyで限定公開された。「Mind Games」はジョン・レノンが1973年に発売したソロ・アルバムのタイトル・トラック。

ジョン・レノンのオリジナルと同様に、アーケイド・ファイアの「Mind Games」でも苦しみと楽観主義 がブレンドされており、アーケイド・ファイアのヴァージョンではより根本的な希望を増幅させるかのように原曲でケン・アッシャーが弾いたメロトロンの音の代わりに、ストリングスの演奏を増減させている。

アーケイド・ファイアのこのカヴァーは、先月シカゴで行われたで初めて披露されている。スタジオ・ヴァージョンとは違い、ライヴでは、レディオヘッドの「Karma Police」のアウトロへと速やかにつづき、「Mind Games」に戻り、彼等自身の「Wake Up」が反復される前にデヴィッド・ボウイの「Oh! You Pretty Things」を引用している。

バンドのフロントマン、ウィン・バトラーとそのバンド仲間たちは、最近、5枚目となるアルバム『Everything Now』をリリースした。このアルバムは全米アルバム・チャートで、2013年の『Reflektor』、2010年の『The Suburbs』につづき、彼等にとって3度目となる1位を獲得。『Everything Now』はリンキン・パークの『One More Light』につづき、今年チャートで1位を獲得した2枚目のロック・アルバムとなった。

アーケイド・ファイアは、このアルバムに伴うツアーを9月12日のマディソン・スクエア・ガーデンからスタートしている。

Written by Tim Peacock



ジョン・レノン / マインド・ゲームス(ヌートピア宣言)【CD】【SHM-CD】

 

ジョン・レノン『Mind Games』

btn_store_link   spotify_logo_link download_jtunes_link applemusic_link

 

uDiscoverのアーケイド・ファイア Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss