(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

リッチー・ブラックモアの新しいバンドが誕生した時『Ritchie Blackmore’s Rainbow』

Published on

ディープ・パープルのギター・ヒーローからのメッセージは明確だった。アルバム・カヴァーには新しいバンドの名前がはっきりと綴られていたのだ。バンドにとって最初のレコードで、カラフルなスリーヴに名前が大きく掲げられたアルバム『Ritchie Blackmore’s Rainbow(邦題:銀嶺の覇者)』は、1975年9月6日に初めて全米チャート入りした。

アルバムは、1975年前半にミュンヘンのミューシックランドでレコーディングされた。この作品でロック・ギターの一人者としても、そしてバンドのリード・シンガーのロニー・ジェイムス・ディオとともにほとんどの楽曲を書いた作曲者としても、リッチー・ブラックモアの才能が新たに発揮されたものとなった。彼らはオープニング曲「Man On The Silver Mountain(邦題:銀嶺の覇者)」を含む9曲のうち7曲を共作し、サポートにはキーボードのミッキー・リー・ソウル、ドラマーのゲイリー・ドリスコール、とベーシストのクレイグ・グルーバーが参加している。

オリジナル以外の2曲のうちの1曲は、リッチーがディープ・パープルのアルバム『Stormbringer』でやりたかったイギリスのプログレ・バンドのクォーターマスの「Black Sheep of the Family」のカバー。このレコーディングは1974年12月にフロリダ州のタンパベイで録音されていた。その頃はまだディープ・パープルに在籍していたが、新しいバンドの構想のもと、リッチーが一人でレコーディングをしていたのだった。

そしてこの曲は当時ディープ・パープルの全米ツアーでサポート・アクトを務めていたアメリカのハード・ロック・バンドのエルフのロニー・ジェイムズ・ディオとゲイリー・ドリスコールがフィーチャーされている。そしてアルバム『Ritchie Blackmore’s Rainbow』の最後には、1964年後半にイギリスでトップ3入りし、「Evil Hearted You」と両A面でリリースされたヤードバーズのヒット曲「Still I’m Sad」のエネルギー溢れるインストゥルメンタル・ヴァージョンが収録されている。

『Ritchie Blackmore’s Rainbow』は全米79位でチャート入りし、15週間チャートにランク・インし続け、最高位30位を記録した。その秋にはレインボーはツアーに出向き、1975年にはロック界のビッグ・ネームへと成長していった。

Written by Paul Sexton



レインボー / Ritchie Blackmore’s Rainbow【1LP】【LIMITED】【輸入盤】【アナログ】

レインボー『Ritchie Blackmore’s Rainbow』

 btn_store  download_jtunes applemusic_link spotify_logo

uDiscoverのレインボー Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss