(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

スティーリー・ダンが残したアルバムとその軌跡

Published on

Can't Buy A Thrill1972年に卓越した作品『Can’t Buy A Thrill』でアルバム・ロック・シーンに突如現れたスティーリー・ダンは、偉大なデビューLPの到来を示しただけでなく、洗練されたポップ・ロックに新たなスタンダードを設けた。グループの様々な変化や、それぞれ自身のプロジェクトでの活動もある中、グループの創立メンバーで、1950年2月20日生まれのウォルター・ベッカーと1948年1月10日生まれのドナルド・フェイゲンは、長い間ニューヨーク出身の2人の友人という関係を保ち続けた。

Steely Dan Gaucho

最新のスタジオ・プロジェクト『Everything Must Go』は今となっては随分と前の2003年のリリースで、バンドとしてのニュー・アルバム作りはもう考えていなかったのかもしれないが、彼らのクリエイティヴィティは間違いなく健在だった。スティーリー・ダンはライヴ活動を、特にニューヨークで精力的に続け、2016年秋にはビーコン・シアターで「The Dan Who Knew Too Much」の公演を10日も行い、ファンを喜ばせている。

1973年のメロディ・メーカー誌にドナルド・フェイゲンはこう話した「スティーリー・ダンの典型的な曲は、鋭いヴァース、湧き上がるようなコーラス、刺激的なブリッジ、そしてもちろん、制限のないインストゥルメンタル部分が何かしら含まれる。ポップ・ソングだけど面白い構造とそこから発展する何かがある」。
Steelydan-everythingmustgo

「そういう意味ではトラディショナルなんだ、でもコードがほとんどのロックン・ロールより面白い、と私たちは思っているよ」。

Written by Paul Sexton



スティーリー・ダンの作品を聴く

btn_store  download_jtunes applemusic_link spotify_logo
uDiscoverのスティーリー・ダン Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss