(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

グレン・キャンベル自身初の全米1位「Rhinestone Cowboy」が快挙な理由

Published on

グレン・キャンベルは、1961年に初めて全米チャート入りし、心に残る名曲を多く残していた。しかしチャート的には結果を出すことはなく、初めてのチャートインから14年が経過した時、ようやくポップ・チャート1位を獲得した。

アーカンソー州デライト出身の素晴らしいヴォーカリストは、1961年の秋、25歳の時に「Turn Around, Look At Me」で初めてチャート入りし、62位を記録した。人気のセッション・ギタリストとして、そしてビーチ・ボーイズのツアー・メンバーとしても活躍していた彼は、1968年に「Gentle on My Mind」をリリースするまでは、トップ40入りも果たせなかったが、果たせたときもギリギリ39位だった。

グレン・キャンベルがレコーディングしたジミー・ウェッブの作曲した曲は、ポップ音楽史の一部だ。「Wichita Lineman」「Galveston」などその他もヒット曲ばかりだったが、それでも1975年9月6日までグレン・キャンベルは全米シングル・チャートの1位を獲得することはなかった。そんな時、グレン・キャンベルは、ラリー・ワイスが作曲した「Rhinestone Cowboy」をデニス・ランバートとブライアン・ポッターによるプロデュースのもとレコーディング。発売すると非常に好評を得て全米チャート3位にランクしていたが、その翌週に1位にいたK.C.&ザ・サンシャイン・バンドの「Get Down Tonight」からトップの座を奪ったのだ。

トップについて2週目にはカントリー・チャートでも1位を達成し、両チャートでのトップは1961年のジミー・ディーンの「Big Bad John」以来の快挙で、不思議なことにそれはグレン・キャンベルが初めてチャート入りを果たした翌週のことだった。

Photo of Glen CAMPBELL
1975年9月にはディスコが世界中で流行していた時代だったが、それでもポップがチャートに入る余地は十分あり、「Rhinestone Cowboy」はアメリカだけではなくカナダとアイルランドで1位、オランダで3位、イギリスとベルギーで4位、オーストラリアで5位を記録した。わずか18か月後、アレン・トゥーサンの「Southern Nights」でグレン・キャンベルは再びチャートのトップに君臨した。

ちなみに「Rhinestone Cowboy」を作曲したラリー・ワイスは自身が歌ったオリジナルヴァージョンが売れなかったことに落胆し、店舗を借りて家具業を始めようかと悩んでいたほどだった。グレン・キャンベルのカヴァーが世に出るまでは。

Written by Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss