(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

スティーリー・ダンの最高傑作『Aja(彩(エイジャ))』:全米チャートで最も成功を収めたアルバム

Published on

スティーリー・ダンのアルバムはどれも素晴らしく作り上げられているので、優れた音楽の才能だけではなく、スタジオ・エンジニアリングも高く評価されたことは当然である。1978年2月23日にアルバム『Aja(邦題:彩(エイジャ))』は、アル・シュミット、ビル・シュネー、エリオット・シャイナー、そしてロジャー・ニコルスがグラミー賞ノン・クラシカル部門で最優秀録音賞を受賞した。

ドイツで殿堂入りを果たしたこの最高傑作は、スティーリー・ダンのヒット作「Reeling In The Years」時代の音楽スタイルから、より洗練したジャズ・サウンドへの推移を象徴している。しかし同時に、商業的成功を保ち続けただけではなく、多くの成果を上げた。長年のコラボレーターであるゲイリー・カッツがプロデュースを手掛けた『Aja』は、バンドにとって最も成功したアルバムであり、初のプラチナ・ディスクを獲得した。

Peg

6枚目となるスティーリー・ダンのLP『Aja』は1977年10月にUSチャートに登場し、数週間以内には収録曲がヒット・シングルとなった。長年の友人であるマイケル・マクドナルドの独特なハーモニー・ヴォーカルが特徴のキャッチーなトラック「Peg」は、全米シングル・チャートで11位まで昇りつめた。翌年の頭には「Deacon Blues」が2つ目のヒット曲となった。

Deacon Blues

全米チャートで最も成功を収めたアルバムとなったことは驚きではない。7週間3位にランクインし、後にダブル・プラチナ・ディスクを獲得した。ローリング・ストーン誌は、2003年のオールタイム・グレイテスト・アルバム500で145位に『Aja』を選んでいる。

洗練された空気のようなサウンドの特徴的なヒットしたタイトル・トラック、元気な「Josie」、そしてその他の様々な要素が詰まった『Aja』は、レコード・マニアにとっては買うべき作品の1枚となっている。ジョー・サンプル、ウェイン・ショーター、ラリー・カールトン、ジム・ケルトナー、そしてトム・スコットのような一流ミュージシャンの存在は、決して色褪せることのないアルバムの上品なサウンドを更に優雅にしている。


  • スティーリー・ダン『Aja』のデジタルダウンロード:iTunes
  • スティーリー・ダン『Aja』の試聴:Spotify

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

5 Comments

Don't Miss