(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

アンダーワールドとイギー・ポップがコラボレーション、新曲「Bells & Circles」を発表

Published on

アンダーワールドイギー・ポップが新たなコラボ曲「Bells & Circles」をリリースした。曲は下記より視聴可能。プレス・リリースによると、ロンドンで「アフタヌーン・ティーを嗜んでいる間に」楽曲はレコーディングされた。この新曲の中でイギー・ポップはスポークン・ワードでまだ飛行機で喫煙できた時代の話を語っている。

Underworld & Iggy Pop – Bells & Circles

 

昨年、アンダーワールドは1999年のアルバム『Beacoup Fish』の再発をリリース。一方、イギー・ポップはワンオートリックス・ポイント・ネヴァーと組み、映画『グッド・タイム』のサウンドトラックに収録された「The Pure and the Damned」を発表している。

今回の新曲「Bells & Circles」はイギー・ポップにとっては、昨年ジャーヴィス・コッカーとともに、テレビ・ドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン4のために、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズの「Red Right Hand」をカヴァーして以来の新作となる。

来月、イギー・ポップはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの “Villains” ツアーのイギリス公演として6月30日にロンドンのフィンズベリー・パークで開催される大々的なライヴに出演する。北米ではフー・ファイターズのデイヴ・グロールがキュレートし、10月に開催されるカル・ジャム18フェスティバルで再び両者が出演する予定だ。

一方のアンダーワールドは今年の4月に自身の新曲も発表している。「Brilliant Yes That Would Be」と題されたこの新曲は、サイモン・テイラー監督がアイスランドで撮影したビデオとともに発表された。

Underworld – Brilliant Yes That Would Be

 

アンダーワールドは、カール・ハイドとリック・スミスによって1980年、カーディフにて結成、映画『トレインスポッティング』のサウンドトラックに収録された独創的なトラック「Born Slippy」で最もよく知られている。2016年には現時点での最新アルバム『Barbara Barbara, We Face A Shining Future』をリリース。昨年には、映画『トレインスポッティング』の続編『T2トレインスポッティング』のサウンドトラックのため「Born Slippy」を再編成した「Long Slow Slippy」をリリースしている。

アンダーワールドは2018年5月26日(土)にBBCミュージック主催のザ・ビゲスト・ウィークエンドのベルファスト公演でヘッドライナーを務めた。今夏はさらに7月14日にスペインのマドリッドで開催されるマッド・クール・フェスティバル、7月27日にベルギーのボームで開催されるトゥモローランド、そして8月4日にアイルランドのウォーターフォードで開催されるオール・トゥゲザー・ナウ・フェスティバルに出演する。

Written by Tim Peacock


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss