(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

オフスプリング、9年ぶりの新作『Let the Bad Times Roll』からMV先行公開「パンクに戻る時が来た」

Published on

Photo: Courtesy of Concord Records/YouTube

カリフォルニアを代表するパンク・ロック・バンドのオフスプリング(The Offspring)が、2021年4月16日に発売する、2012年の『Days Go By』以来となる自身10枚目のスタジオ・アルバム『Let the Bad Times Roll』から、タイトルトラック「Let The Bad Times Roll」のミュージック・ビデオを公開した。

この曲に込められた意味について、フロントマンのデクスター・ホーランドは次のように語っている。

「俺たちは、世界の指導者たちが “最善を尽くします” と言う代わりに、“くそったれ!”と言っているような、歴史上でもユニークな時代にいるんだ」

<関連記事>
スケート・パンク/ポップ・パンク特集
パンクと体制との闘いの歴史

The Offspring – Let The Bad Times Roll (Official Music Video)

 

また、最近のNMEのインタビューで、デクスターは新作アルバムについてこう語っていた

「新作は特別なレコードです。何枚もレコードを出していると、どうやって同じことを繰り返さないようにするかを考える。最近の2枚のレコード(『Rise and Fall, Rage and Grace』『Days Go By』)では、自分たちの視野を広げる時期だと感じていたけど、今回はよりパンクなレコードに戻る時が来たと感じたんだ」

「歌詞の面では、基本的に政治的なことにはあまり触れないようにしているけど、ここ数年は異常な状態が続いていて、“どうやったらコメントしないでいられるだろうか!” という感じ。だから、アメリカで起こっていることをテーマにしたものが、このアルバムの一部であることは間違いない」

先行して音源が公開されていた新曲「Let The Bad Times Roll」は米ローリング・ストーン誌が「悪意のないポップ・パンクと舌先の皮肉という、彼らの特徴的なミックスに戻ってきた」と評し、ラウドワイヤー誌は、「今日の世界の悪を指差しながら、騒々しくもアコースティックに駆られた節から、バンドのお馴染みのパンク感覚へとシフトする傑作」とレビューしている。

Written by uDiscover Team



オフスプリング『Let The Bad Times Roll』
2021年4月16日発売
CD&LP / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss