(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

ザ・スタイル・カウンシルのグレイテスト・ヒッツが発売決定。ポール・ウェラー自身が共同編集者に

Published on

ポール・ウェラーが最初のバンドであるザ・ジャムを全盛のうちに解散し、1983年3月にミック・タルボット、D.C.リー、スティーヴ・ホワイトと結成して新たな音楽領域へと前進したポップ・グループ、ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)。

その数々の大ヒット曲をすべて収録した決定版となる待望のアンソロジー『Long Hot Summers: The Story of The Style Council(ロング・ホット・サマーズ:ザ・ストーリー・オブ・ザ・スタイル・カウンシル)』が、2020年10月30日にリリースされる。ポール・ウェラー自身が共同編集者として関わり、アビイ・ロード・スタジオでリマスターされた。

<関連記事>
ポール・ウェラー、全英初登場1位となった最新作『On Sunset』本人による楽曲解説
ポール・ウェラーの20曲:最もクリエイティブであり続けるシンガー・ソングライター

The Style Council – My Ever Changing Moods

このアルバムのタイトルにもなった「Long Hot Summer」、TOP 5入りしたデビュー曲「Speak Like a Child」、そして「You’re The Best Thing」「My Ever Changing Moods」「Shout To The Top」などの名曲の数々と、未発表の2曲「My Ever-Changing Moods」のデモ・ヴァージョンと「Dropping Bombs On The Whitehouse(ホワイトハウスへ爆撃)」のエクステンデッド・ヴァージョンが収録される。

アルバム発売日の10月30日には、同タイトルのドキュメンタリーがUKのテレビ局スカイ・アーツで公開が決定。このドキュメンタリーではバンドの重要メンバー全員と、ファンやコラボレーターへのインタビューが特集されている。

The Style Council – Shout To The Top (Official Video)

ザ・スタイル・カウンシルは、クリエイターの象徴だった。ポール・ウェラーはスマートで、大胆不敵で、斬新で、社会的良心に対してポップ・ミュージックの可能性を押し広げることをまったく恐れなかった。彼らは新たなサウンドを探し求めてこれまで触れたことのない世界を旅し、ブルーノート・ジャズやシカゴ・ソウル、クロード・ドビュッシー、エリック・サティ、シカゴ・ハウス、ジャック・ブレルなど、幅広い音楽的影響を取り入れた。

チャート入りした多くのヒット曲とともに、ザ・スタイル・カウンシルは瞬く間に80年代を特徴づけるポップ・バンドのひとつになった。またその頃、マーガレット・サッチャーが政権を握った10年間の中で、1984年から1985年に起こった鉱山労働者のストライキが頂点に達しており、その状況で活動家の言葉で語られるポールの歌詞は、とても力強く説得力を持っていた。4枚のアルバムと17曲のシングルをリリースしたザ・スタイル・カウンシルは、プログレッシヴでソウルフルなポップと社会的論評のスタンダードと化した。そしてそのすべてが、このアンソロジーに収められている。

なお、ポール・ウェラーは、今年7月に最新アルバム『On Sunset』をリリースしており、キャリア通算7枚目の全英1位を獲得、1980年代~2020年代の連続した5つの年代でアルバムが1位を獲得するという、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、デヴィッド・ギルモアに並ぶ記録を打ち立てている。



ザ・スタイル・カウンシル『Long Hot Summers: The Story of The Style Council』
2020年10月30日発売
CD / iTunes / Apple Music

Disc 1

  1. ヘッドスタート・フォー・ハッピネス Headstart for Happiness
  2. ロング・ホット・サマー Long Hot Summer
  3. マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ My Ever-Changing Moods
  4. タンブリング・ダウン Walls Come Tumbling Down!
  5. パーティー・チェインバーズ Party Chambers
  6. ウォンテッド Wanted (or Waiter, There’s…)
  7. シャウト・トゥ・ザ・トップ Shout to the Top!
  8. イット・ジャスト・ケイム・トゥ・ピーセズ・イン・マイ・ハンズ It Just Came to Pieces in My Hands
  9. カム・トゥ・ミルトン・キーンズ Come to Milton Keynes
  10. ホワイ・アイ・ウェント・ミッシング Why I Went Missing
  11. ウェイティング Waiting
  12. ゴースツ・オブ・ダカウ Ghosts Of Dachau
  13. ダウン・イン・ザ・セーヌ Down in the Seine
  14. ザ・パリス・マッチ The Paris Match
  15. ボーイ・フー・クライド・ウルフ Boy Who Cried Wolf
  16. トップ・ピープルズ・ヘルス・ファーム Life at a Top People’s Health Farm
  17. ホームブレイカー Homebreakers
  18. ホワイトハウスへ爆撃(エクステンデッド・ヴァージョン) Dropping Bombs On The Whitehouse (Extended version) *

Disc 2

  1. スピーク・ライク・ア・チャイルド Speak Like a Child
  2. ロジャーズ The Lodgers (Or She Was Only…)
  3. マネー・ゴー・ラウンド Money Go Round
  4. ユーアー・ザ・ベスト You’re the Best Thing
  5. シー・スルー・イット・オール・アウェイ How She Threw It All Away
  6. マン・オブ・グレイト・プロミス A Man of Great Promise
  7. ザ・ピカデリー・トレイル The Piccadilly Trail
  8. ソリッド・ボンド・イン・ユア・ハート A Solid Bond in Your Heart
  9. オール・ゴーン・アウェイ All Gone Away
  10. スウィート・ラヴィング・ウェイズ Sweet Loving Ways
  11. プロミスト・ランド Promised Land
  12. エヴァ・ハッド・イット・ブルー? Have You Ever Had It Blue
  13. イット・ディドゥント・マター It Didn’t Matter
  14. スピン・ドリフティング Spin’ Drifting
  15. ヒアズ・ワン・ザット・ガット・アウェイ Here’s One That Got Away
  16. ア・ウーマンズ・ソング A Woman’s Song
  17. チェンジング・ザ・ガード Changing of the Guard
  18. マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ(デモ) My Ever-Changing Moods (Demo) *
  19. シャウト・トゥ・ザ・トップ(インストゥルメンタル) Shout To The Top (Instrumental)


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss