(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

クイーンのロジャー・テイラーが約5年振りのソロ・シングルをリリース

Published on

クイーンのドラマー、ロジャー・テイラーが新たなソロ・シングル「Gangsters Are Running This World」をリリースした。下記よりこの曲のリリック・ビデオをご覧いただける。

ピアノに導かれるメロディックなこの曲は、無力感を漂わせ、リリックには現代社会における予測不可能な政治情勢から誰もが抱えている不安について綴られている。“ベッドに横たわって、気持ちを落ち着かせようとするのだが/積み重なる不安で胸が押し潰されそうになる/ギャングスターがこの世を動かしている/俺たちの叫びはどこへも届かない/ギャングスターがこの世を動かしている”と冒頭で彼は歌う。

だが曲が進むにつれ、彼は人類が一体になる術について、希望を含ませながら歌っている。“愛の翼で空を飛んで行きたい/澄み渡る新鮮な空気を顔いっぱいに受けて/全ての国境や壁を破壊して/人類に貢献したい”

Roger Taylor – Gangsters Are Running This World (Official Lyric Video)

Roger Taylor - Gangsters Are Running This World (Official Lyric Video)

 

ロジャー・テイラーにとって5年以上振りのソロ作品となるこの曲は(2017年の「Journey’s End」はショート・ビデオ扱い)、アダム・ランバートをヴォーカルに携えた今年夏に開催されるクイーンの“ラプソディ”北米ツアーに先立って発表された。7月10日にバンクーバーのロジャーズ・アリーナで開幕し、8月23日にシャーロットのスペクトラム・センターで幕を閉じるこのツアーのチケットは現在発売中である。また、8月29日には、ABCがクイーンとアダム・ランバードのドキュメンタリー映画『The Show Must Go On: The Queen & Adam Lambert Story』を初放映する予定となっている。

昨年公開されたフレディ・マーキュリーがいた初期のクイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットによって、バンドは再び世界規模で脚光を浴びている。今作は、第91回アカデミー賞において、ラミ・マレックの主演男優賞や録音賞、編集賞を含む4部門を受賞し、作品賞にもノミネートされた。

それ以外のクイーンのニュースとしては、クイーンの楽曲を使用したミュージカル『We Will Rock You』が北米各地のアリーナで再上演されることが決定している。2002年に初演され、カナダのアネリン・シアトリカルズが制作を手掛けるこのミュージカルは、現地時間9月3日より、カナダのマニトバ州、ウィニペグの6夜連続公演からスタートする予定だ。

Written by Tim Peacock


「クイーンの日」世界中で日本のみ9作品再発が決定2019年4月17日発売
各商品の詳細はこちら



映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月9日日本全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
映画公式サイト

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss