(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ポール・マッカートニー、限定ボックス・セット『McCartney I II III』が発売

Published on

Paul McCartney photos - Courtesy: Paul McCartney and Mary McCartney

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の代表的な3枚のソロ・アルバム『McCartney』『McCartney II』『McCartney III』を初めて収録した限定ボックス・セット『McCartney I II III』が2022年8月5日に発売された。

<関連記事>
ポール・マッカートニー『Flaming Pie』アーカイヴ・コレクション発売決定
ビートルズ解散後のポール・マッカートニーのベスト・ソング20曲

Unboxing Video: McCartney I, II, III Boxset | Paul McCartney

半世紀にわたるマッカートニーのソロ活動の軌跡をたどることができるこのボックス・セットは、彼の飽くなき創造性、とりわけ、全てを自作で完結させ、不滅の輝きを放つ天才的な才能が豊かに表現されている。ボックスは、カラー・ヴァイナル、ブラック・ヴァイナル、CDの3形態で限定発売。カラー構成は、レコードの色合いがそれぞれ異なっている。

このボックス・セットには、各アルバムに関するポールの紹介が付いた3つの特別な写真プリントが収録。新しく作成されたボックス・セットのカバーとタイポグラフィは、エド・ルシェによるもの。アルバムはジャイルズ・マーティンとスティーブ・オーチャードがドルビーアトモスでミキシングし、ドルビーアトモスのマスタリングはエミリー・ラザーが担当した。

また、Apple Musicではそれぞれのアルバムが空間オーディオで配信されている。

アルバムの内容

どのアルバムも忘れられないポール・マッカートニーの楽曲が満載で、1970年のセルフタイトルLP『McCartney』には「Maybe I’m Amazed」「Every Night」「The Lovely Linda」といった珠玉の楽曲が収録。10年後となる1980年の『McCartney II』には、全米1位の「Coming Up」や全英トップ10のバラード「Waterfalls」のほか、「Temporary Secretary」のような実験作も収録されている。

Paul McCartney – Coming Up (Official Music Video)

2020年後半、ポールは再度、自作自演のドゥ・イット・ユアセルフのアプローチに戻り、『McCartney III』を発表。「The Kiss of Venus」や「Women and Wives」といった注目すべき新曲を収録しただけでなく、ベック、ジョシュ・オム、セント・ビンセントといった崇拝者による想像力に富んだリメイク・アルバム『McCartney III Imagined』も発売している。

Paul McCartney – Women And Wives (Official Lyric Video)

今回のボックス・セットはすでにメディアから高い評価を得ており、The Quietusは「Reissue of the Week(今週のベスト再発)」に制定し、Darran Andersonによるレビューの小見出しでは「このセルフタイトル・アルバム3部作は宝石をちりばめ、ポール・マッカートニーの実際の姿をより明確に知ることができる」と述べている。Classic Rockでは、Everett Trueがこう記している。

「50年の歳月を経たとはいえ、マッカートニー・シリーズには驚くべき共通点がある。特に、3作品とも音楽の商業的でない側面を恐れずに受け入れているのだ」

ピーター・ジャクソンによる別プロジェクト

マッカートニーに関する他のニュースとしては、エミー賞の最優秀ドキュメンタリーシリーズ賞を含む5部門にノミネートされた壮大なドキュメンタリー番組『ザ・ビートルズ:Get Back』の監督ピーター・ジャクソンが、最近Deadlineに、別のザ・ビートルズ関連プロジェクトが進行中かもしれないと次のように明かしている。

「私はビートルズと、“Get Back”とは全く異なる別のプロジェクトについて話しているんだ。どんな可能性があるか見ているところだけど、彼らとの別のプロジェクトなんだ。ドキュメンタリーではないんだ…それしか言えないよ」

また、エミー賞のノミネートについて、特にサウンドミキシング部門のノミネーションについて、彼はこう付け加えた。

「この部門は常に、その分野で働いている人以外には、あまり尊敬されていない部門だと思うんだ。“Get Back”は、音を復元し、音楽のトラックを分離するためのAI的なものを開発することがすべてだ。そんな画期的な仕事をたくさんしたので、その仕事をした人たちがエミー賞のノミネートに加わっているのは、本当に素晴らしい。本当にうれしいよ」

Written By Paul Sexton


ポール・マッカートニー『McCartney I II III (Limited Edition Colour 3LP Box Set)』
2022年8月5日発売
CD / 3LP




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss