(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

東日本大震災から10年、レディー・ガガが日本へのメッセージを公開

Published on

親日家としても知られるレディー・ガガ(Lady Gaga)が、東日本大震災から2021年3月11日で10年を迎えるにあたり、被災地に向けたメッセージ動画を公開した。また、レディー・ガガは、自身のSNSでも「アイシテマス、ジャパン」と日本へのメッセージを投稿している。

<関連記事>
レディー・ガガ、ヴァーチャル卒業式「Dear Class of 2020」でのスピーチ全文
レディー・ガガ『The Fame』発売10周年、担当者が語るデビュー前後のガガ

レディー・ガガ – 東日本大震災から10年 メッセージ動画

ガガは動画内で、当時の心境を振り返り、被災後のめざましい復興を支えた人たちに称賛を送っている。また、未だ被災により大きな悲しみの中にいる人や、昨年からのコロナウィルス蔓延により苦しむ人たちにも寄り添い、自分自身にも優しくしてあげることを忘れないで欲しいとコメント。

デビューから日本を愛し、震災発生時にもいち早く来日して日本へエールを送ったガガ。昨年には自身が発起人となりWHO(世界保健機関)と慈善団体「Global Citizen」と共に新型コロナウイルス対策支援のコンサート「One World: Together at Home」を開催するなど、一貫して困難な状況にある人々へ寄り添う活動を続けている。

Lady Gaga performs "Smile" | One World: Together At Home

レディー・ガガとティーカップ

ガガは2011年当時、震災発生後わずか15週間で来日し、6月25日に開催されたMTV Video Music Aid Japanに出演した。開催に先だって行われた記者会見では、自身の「日本への愛」と、日本国民を励ましたいという気持ちを語りいち早く支援に乗り出した。さらに、その会見の席で口を付けたティーカップを、チャリティのためにオークションに出品すると発表。2012年5月10日の単独公演のため再び来日するのに合わせ、「東日本大震災チャリティーオークション」に出品された。

1円からスタートしたティーカップのオークションは、数時間で入札金が100万円を突破。最終的には、601万1000円で宮城県在住(当時)の男性に落札された。落札金は、日本の若者が音楽や芸術などの分野で米国に留学することを支援するプログラムに全額寄付された。

Written by uDiscover Team




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss