(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」が、2020年世界で最も売れたシングルに。他トップ10も発表

Published on

Photo: Kevin C. Cox/Getty Images

世界のレコード音楽業界を代表する団体であるIFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)は、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)の「Blinding Lights」が、シングル・トラックのダウンロード、有料配信サービスと広告付き無料配信サービスの両プラットフォームでのストリーミング数を含む、全デジタルフォーマットにおいて、その年に最も売れたシングルに贈られる2020年の<IFPIグローバル・デジタル・シングル・アワード>を受賞したことを発表した。

ザ・ウィークエンドが2020年3月にリリースし、高い評価を得た4作目のスタジオ・アルバム『After Hours』からの先行シングルで、批評的にも商業的にも大成功を収めた「Blinding Lights」は、世界30カ国以上で1位を獲得した他、TikTok上のダンス・チャレンジによって爆発的に拡散されたことにより、全米シングル・チャートにおけるTOP10とTOP5入りの最多獲得週の記録を打ち破った。現在では、全世界で27億2,000万回相当のサブスクリプション・ストリーミング数を記録している。

<関連記事>
『After Hours』は、いかにして「コロナ時代のサントラ」となったか?
ザ・ウィークエンド、スーパーボウルの出演映像フル公開

[和訳MV] The Weeknd – Blinding Lights / ザ・ウィークエンド – ブラインディング・ライツ [公式]

ザ・ウィークエンドは、IFPIのグローバル・アーティスト・チャートでも過去5年のうちの4年、TOP10にランクインしており、今年のチャートでは過去最高位となる4位を獲得している。

IFPIの最高責任者であるフランシス・ムーアは、次のように述べている。

「‘Blinding Lights’は紛れもなく2020年最大の記録破りな、人々に最も愛された曲の一つであり、世界中の音楽愛好家の注目を集めました。ザ・ウィークエンドの成功を祝福するとともに、彼にこのアワードを授与できることを光栄に思います」

その他、発表されたシングル売上TOP10は以下の通り

1. The Weeknd「Blinding Lights」
2. Tones and I「Dance Monkey」
3. Roddy Ricch「The Box」
4. SAINt JHN「Roses」
5. Dua Lipa「Don’t Star Now」
6. Future feat. Drake「Life Is Good」
7. Xiao Zhan「Made To Love」
8. DaBaby feat. Roddy Ricch「Rockstar」
9. Billie Eilish「Bad Guy」
10. BTS「Dynamite」

また、先日IFPIは、2020年のグローバル・アーティスト・チャートで首位に輝いたBTSが、2020年の<IFPIグローバル・レコーディング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー・アワード>を受賞したことを発表したばかりで、今回はそれに続く2つ目のアワードとなる。

Written By Tim Peacock



ザ・ウィークエンド『The Highlights』
2020年2月5日発売
CD / iTunes / Apple Music / Spotify




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss