(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ジョン・レノンの名盤『Imagine』発売50周年をうけタイトル曲の歌詞が世界中の建造物に投影

Published on

John Lennon - Photo: Courtesy of UMG

ジョン・レノン(John Lennon)とオノ・ヨーコ(Yoko Ono)の名曲「Imagine(イマジン)」と同名のアルバムが発売されてから2021年9月9日でちょうど50年を迎えた。この日を祝して、この曲の心に響く歌詞が、世界中の象徴的な建物や場所に投影された。

<関連記事>
ジョン・レノン『Imagine』発売50周年を記念して2枚組ホワイト・ヴィニール発売
ジョン・レノン『ジョンの魂』50周年記念盤から「Hold On」の新ビデオ公開
ポール・マッカートニーの最新ドキュメンタリーで語られる10の事実

IMAGINE. (Ultimate Mix, 2020) – John Lennon & The Plastic Ono Band (with the Flux Fiddlers) HD

「Imagine All The People Living Life In Peace」という部分は、ロンドンの国会議事堂とセント・ポール大聖堂、ジョンの故郷であるリバプールの肝臓ビルとリバプール博物館にデジタル投影。また、ベルリンの壁やニューヨークのタイムズスクエア、東京の日本橋付近のデジタルビルボードにも投影されていた。これらの投影は、20年前にヨーコが行った同様のビルボードキャンペーンを反映したもので、全く同じ文言が世界中の著名な場所で使用されていた。オノ・ヨーコは、こうコメントしている。

「ジョンもきっと気に入ってくれるでしょう。“Imagine”は、当時の私たちが一緒に信じていたことを体現しています。私たちは今も一緒にいて、このことを信じています。この気持ちは、50年前に書かれて発表された時と同じように、今も重要なのです」

1971年に発表されたこの曲は、世界的に最も認知度が高くい平和のためのアンセムとなっており、ニール・ヤング、マドンナ、エルトン・ジョン、レディー・ガガなど、200人以上のアーティストにカバーされてる。最近では、ハンス・ジマーが再構成し、何億人もの観客が見守る2021年の東京オリンピックの開会式でも歌唱されていた。

50周年を記念して、9月10日にはホワイト・ヴァイナルのみの限定プレスが発売となる。このコレクターズ・エディションには、オノ・レノンがプロデュースし、グラミー賞を3度受賞したエンジニアのポール・ヒックスがミックスした、評価の高い2018年のアルティメイト・ミックスが収録されている。

Written By Will Schube



ジョン・レノン『Imagine (Limited Edition White Vinyl)』
2021年9月10日発売
購入はこちら


ジョン・レノン『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』50周年記念盤
2021年4月23日発売
スーパー・デラックス・エディション2CD1CD2LP




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss